2017-05-21

花の首飾り

今日は春、何といいお天気何でしょうね、春の終わりが近いですね。


お店に何時も、92歳のおばぁさんが、シャンプーにやってきました。。


「厚くなったら、しんどいねん 」が口癖です、「しんどい」という時は。


団地まで送っていきます、公園までくると、クロツメ草の花が一面に。。


おばあさんと呼ぶと、怒られます、「お母さん、この花で首飾り作ったね」。


DSC05920_20170521155405cc4.jpg


「作ったなぁー」、「お家へもって帰るかぁー」というと。。


「アカンアカン、娘に起こられるがな、怖いねんで」 「ふ~ん、そうなの」。。


おばあさんと、ここでお別れします、「 またね」と、花の首飾りは私が。。


DSC05917_2017052115540150d.jpg


持ち帰ることに、淋しいのでマーガレットの一輪足しました。。


DSC05918.jpg


娘って、怖いねんな~どこでも同じやね、でも女の子って。。


役に立つことが多く、女親には、心強い味方ですね。。


DSC05919_20170521155404542.jpg


どうして、この日本舞踊のパンフレットが有るかと言えば。。


踊りの好きな私に、「良ければ見に行かれたら、」と頂いたものです。。


大きな舞台、国立文楽劇場、なんですからね、そりゃ~見たいよね。。


本格的な舞踊を見てみたい、気持ちはあるが。


どうしても、仕事でお店を離れることが・・ダメでしょうね、誰も。。


 「行っておいで」、なんて、言ってくれそうにもないでしょうね。。


行けなかったら、 ”記念品として、置いてください” と言われたので。。


タンスに、パンフレットを入れて置きました。。花の首飾りじゃないですよ。


クロツメ草の、花の首飾りは、捨てることにしますね。。あ~花の命は~


スポンサーサイト

2017-05-19

アマリリス

朝、夕は少し涼しすぎるくらい、昼は5月らしく動くと汗ばみます。。


本当にいい季節です、本当はこのままが好きなんですがね。。


何の花でしょうね。。大きな蕾ですね。。


DSC05652_20170509192858a61.jpg


我が家の ベランダでは今年も、大きなアマリリスの花が咲きました。。


真っ赤です。。後ろで君子蘭も咲いています。。


アマリリスは、彼岸花科の花で、多年草です。。


10㎝~20㎝もある、鮮やかな色の花を、スッと立ち上がった太い。。


DSC05837_20170513184227f4d.jpg


茎に咲かせ、一株でも、インパクトが有り、鉢植えや花壇に最適です。。


DSC05838_20170513184308db7.jpg


球根が多く出回って、2月~3月頃鉢植えで育てると。


2ヵ月位で、花が咲かせることが出来ます。。


DSC05827_20170513184215256.jpg


花が終わると茎を切ります、葉っぱは30~50センチぐらい伸びます。。


夏から冬を越す頃は、あまり水を与えない方がいいようです。。


土が乾くと、球根に水がかからないようにします。


球根が腐る恐れがあります、葉が、黄色くなったら。。


水やりを止めてください。。来年の花がまた楽しみですね。。。


2017-05-03

葛井寺の 藤の花 2

今晩は、又遅くなりました、今日は憲法記念日でしたね。


若い者、いいえ私共も、どうすればいいのか、解りません。。


それより、お休みなのに、家族サービスでお忙しいお方も、幸せですね。。


葛井寺の藤の花、二日目です。。


こんなにたくさんの藤の花を、見る事はめったにありませんものね。


DSC05694.jpg


藤は、春にたおやかな、花房から甘い香りを、漂わせる植物です。


古事記の時代から、観賞されており、名所も各地に沢山あります。


DSC05696.jpg


公園で、藤棚になっているのを見かけると、自宅で育てたくなります。


DSC05698_20170503231719743.jpg


難しく思われますが、適切な管理を行えば、沢山の花が楽しめます。


DSC05700.jpg


藤の花は、日当たりを好み、生育が旺盛です。


DSC05702_2017050323172198d.jpg


一年中、日に当てて育てれば、鉢植えでも可能です。。


DSC05705_20170503231722309.jpg


水を好むので、たっぷりと水を与える事が大切です。。


夏は、特に水切れを、起こさないように気を付けなければなりません。。


ほんと、大きな庭が有れば、植えてみたいですね。。

2017-04-28

モミジの赤ちゃん 

今日は、きょうは晴天なり、起き抜けは少し寒い日でした。。


あすから、ゴールデンウイーク、待ち遠しい人も、面倒くさい~。


人もいらっしゃる、に、違いない、と思うんですけど。。


こんな日は、のんびりもええし、お出かけもええし、私は仕事だよ。


今年の冬が寒すぎて、知所の紅葉の、赤ちゃんもなかなか、顔を出さずです。。


やっと見つけました、モミジの赤ちゃんです、可愛いですね。。


モミジの赤ちゃんと、呼ぶのにふさわしいくらいに、可愛いですね。。


DSC05614_201704261246407bd.jpg


紅葉にも、色々と種類が有り、色も色々、春紅葉は、4月頃から活躍。


イロハモミジの真っ赤な葉が咲きだします、。。


DSC05612_20170426124639489.jpg


カエデ科の仲間は、秋に紅葉するものを、紅葉(もみじ)と要しています。


カエデの葉が、カエルの足に似ていることから、「カエルの手」となずけられ。。


それを 「カエデ」と呼ばれるようになった。。


DSC05608_20170426124636bb9.jpg


春になると、イロハモミジの真っ赤な葉が開きだします。。


秋になると、一斉に紅葉するする植物で、観光の対象となります。。


DSC05607_2017042612463578e.jpg


赤色に変わる (紅葉)、黄色に 「黄葉」、褐色に 「褐葉} (かつよう)とよぶ。。


葉の数は、5~7枚で、切れ込みの浅い葉の物を 「カエデ」。。


葉っぱの枚数で、区別される。。


葉の枚数を、イロハニホヘト、と呼んで七枚あったことから。。


「イロハモミジ」 と、名づけられたと言われています。。


モミジは、奥の深~い植物である事が、よくわかりました。。


2017-04-15

小さな公園の桜

桜、桜、毎年、つぶやく言葉です、これほど愛される花は無いですよね。。


この桜は、滑り台が一つしかない、近所の小さな公園に咲く桜です。。


38年前に、お引越しをしてこの桜に出会いました、長いお付き合いですね。


この桜も、めっきりと太って歳を取り、貫禄十分に、この桜よりも後に立った。


電信柱の電線に桜が邪魔だと、枝を切られて3年、花も少しになりました。


DSC05453_20170414233357415.jpg


週2回のゴミ出し場となっている、この桜には、皆さんお世話になっています。


DSC05454_2017041423335853b.jpg


もう~初老の桜?なんだろうか、?、私より若いかも、私の方が若い?


ごみを積み上げても愚痴一つ言わずに、頑張って見守っている桜。


DSC05455_20170414233401e01.jpg


今週は、私がゴミの掃除当番に当たっています、花弁を集めずに。。


DSC05456_20170414233401ccb.jpg


そっとしておきます、散った花弁もまた楽しめていいものですからね。


人は優しいんです、落ち葉が、土に返り、花を咲かせてくれるから。


DSC05457_20170414233402b06.jpg


秋は、落ち葉がまた綺麗、それもそのままで、楽しみます。。。


DSC05459_20170414233404966.jpg


公園なのに、子供は誰も遊びに来ません、朽ちた滑り台一つですもの。


滑り台だけが、桜の事をよく知っている事でしょうね。


もう少し、私に桜を見させてくださいね、いい花を咲かせてください。


私も、桜、(アナタ)を守ります。。
プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる