2011-03-31

針山作り

今日は、五日ぶりの更新です、あの地震以来。。


なんか心が重く、やりたいことも山ほどあるのに手つかず。。


お店もバタバタと、家事の仕事もバタバタと。。


よ~し~思い切って行動あるのみ。。


13


長年使った、裁縫道具の針山と指抜きですが、針山はボロボロ。。


指抜きは、皮で出来たものですが、裏まで貫通、二つともに。。


40年近も使えば、仕方がないか・・ですね。。


針山を作って見ることにしましょう。。


88


小夏ちゃんの庭で植えた「綿」の花から出来た綿です、


毎年毎年、3年連続で通れた綿、少ですが収穫出来ました。。


布団が出来るまで待てば良いんやけど、作れる頃には。。


小夏ちゃんは、空の上の白い雲の布団で寝てるかもね。。


90


この綿を針山の中に入れて見ようと思っています。。


97


外側に手芸用の化繊の綿と、綿の花から取れた綿と小豆を。。


98


包み込みます。。


01


小豆はスベリが良いので針が刺さりやすく、錆びる事も無し。。


02


丸く縫って、開いた所から、綿小豆を詰め込む、。。


04

丸く縫ったら、飾りの赤い毛糸で、可愛く縁取り。。


06


さてさて、出来上がりは。。


08


3~40分で出来る簡単な針山が出来上がりました。。


作りだすと簡単に作れるものでも、気が乗らないとね。。


考えた後は行動に移す、分かっているが。。


そうは上手く行かないのが常。。


やれやれ~裁縫箱もこれでスッキリ、心晴れ晴れスッキリ。。


よっしや~前向き前向き、頑張らんとね。。


地震で可哀そうな人が、一杯いるからね。。

スポンサーサイト

2011-03-27

満開 雪柳

今晩は、遅く成ってしもたけど、もう三日も音沙汰なしでは。。


面目ない事です、なんせ東北地震から、みなさんのブログまで。。


しめりがち、がっつ~と建機を出しまひよなざ。。


桜の蕾もまだ硬く、こんなに寒いと蕾も足ふみ。。


小夏ちゃんの庭ではそろそろ、春の花が満開。。


84


雪柳のちっちゃい花が固まって咲いています。。


09


元気よく、満開です、。。


07


道行く人が、綺麗に咲きましたなぁ~と声をかけて行かれます。。


嬉しいもんですね。。


11


桜が咲くころに、雪柳も咲クのですが、今年は。。


一足早く咲いています、寒くても春の足音を。。


忘れる事もなく、綺麗な花を見せてくれます。。


もしか、小夏ちゃんやったら、寒さで怠けてしまいそうやわ。。


桜の遅いのはええねん。。


ピカピカの一年生の入学を待っているのかも知れへんからね。。


まったりと優しい桜色の花が、誰でも好きなんやね。。


桜の香りも。。。優しいもんね~。。




2011-03-24

花泥棒・・御用だ!

今日はやけに寒い、冬見たい、お彼岸過ぎたのにィ。。


人の心も、冷た~て寒いよね、情けないですよ。。


花泥棒が来たんです、小夏ちゃんの大事なクリスマスローズを。。


鉢ごと持って行かれてしもてん、ショックな出来事です。。


蕾も膨らみ、赤紫の花が、明日にでも開きそうなのでデジカメの用意。。


じゃ~んご対面?。。ウン、無い、クリスマスローズの鉢が無い(グスン)。。


ア~大事にしてたのに、なんで持っていくねん、悔しい~(涙と怒。。


仕方がない、それでは、ちっちゃくて可愛い、ワールドイチゴを。。


58


お目にかけます、だんだんと赤い色が濃くなって来ますからね。。


79


ほらね、可愛く小粒でも甘味が有り美味しいですよ。。


60


年中花を付けて、赤い実を付けています。。


80


ミツバチが飛び交う頃には、実が甘く、形のいい実がなります。。


所が、今朝ベランダへ出て見ると、赤い実が見当たらへん。。


赤い実が無い~またもいちご泥棒?もしかしてアリさんが食べたの?。。


アリなら穴があいている程度ですが、ナメクジ?ちゃう見たい。。


たぶん犯人は、小鳥のようですね、あ~複雑な気分ですわぁ。。


花泥棒は罪にならないと聞きましたが、花の枝を折るのは。。


綺麗から一枝欲しいのでしょうね、まぁ~許しましょう。。


でも鉢を持って行けば、ヤッパリ花泥棒だぞ~(泣)


はち~(鉢)花ドロボーだぁ、行くぞ・・ガッテンダぁ~。。

2011-03-22

フキノトウ

お彼岸の中日、昼と夜の長さが同じだと云う。。


年に二度、秋のお彼岸もそうですね。。


今日は生憎の雨、曇り、雨といったお天気で太陽の顔は見ずです。。


ホンマに一雨一雨暖かさを感じさせられます。。


桜便りもまだ聞く事ができませんが、もう少しですよ。。


31



お客さんから春の味「フキノトウ」を頂きました。。


30


丸々と太ったフキノトウ、ふっ~とフキの香りが。。


27


天然のフキノトウも、今では中々口に入りません。。


野生のシカが食べに出てくるらしいとのこと。。


この春の香りを一番に嗅ぎつける、野生のシカ。。


シカに食べられては、一大事です。。


74


ヤッパリ、天ぷらで春の味を。。


78


サクサクに揚がりました、では、味塩を振って頂くことに。。


ウンウンこの味、春の味、この香り。。


ほんのり苦味ばしった、いいお味だね~。。


う~ん大人の味がするね~~大人の匂いだね~。。




2011-03-19

お彼岸にどうして、おはぎ、牡丹餅を食べるの?

早いもんでんなぁ~もう 三月で春分に日ですなぁ~。。


エ~~~「暑さ寒さも 彼岸まで」と申しますが。。


今年は何ですなぁ~チト寒いでおます、早~ぬく~なって。。。


何を落語をやってまんねん、かなんなぁ―小夏ちゃんは。。


そうでした、早いものですね、ホンマ。。


19


あんまり可愛い入れ物で、何やろなぁ~って見たら。。


「おはぎ」ですわ。。女は甘いものが目に付きます、かなんなぁ~。。


あ~そうや、彼岸の入りですね、牡丹餅、おはぎは付きもんですね。。


22


中身もそうですが、このお重があまりにも可愛かったのも。。


嘘ではありません、もちろん中の物もですがね。。


お彼岸とは。。太陽が真東から昇り、真西に沈み、昼と夜の。。


長さが同じになる春分の日と、秋の秋分の日を挟んだ前後3日の。。


計七日を「彼岸」と呼ぶ、この期間に仏様の法要をすることで。。


極楽浄土へ行く事が出来ると考えられていました。。


24


なかを開けて見ましょうね、わぉ~美味しそうですね。。


では早速、一つ頂きます。。もぐ~もぐ。。。ウ~ゴックん。。


春の彼岸。。三月の春分の日をはさんで前後三日 計七日間。。


秋の彼岸。。九月の秋分の日を挟んで前後三日間 計七日間。。


ちなみに今年は。。彼岸の入りが 三月十八日。。


    お中日。。三月二十一日 (春分の日)


    彼岸明け。。三月二十四日。。


春分の日、秋分の日を。。お中日という。。


では。。どうしてお彼岸に「おはぎ、牡丹餅」をたべるのかなぁ。。


春分の日のお供えは、春の牡丹の花にちなんで、牡丹餅を供えます。。


秋分の日は、萩の花にちなんで、おはぎを供えます。。


なるほどね、残りの、おはぎ、牡丹餅を心おきなく。。


食べさせて頂きます、小夏ちゃんは自分を供養して清める事にします。。


災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。。





2011-03-17

折り鶴

春だと云うのに、雪が舞っているんですからね。。


ここでも寒いと云うのに、東北の被災地の寒さは。。


辛いでしょうね、身体を温める物もなく、空きっ腹に堪えますね。。


身体が温まるだけで、身も心も、ゆったりと落ち着くんですがね。。


69


久しぶりに折り紙で、折り鶴を折って見ました。。


72


祈りを込めて、こうでもしていないと。。


76



気持ちが落ち着かなくてね。。


89


飛べる物なら、大きな翼を持った鶴になって行けるなら。。


翼の中で 大空に舞う夢を見つけてほしい。。


2011-03-15

アネモネ

地震も怖い、津波も怖い、原子力も怖い。。


被害者の避難場所では、足りない者が多く、食べる物が。。


余り口に入らないとか、これは辛いよね。。


水、が一番足りないんです、水は大事なんですよね。。


子供さんや赤ちゃんのミルク、紙おむつ、赤ちゃんのお風呂。。


病人さんのお薬などが少ない事が、一番気になることです。。


みんなに出来る事が有るはず、出来る事をしょうね。。


66


アネモネの蕾です。。


58


咲きました、綺麗なアネモネが。。


アネモネの名前は、ギリシャ語の風という意味です。。


03


気持ちよく力いっぱい、背伸びをしているね。。


13


アネモネの仲間には、シュウメイギク、クレマチス、福寿草。。


鮮やかに色ずく花ビラは、実は・・ガクの変化したものです。。


花にも色々、知らない秘密が有るんですよ。。


へぇ~知らんかった、一つ勉強だね。。





2011-03-13

麒麟草

何度見ても胸が詰まる思いです、でも目が離せません。。


同じ日本人だから、何かで助け合い、応援しなけりゃ。。


心が休まる時、笑える時が 一日でも早く来る事を祈り。。


何処かで、お役に立つ事を。。きっと。。しょう。。


12


小夏ちゃんのベランダで、可愛いイチゴの花が、満開。。


小さくて甘い実が出来るが、アリさんが、「ご馳走様」って。。


14


今年も咲くのを待っていた、麒麟草。。


17


今年は大きくなって、一杯の蕾が重たそうなので。。


ヒモで釣り上げているんです。。


40


とにかく、可愛いんです。。


気持ちを癒してくれるのは、ヤッパリお花ですね。。

2011-03-13

被災者の皆さん頑張って。。

今晩は、昨日から、東北地震、津波の恐ろしさに。。


テレビの画面に釘付け・・どうする事も出来ない。。


無力なこの人間が、歯がゆく成る、見るたびに、涙が。。


涙を流すことしか出来ない、小夏ちゃんです。。。


ほんのわずかな時間で、一瞬に家が、家族が 職場が。。


食べる物も、衣服も、家具も・・・明日への不安が大きすぎる。。


被災者の皆様に、お見舞い申し上げます。。


60


シダの花が、そろそろ咲くころです。。


61


金のなる木と言われていますが、本来の名前は、花月という。。


62


昔から、遊び心で新芽の上に五円玉を置きます。。


五円玉の花が咲いているように見える事から。。


金のなる木。。と呼ばれています。。


こんな花でも見て元気が、出るといいのですが。。


テレビも見れないし、パソコンはもちろん見れませんものね。。


頑張ってください。。

2011-03-11

椅子カバーの衣替え

東北に大きな地震が有りました。。


大阪でも揺れたんですよ、ブログに取り掛かる所でした。。


眠たくなってきたなぁ~、あ~目が回る、気分が悪い。。


また持病の、メニエールが、あ~イヤやなぁ、家が回る。。


気分が悪いので、少し横になって、天井を見ると、揺れてる。。


電気の傘が、ゆらゆらと、卒業式で家にいる孫ちゃんに。。


地震かぁ?電気が揺れてるでぇ~。。


生放送のテレビでは、かなり大きな地震が。。


大嫌いな地震、今でも胸がドキドキ、南海地震、こんといてなぁ。。


昨日は、暇を見つけては、椅子カバーを作ることに。。


56


ミシンが楽な事が分かっているのに、なぜか手縫いで。。



この椅子が破れたもので、カバーを8年前に小夏ちゃんが。。


これも破れてきたため、作りなおしをと、奮闘。。


こんなに汚い椅子カバーが。。


95


綺麗に衣替えをしました。。


81


気持ちいいですね、綺麗になるって事は。。


85


作ろう、作ろうと思っている内に、日が暮れるので。。


え~イと、気合いを入れて、取りかかれば早いもので。。


昨日一日で、出来上がったんですから、自分ながら。。



アッパレ~って言って~ね,ね、自我自賛。。


これで10年は待ってくれるかな。。地震が怖い、自信も怖い~。。


自信過剰は、もっと怖いんだぁ よ~ん、謙虚がいいなぁ~。。




2011-03-10

桜便り。。

卒業式、高校、大学の入試発表、涙あり、涙あり。。


良くても、アカンでも、涙、涙。。


東では、東大の合格発表、西では、京大の合格発表。。


「サクラ、サク」合格と「サクラ、チル」もうお解りですね。。


昔の人は、上手いですね、心配り、優しさ、配慮、思いやり。。


散るって、落ちるって意味ですからね、日本の情が良くわかります。。


粋な計らい、とでもいうのでしょうね、よっ粋だね、江戸っ子だい。。


電報で届いたと云う、昔聞いたお話でした。。


サクラ満開の花だよりでぇ、小夏ちゃんの生け花だい。。(大笑)


68


小夏ちゃんのお店では、桜が満開です。。


今週の生け花は、桜、チューリップ、マーガレットの白。。


70


お店が暖かいもので、サクラがすぐに咲きだしました。。


生け花用のサクラは、慶応桜、です。。


花が小振りで可愛く、生け花に良く使われます。。


さて、次は何処から、桜便りが聞かれるのか、楽しみです。。




2011-03-09

ミニ水仙

寒いです、早く暖かく成ってほしいなぁ~。。


寒い中、小夏ちゃんの小さい庭で、春を見つけましたよ。。


31


ミニ水仙です、背丈は12~3センチぐらいかなぁ。。


49


隣には、今から咲こうと頑張ってます。。


50


ここにもね、春は間違いなくありましたね。。


02


グスン・・クロッカスのムラサキの蕾がホラ。。


出ていたので、あすの朝咲いているかもと、見に出ると。。


18


可哀そうに、誰かが折ってしまったのか、ポッキリと。。


下に落ちていました、拾って水に入れておきました。。


33


今朝ベランダに出て見ると、ほんのりと開いているよ~。。


これが精一杯でしょうね、でも咲いてくれました。。


チョット悲しく、嬉しい出来ごとでした。。


2011-03-08

良く効く団子。。「食べて見てんかぁ」

今晩は、昨日は・・たかがイチゴ、されどイチゴ。。


奥の深いイチゴのブログしたが、考えて見れば不思議な食べ物ですね。。


昔、子供の頃、何時頃?ってたんねられても、それはとお~い昔。。


(たんねる・・河内弁で、訪ねると云う意味)。。


イチゴなんて、なかなか口に入らへん頃、人様の御病気のお見舞いに。。


小夏ちゃんら下々が、病気になっても、リンゴ位しか当らん。。


イチゴやリンゴや卵が、食べれんでもええねん、元気がええもんね。。


今では、イチゴなんて、ケーキを買えば乗っている。。


お八つに、お皿いっぱいに入って、おまけにミルクもかかってる。。


幸せな時代や、大きく成り過ぎた娘は今でもイチゴが大好きや。。


67


イチゴで無くてゴメン、エライ違いやね、美味しそうな団子やね。。


あ~食べたらアカン、死にはせんけど、おいしないでぇ~。。


昨日は ”啓蟄 ”暖かくなってくると、土の中から。。


ツクシも顔を出すけど、小夏ちゃんの大嫌いな、虫がぁ~。。


出てくる季節、我が家ではこの季節に、欠かせない物が有るんです。。


手作り団子、名付けて「食べて見てんかァ」。。


65


作り手は、古旦那のベテランの職人、団子を作って15年。。


美味しいのか、よく効くんですよ、この「ゴキブリ団子」。。


64


良く効くので、若旦那の嫁のリクエストで、毎年古旦那に。。


啓蟄に間に合うように、ご注文が入ります。。


ホウ酸と小麦粉、一対一で水で好くこねる。。


こねている所の写真は、撮り忘れ?いや~小夏ちゃんは仕事中。。


作る頃は雪がチラチラと寒い頃、煉り上がると天日干し。。


啓蟄に間に合うように、出来上がりました。。


目出度しめでたし・・欲しい方は、良かったら。。


自分で作って見てください。。


レシピは何時でも連絡ください、待ってます。。




2011-03-06

イチゴ

ポツポツと春の雨が、落ちてきています。。


一雨ごとに、暖かさをますといいます、待ちますよ春を。。


春の美味しいものはこれですね。。


26


イチゴです、綺麗に立ってくれたのが、これ二つだけでした。。


イチゴって知ってます、いえいえ、奥深く、細かいことまでね。。


読めば、へぇ~っ、そうなんだ~ふん~ってね。。


16


綺麗な美味しそうだから、ヤッパリ摘まんでお口に~ポイっとね。。


イチゴってバラの花の仲間、バラ科なんです。。


日本に流通しているのは、ほぼ全てオランダイチゴです。。


英語でストロベリーの範囲も全体をオランダイチゴなんですよ。。


25


似ている実を付ける、木イチゴ、ヘビいちご、これらを野イチゴという。。


美味しいだけではなく、ビタミンCが豊富な果物として人気があります。。


5~6粒で所要量をカバー出来るんですから、ありがたいですね。。


形の良い甘い実を付けるお手伝いをしてくれるのが、ミツバチハッチ君です。。


19


最近は特に種類の多さにはビックリですね。。


とちおとめ、あまおう、紅ホッぺ、さがほのか、ひのしずく、さちのか。。


やよいひめ、あすかルビー、ゆめのか、えちごひめ、さぬきひめ。。


ももイチゴ、女峰、とよのか、章姫(あきひめ)、もういっこ。。


アイべりー、初恋のかおり。。わぉ~ぎょうさんあることに、ビックリ。。


24



でもね、この中で、一番まずかったイチゴが有るんです。。


。。。ル*ー、だったんですが、不運な小夏ちゃんでした。。


イチゴのツブツブは「種」と言われているが、種では無く実は。。


このツブツブが「果実」なんです、種はこの粒の中に入っているんです。。


赤い実の部分は、メシベの土台となる「花拓」(かたく)が。。


発達したものなんです。。


ちなみに、農林水産省では、イチゴ、メロン、スイカを「果物」では無く。。


「果実的野菜」として分かれているらしい。。へぇ~。。


どうですかァ・・知っていましたかァ、読んで頂けて。。良かったぁ~。。


イチゴを美味しく食べれれば、それで嬉しいですね。。


2011-03-05

サクラ草 (プリムラ)

今晩は、暖かい日差しを見ていたらすっかり春ですね。。


夜はヤッパリ冷えてきました。。


“暑さ寒さも 彼岸まで”昔の人は偉かったね。。


上手い事言うたはりますもんね、ホンマやね。。


お彼岸が過ぎて、桜が咲く頃でも、”花冷え”ってあるもんね。。


ボチボチ、まったり行きましょうね。。


26


見て見て、小夏ちゃんの庭で、桜草(プリムラ)の花が満開や~。。


27


この桜草は一株ですが、ピンクの三色の綺麗な花が。。


28


赤と白の紅白が並んで、見事に満開。。


29


まだまだ蕾が上がって来てます、楽しみです。。。。


30


綺麗でしょう、なんか知らんけど、花が笑っているでしょう?。。


喜んでますね、揺れているようにもね。。


なんか・・変な人やてかぁ~そりゃ~目まいやろ、ボケてるやろ。。


な~んて言わんといてね。。チョットだけね。。


ちゃう、ちゃう、まだまだ、しぶとく生きるでぇ~。。


2011-03-04

木イチゴ、アイリス、スイトピー

昨日は、楽しいひな祭りを過ごされましたかァ?。。


何といってもこの寒さには、参りますね。。


明日の夜から、寒気団はサヨナラするんですって。。


油断は禁物「三寒四温」って四文字熟語、知っているでしょう。。


三歩進んで二歩下がる。。ワンツーワンツー休まず春が来ますよ。。


05


小夏ちゃんのお店の生け花ですよ。。


枝物は、木イチゴの木です。。


06


ムラサキのアイリスの花です。。


07


裾にはきいろの明るい、スイトピーです、春ですね。。


08


おまけは、小夏ちゃんが育てた、水仙の花です。。


09


お店に水仙のいい香りが、フワァ~と。。


いいもんですわ、花って。。優しいからね。。


花を生けて。。怒る奴は。。。いないと思うけどね。。

2011-03-03

ひなまつり、ちらし寿司

寒いお雛様になりました、昨夜はお友達の誕生会。。


新鮮で美味しいお寿司の専門店で、お腹いっぱい食べました。。


家に帰り、よく考えるとバッグにデジカメを入れて行ったのに。。


グラス、はしを持つと、コロッとデジカメの事は、頭から。。


飛びっぱなし、なんちゅうこっちゃ、いつものことやがな、


と、突っ込まれると、そうでんなぁ~とボケるしかない。。


さておきまして、雛祭りのちらし寿司はどうしょう?。。


昨夜もお寿司、今夜も又寿司か、イヤイヤ、孫ちゃんのために。。


77


作ることにしました、酢飯を作り。。


81


薄焼き卵を焼きます、味を濃い目に付ける。。


83


薄焼き卵を、細切りに、色が綺麗ですね。。


90


人参とインゲン豆を塩茹でにして、斜め小口切りに。。


92


黄色い沢庵(お漬物)も小口切りに。。


94


酢飯に、この三色を入れ、ちりめんじゃこを入れると美味しい。。


大阪では、たくあんの黄色い漬物と、ちりめんじゃこを。。


入れるのが、常識となっております。。


98


綺麗に盛り付けて、楽しんでください。


今日はさっぱりとした、具を使いましたが、他に。。


シイタケ、レンコン、高野豆腐、入れても美味しいですが。。


33


さっぱり味でも、酢飯の味、漬物、じゃこ、薄焼き卵の塩味、が。。


バッチリト、効いた味になっています、早く食べたいなぁ。。


今日は楽しい、雛祭りです、頂いてください。。



2011-03-02

3月3日は女の節句

♪~灯りをつけましょ、ボンボリに♪~。。


お花をあげましょ桃の花♪~。。


外はとっても寒いが、この歌を聞くと。。


なんでか心が温まる、そんな気がするんですね。。


あんまり聞けない童謡、「ひな祭り}幼稚園では聞かれるかな。。


38


お店に飾る、小夏ちゃん手作りパッチワークのお雛様。。


27


桃の花に見守られて、おすましカップル。。


03


2階の部屋に飾るちっちゃいお雛様。。


05


ひし餅を置いて、舞妓さんも仲間入り。。


07


女の子みんな、集まれ~。。


明日は楽しい“ひなまつり”。。






2011-03-01

3月、桃の節句

今晩は、久しぶりに残業をしました。。


大きな頭に、毛もぎっしりと硬い。。


頭全体4ミリの、パンチパーマ、元巻きウエットレー。。


そんな専門語、使われても、よう分からへんわなぁ~。。


まぁ~そんな事で、小夏ちゃんの得意とする。。


好きな仕事ですね、仕事は楽しいですね。。


3月と言えば「お雛様」「桃の節句」「女の節句」。。


45


桃の花です、何と可愛いんでしょうね。。


46


女を感じさせる、ピンクの色、桃の果実。。


47


桃の節句に「桃の花」が似合うのは当たり前ですね。。


お雛様に飾られている道具は、母親から教わる。。


女の子の作法や、礼儀、しつけ等を教育するために使われたとされています。。


小夏ちゃんの子供の頃に良く遊んだ「ままごと」遊びって。。


それの名残りだったそうですです。。


今では「ままごと遊び」は見かけなくなりました。。


58


桃の花のパレードでした。。


明日は、お友達の「お誕生会」が有ります。。


3月2日生まれの男の方なんです、女の節句の前の日に。。


上手くすり抜けて生まれて来たものですね。。


美味しいものを食べて、今元気でいる事を感謝して。。


これからもいい歳を重ね、益々頑張ろうって励まし合う会?。。


これが楽しみなんですよ、年に3回あるんですから??。。


なんで~って、お相手の奥様と、小夏ちゃんの誕生日が。。


偶然にも、同じ月、同じ日、なんですね。。(一回損してるね)。。


楽しんできます。。




プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる