FC2ブログ

2018-10-14

風草 

今晩は、日もすっかり暮れてきました、秋ですね。


今週の生け花は、珍しい物を、でも?珍しいものでもないですね。


枝物は、”風草”です、活けたことが有りませんでしたが。。


お花屋さんで、固まって大きな壺に入れて売られていたのを見ました。


こんな草のようなものでも、固まると面白くなるんですね。


川原でよく見かけると思います、ススキなどと一緒に群れになり。


何とも思は無かった、草、花瓶に合うと思い、秋の花、ホトトギスと。


入れて見ました、静かでいて、何故か目立つんですね。


名前は、「風草」、「風知草」 「風待ち草」、とも言う、「野風草」とも。


DSC01322_20181012232348ed6.jpg


風草、スズメカヤの多年草、 道端や、人家周辺の荒れ地に。


DSC01328_20181012232357f54.jpg


ごく普通の大きな株になる、雑草で株立ちになる草で大きな集団を作る。


DSC01327_20181012232355d5d.jpg


根本から出る葉は、線形で長さ、30~40センチ程度、斜めに立ち上がる。


DSC01356_20181012232840a1d.jpg


秋に出る穂は、葉の間から立ち上がった茎の先端についている。


DSC01358_20181012232843d17.jpg


穂は、枝の先端に、(80センチ) 真っすぐ上に、突き出して穂をつける。。


DSC01359_20181012232844db3.jpg


穂は大小有り、緑色ですが日光の加減で一部が紫色に染まるようです。


色の変化も楽しみたいですね、「風草」を見つけて見ましょう。。


本州から九州によく見かけられます、雑草なんですね。


雑草でも、季節の花と合わせて、素敵な生け花になるんですね。


楽しんでみましょう。


スポンサーサイト

2018-10-10

ツルウメモドキの生け花

今晩は、朝は曇り空はどんよりと、もうすぐ雨になりそうです。


雨が降ると、気温もグンと下がり少し秋が戻ってきました。


また寒くなるのでしょうね、人間て、贅沢なものです、暑けりゃ、「暑い」と。


寒くなると、「寒い、早く春になって」、何て都合にいいことを。


言う動物なんですね、でもね、綺麗な物を見て、綺麗と言えるのも人間。。


先週のお店の、生け花は、ツルウメモドキ、ニシキギ科の木です。。


DSC01251_20181002225431683.jpg


山地に生える、ツル性の植物で、秋になると木々に、オレンジ色の。


赤い実がぎっしりと枝についているのが、とても綺麗です。


DSC01254_2018100222543548f.jpg


東南アジア一帯に自生する、日本では、北~沖縄まで。


全域に分布する、日当たりの良い、山野や林などに、生育する。


DSC01255_201810022254371b5.jpg


都市の植え込みにも時々見かけられることも有る。


蔓は、初めはまっすぐに伸び、触れるものに、絡まりながら。


DSC01260_20181002225444dc3.jpg


左から右巻きに、巻きながら登って行く。


花実は、カラを破りながら、オレンジの実を覗かせ。


見事な風景を、楽しませてくれます。


花実は枯れても、オレンジ色が美しいく保つため。


インテリアや、生け花によく使われています。。


2018-10-09

金木犀の花

今晩は、秋祭りの太鼓の音が、血潮が掻き立てられて。


胸を揺さぶるのは、「祭り好き」「河内の子や」 ワクワクするわ。。


この季節、表に出ると、フワ~とええ香りがするのは、「金木犀の花」


10月に入ると、ある日突然、いい香りが始まります。


DSC01307.jpg


秋にオレンジ色の小花を咲かせ、どの花から。。


一斉に強い香りをを出す、不思議な花です。。


DSC01317.jpg


中国南部原産、江戸時代に日本に伝わってきました。


DSC01315_201810081125587be.jpg


咲いて要る間中、強い香りを放ち、かなり遠くまで匂ってきます。


DSC01316_201810081125597c9.jpg


匂いを辿って、見てください、きっと見つかりますよ。。


咲いた後、雨や風が有ると、あっけなく散ってしまう、はかない花です。


金木犀は、(きんもく)犀は、オレンジ色の花を咲かす。。??


銀モクセイは、(ぎんもく)犀は、白い花を咲かす。。?  と。


言われていますが、定かでは、・・・らしいですよ。。


まぁ~不思議な花なのかも。。しれませんね。


このページを見ているだけでも、匂っているはずですよ。


書いてる、私小夏は、匂いに酔っています。。。

2018-10-05

ゴマダレかな

今日は、台風25号が、うろついています。。


進路は東向きで進むらしい、なんせ、大阪は運がええと言うのか。


楽しい人も多く、屋根の瓦が飛んでんのに、「えらいこっちゃ」と笑い飛ばす。。


昨夜は、豚しゃぶ、を作りました、来年の夏まで食べられへんもんね。


DSC01102_2018091823482761d.jpg


ナンキン、美味しそうですよね、色と言い、味がたまりませんね。


ナンキンは、味付けで随分と変わりますね。 どや。。旨いかぁ~。。


DSC01103_201809182348292c9.jpg


豚しゃぶの味は、やっぱり美味しい豚を選ぶことですね。


それに、豚肉の茹で方も大事です、肉の色が変わったら、サっと上げる。


DSC01100_20180918234824d85.jpg


氷の冷たい水よりも、真水でさっと洗う、後は冷蔵庫で不通に冷やす。。


タレ汁も大事やで、あ~そうかぁ~これは好き好きやもんね。


ゴマダレもよし、ポン酢もよし、マヨポンもよし、甘酢に辛子もよし。


シソや、ミョウガ、ネギ、考えて美味しく頂いてください。


簡単で美味しくて、見栄えが良くて、栄養満点。。


夏は過ぎたね、来年も美味しい豚しゃぶを、食べましょうね。


ご馳走さん。。。

2018-10-02

生け花 栗の実

今晩は、台風で被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。


今日はいいお天気でした、秋はこんな空がいいですね。


又台風25号が発生、いい加減にしてほしいなぁ~停電が難儀やね~。


先週の生け花です、栗の実と、孔雀草の白です。


DSC01153_20180929231738e73.jpg


生け花用なので、実が小さく、可愛いです、ピンクの菊も可愛い。。


DSC01155_2018092923174100a.jpg


白く小花が可愛い、孔雀草を入れて見ました、孔雀草は、キク科です。。


アスターとも言います、 開花時期は、8月から11月頃に。


DSC01161_20180929231855363.jpg


北アメリカ原産で、白とピンクが有る、白は、(白孔雀)と呼ぶ。


長い茎がたくさん、枝別れして、多数の小花を咲かせる所から。。


孔雀の尻尾の羽のように、見立てられたのが、名前の由来です。。


DSC01176_20180929232039cac.jpg


9月5日。。11月23日の誕生美の花です。。


孔雀草の花言葉は、「いつも愉快」 「一目ぼれ」。。。


DSC01164_20180929231859ac3.jpg


栗は、 ブナ科、 6月頃に花が咲き、秋には実になる。


野山で自制するものは、(シバクリ)柴栗、(ヤマクリ)山栗、と呼ばれ。


食べるクリは、山栗で実が大きくて食用むきです。。


柴栗は、実が大きくならないそうで、生け花などに使われています。。

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる