FC2ブログ

2019-10-03

夏休みの旅鳥取

今日は、お久しぶりです、もう秋だというのに、まだお盆の休日。


お友達の田舎へ連れて頂いて、最後の日をアップさせて頂きます。


旦那が急病で、ビックリして、其の頃に写真の整理も終わり、と言う時に。。


病気にびっくりした本人は、チョットショックだったようです。。


何といっても、後期高齢者、まさか自分が、入院、胆のう壊死、手術、。


今は元気ですが、体力がね~娘の家で、孫ちゃん、ひ孫ちゃんに。。


お守をされているようですね、楽しい楽しい、、養生生活である。


旅の最後は、鳥取城跡、門を入ると、「仁風閣」 白亜の館です。


DSC04705_20190917231643aa9.jpg


横の石垣が、鳥取城の城跡、この城の見どころは、石垣の石。。


DSC04707_20190917231646072.jpg


石の並べ方が、芸術だと言われています、小さな石が。


見事に、美しく並べられているところが、お城の自慢の見せ処です。


DSC04719_2019091723182732e.jpg


あ~パンフレットは・・・どっかえ行ってしもた、無い、、無い、、。


DSC04720_20190917231829690.jpg


旦那の入院で、てんやわんや、えらい事した、パンフレットが無いと。


DSC04721_201909172318302eb.jpg


説明が出来ひん、、、徳川家の偉いお方がの、お住まいだったとか。


江戸時代から、明治にかけての家、「ハイカラ」と言う頃ですね。。


DSC04722_20190917231832d1a.jpg


女性はドレスを着て、ハイカラなヘアースタイル、そんなイメージを想像します。


中は撮影禁止でした、そうやけど、カメラはバックの中なのに。。


DSC04723_20190917231833310.jpg


ホラーや、ホラーや、カメラには、暗い中に白い物が、写っていた。。


白い物は、少し長く尾を引いていた、短いけどね、一枚に、3つの物も。


4枚、もありました、あ~なんだろう~夢だと思うことに・・・しよう。。。


外へ出ると、裏庭がとてもきれいでした。


池に移るしろい 「仁風閣」 うっとりでした。


一度見学されても、きっといい思い出になる事でしょう。。


素晴らしいなつの旅、お友達にありがとう。。。いい思い出でした。。


スポンサーサイト



2019-09-30

「床瀬蕎麦」 

夏休みの旅の楽しかった、思い出が、まだ投函していません。


旦那が、胆のう壊死、の手術を受けて、今は闘病中です。。


人間てもろい物ですね、まぁ~年が歳だから、いつ何時病魔が。。


襲い掛かるかも、なんて皆さんも、心して。。と言っても、何処の誰か。。


何て、分かっていないんですから、覚悟を。。。。しないとね。


DSC04759_201909172322213cd.jpg


お友達の田舎へ、同行させて頂き、幸せ者ですね。。


山里の、ポツンと一軒やの 「床瀬蕎麦」 ネットで検索です。


DSC04735_20190917231959980.jpg


信楽の狸さんがお出迎え、お店の中は、広々とした古民家。


切り株の大きなテーブルが、6~7個ぐらい並んでいて、4組のお客。


DSC04727_201909172319524e2.jpg


私達で5組目、すぐに2組で、満席でした、突き出しに、焼きシイタケ。


ヤマメの塩焼き、これ絶品だよ、松葉肉、鳥ののどの軟骨が。


DSC04738_20190917232004b35.jpg


Vの字になっており、松葉のような形で有ることから、松葉肉。。


DSC04750_20190917232113676.jpg


主役の、「お蕎麦」は、これ最高に美味しく思いました。


雰囲気と言い、いい感じのこの、古民家が素敵です。


DSC04744_20190917232105233.jpg


お庭には、そばの花が咲いていました、キキョウの花も咲き。。


また行きたくなるお店ですが、鳥取県なんですね、少し遠く。。


思い出だけを、お腹いっぱい詰め込んで、帰ってきました。。


また行けるといいね~。。。

2019-09-15

浜坂の東浜海岸

今晩は、又遅くすみません。。


先日、2日に家の旦那が、入院、9月9日に、緊急手術となりました。


痛みもなく、ただ吐き気と嘔吐、4回の検査で、見つけて頂いたのが・・


胆のうが壊死をしており、結果、「胆のう炎」壊死・・


夕方16時30分からの緊急となりました、術後5日目でやっと。


お粥が、食べることが出来、先生は、用心に用心を。。と。。


今は、体力を付ける事、年を取ると、一歩がゆっく~り~なんです。


DSC04664_2019082623504284f.jpg


お盆休みに、お友達の田舎に、御呼ばれに、誘っていただきました。


この海は、兵庫県は浜坂です、昔、15年ほど前にもお世話になりました。


DSC04666_20190826235045f4e.jpg


懐かしい海です、町の者は、海が恋しく成るものですね。


お盆も過ぎたころです、人の気配もなく静かな海です。


DSC04668_201908262350488cb.jpg


この景色は、昔と同じです、周りの模様は、すっかりと変わっています。


DSC04673_20190826235055b5d.jpg


山を切り開き、トンネルが通り、海岸までは早くなり。


あの、くねくね道は、何処へ、このトンネルを抜けると。。。


鳥取砂丘へと短時間で、行けるようになっていました。。


この、15年は、トンネルの中だったんですね。。凄い変わりように。


歳を感じておりました。。

2018-12-13

旅の終わりに

今日は、もう日が暮れようとしています、又寒い日が続きます。


旅も二日目です、日の出を見て気持ちもス~としています。


ホテルに戻り、いよいよ朝食です、最近はバイキングが普通って感じです。


食事が終わると、売店で少しのお土産を買う事に。。


これから、あの有名な、「那智の滝」へ出発です。


山の上に三重塔が有り、登り口から、車の列何処へ行っても人ばかり。


DSC01909_20181213163759801.jpg


これが。。「那智の滝」です、歩いて登る人も、滝の側まで歩くとか。


DSC01912_2018121316380123f.jpg


カメラの充電も少しは出来たのか、カメラが動き出しています。


DSC01914_20181213163802bc9.jpg


何時まで続くでしょうか、あ~~ソロソロ、点滅状態です。


この写真が最後となりそうです、那智の滝を見て、次は。。。


潮岬灯台へ登ることに、凄い階段、段数は、少くないが。。


傾斜が凄くきつい、狭い、階段の幅が高すぎる、浅すぎる。


♪~ここは串本~向いは~♪大島~♪、歌に歌われています。


向いの大島へ繋ぐ橋を渡り、大島巡り、ちゃんと人が住んでるんや。


ビックリです、お店を見つけたので、昼食を取る事に、狐そばを食べる。


紀伊大島樫崎灯台へ、この島は、外国船が遭難し、日本人が。


多くの人を助けたという、お話があります、慰霊碑が有り。


素晴らしい、銅像が立っているのにびっくりです。


古座川沿いに、有名な一枚岩が有ると言うので、見に行く事に。


高さ150m、幅800mという、大きな岩でびっくりです、ぜひ見てください。


串本海中公園へ、水族館、海中展望塔で魚を見ました。


最終コースは、とれとれ市場で、最終のお土産を。。。


釜揚げしらす干し。。を爆買い、今流行、では気を付けて。


帰路につきます、お付き合いご苦労様でした、ありがとう~。。。

2018-12-11

旅の夜明け橋杭岩

今晩は、旅の疲れを温泉で、旅の楽しい話を、夕食で語り合う。。


一日の疲れを癒すには、やっぱりお布団の中が一番いいですね、。


目が覚めそーとカーテンを開けると、水平線がほんのりオレンジ色に。


DSC01874_20181210072817422.jpg


5時前です、出かける準備、6時ごろにホテルを出る。


DSC01877_201812100730491e7.jpg


橋杭広場ではもうたくさんの人出です。。


DSC01878_20181210073051585.jpg


空は青く、海も青く、オレンジ色の帯が続く。。


DSC01887_20181210073057dec.jpg


少しずつ、右へ移動する。


DSC01879_2018121007305203c.jpg


ドローンで撮影をしている人もいます、凄いです、文明の利器ですね。


DSC01880_20181210073054247.jpg


残念な事に、トホホ・・・私のカメラの電源が切れました。


やっぱり、充電をしなかったぁ~私の誤算です。。


一緒に行った人が、カメラ2台有るので、お借りすることになりました。


ホテルに戻り、朝食の間に充電することに。


残りの撮影は、何処まで電池が持つのか?? 


チョイと、心配の種なんですがね、お借りしたカメラの方が。


すこぶる、上等なカメラ、中身はあちら様に、お任せしております。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる