2017-03-26

小手毬の花

今晩は、まだまだ冷たい春です、雨になりましたね。


一雨、一雨ごとの暖かさ。。そうですね、もう少し辛抱しないとね。


この寒さ、応えますね、先週のお店の生け花は。。


こで毬と、カーネーションピンクです、柔らかい色で春らしく。。


DSC05049_20170318190130ecb.jpg


こで毬は、バラ科の植物で、下柘植の仲間です。。


DSC05086_20170321100758b4d.jpg


中国は広東地方の花です、開花は、4~5月の中頃です。。


小さな花が、丸く集まり、手毬ののように咲く事から、「小手毬」になった。


DSC05055_2017031819013959d.jpg


枝葉、弓状に垂れ下がる、 生け花や、庭木として利用されています。


DSC05056_20170318190141134.jpg


誕生花は、4月。。。花言葉は、友情、です。。


DSC05092_20170321101339a34.jpg


これによく似た花は。。。雪柳が有ります。。


私の庭で、雪柳が、ちらほらと咲きだしてきました。。


その下で、ハナニラの蕾も、シャガの花芽が付きだしています。。


グミの木にも蕾が。。もうすぐ春です、えっもう春でしたね。。


暖かくな~れ。。


スポンサーサイト

2017-03-01

青と白の花器。。

もう~3月ですね、早いものですね、御正月だぁ~と騒いで。。


2か月が過ぎてしまった、何をしたんやろね、何の成果も無し。。


よ~し、3月から頑張るぞ、こればっかりやね、これで、うん十年過ぎたよ。。


ひなまつりも、目の前やし、 そうやなぁ~寒かったしね、寒いせいにしとこ。。


先日、お友達が、家を建て直しのため、荷物整理、こんな素敵な。。


DSC04788_20170301170403d13.jpg


花瓶が出てきたので、私が頂くことに、相なりました。。


DSC04781_201702282310000c1.jpg


早速、春らしい生け花を、家にある花で、活けて見ました。。


DSC04777_201702282309553b9.jpg


青と白で、真上から見たボタン花が、いち輪、丸丸描かれています。


壺の口元には、雌蕊まで描いてあります。


DSC04808.jpg


青と白の、花器には、どのお花を生けても、お似合いですね。。


ピンクのスイトピー、優しい色合い。。


麦の穂と、フリージアの黄色が映えますね。。


大事に使わせていただきます。。ありがとう。。。

2017-02-14

オンシジウム

今晩は、あっ~もう日付が変わってしまいましたね。


寒さも、幾分か和らいだように思いますが、まだまだなんでしょうね。


梅の枝には、少し色付き初め、膨らんだ蕾も顔を見せています。。


花の蜜を求めて、メジロや鶯も、梅の花を、ついばむ頃も近いようですね。


先週の、お店の生け花は、 オンシジウム、ラン科の花です。。


DSC04552_201702132343567e3.jpg


足元には、大きな緑の葉を入れてみました。


ギリシャ語で、「こぶ」 が語源です。


花の基部に、こぶ状の隆起が有ることからついた名前だそうです。。


DSC04553_201702132343571df.jpg


華やかな、黄色い花として知られています、蝶の羽が引っ付いたような。。


変わった形の花です、 オンシジウムの種類は多く、小型で、香りのよい。


物から、大型で、ボリュームたっぷり開花する品種まで。


様々なタイプがあります、多くの種類は、育てやすく、咲かせやすい、


洋ランです。。


DSC04554_20170213234358a2f.jpg


ボリュームの有る花は、切り花としても、よく利用されます。


花は、比較的長くたのしめ、条件が良ければ、一ヶ月ほど咲きます。


色彩は、やや地味ながらも、小型から中型の花で、香りのよい。。


小輪の交配種が増えています。


これらは、栽培しやすいので、初心者のも取り組めることでしょう。。



2017-01-31

サンシュユとチューリップ

今晩は、昨日と今日の温度差は、参りました。


まだ春には遠いことを、実感しました、又昨日は、暖かかったね。


今週のお店の生け花は、「山茱萸」 サンシュユの花です。。


DSC04502_20170131230522096.jpg


いっぺんに春になったようです、足元には春の、チューリップです。。


サンシュユは、水木科の花で、開花は2月中~4月中頃です。


DSC04503_201701312305238fa.jpg


中国と、朝鮮半島が原産地です、日本に渡来したのは江戸中期です。


難しい名前 「サンシュユ」と言い、ヤマグミの事で。


DSC04505_201701312305269f1.jpg


秋にはグミのような実がなり、赤く熟し、食べれると言われています。


DSC04507_20170131230529c13.jpg


梅の香りに誘われる時期に、葉が出る前に。


黄色い小さな花が沢山つけます。


DSC04508.jpg


早春を代表する花木の一つと言われています。


DSC04509_2017013123053204a.jpg


別名 「春黄金花」 はるこがねはな」 ともいわれています。


木全体が、早春の光を浴びて、黄金色に輝く姿がまぶしく。


この名にふさわしいと言われています。。


今年は、ほんと~春が待ち遠しく思いますね。 春よ来い。。。


2017-01-18

ネコヤナギと菊の花

今晩は、今日は少し寒さが和らいでホットしますね。。


あの一番寒い時に、風邪を引てしまった、小夏でございます。。


用心しているつもりだったのに、運が悪かったのでしょうね。


昨日あたりから、やっと体が楽に感じるが、幸せですね。


こ年齢になって、健康が何よりだということ、それに感謝ですね。


先週の生け花です、もうすぐ春。。あ~まだ冬ですが知らない間に。


DSC04397_201701161925477f1.jpg


木々には、春の兆しが、芽吹きだしています、猫柳の芽が出てきました。


ネコヤナギは、三月~四月頃に咲き始める、ヤナギ科の花です。


DSC04395_201701161925440ba.jpg


毛の覆われた、花を付ける、尾状のはなです。


可愛い猫の尾に見立てて命名されたものです。。


DSC04394_201701161925433b3.jpg


絹状の毛が密集しています。


薄ピンク色の、「ピンクネコヤナギ」という、種類もあります。


DSC04392_2017011619244451d.jpg


別名、、エノコロヤナギ、ともいわれていますが、ここでは。。


エノコロ、花を子犬の尾っぽに例えた事です。。


一月三十一日の誕生日の花は、ネコヤナギです。。


花言葉は。。。。「 努力が報われる 」 頑張り屋さんなんですね。
プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる