2014-09-26

披露宴

今日は、ブログの更新も、遅れがちです。


6月に沖縄で、ジジ、ババも付いて行き、孫娘の結婚式を見ることが出来。


9月23日に「披露宴」を、無事済ませることが出来ました。


若い? ジジ、ババで有るからこそ、見届けられた事に感謝です。


娘夫婦も これでヤレヤレでしょうが、そうも、してられへんのんですわ。


11月に上の孫息子の 結婚が控えているんです。


可愛い孫ちゃんが、リンゴのキャンドルに点火、暗闇から浮かび上がる。。


DSC03487_201409261146555d8.jpg


柔らかい灯りに、二人の顔が、幸せ~一杯。


DSC03558_201409261148084aa.jpg


花束贈呈の後の 新郎のお礼のご挨拶がとても立派でした。


其の後の、お見送りが終わり、記念撮影の時間です。


DSC03590.jpg


黄色のドレスがとても素敵でした。。。何枚もシャッターを切っていました。


DSC03602_20140925092014b88.jpg


また こんなに素敵な 「引き出物」は、今までで初めてでしょう。


DSC03605_201409250920519ff.jpg


ディズニーで、ミッキーマウスの陶器の品、耐熱、冷凍、保存が効く。


DSC03598_20140925091949727.jpg


便利で今の時代では、不可欠なものです。


DSC03581_201409250918308d7.jpg


お見送りの時に手渡しで、頂いた、「ブタちゃんの調味料入れ」です。


DSC03584_201409250918518d2.jpg


可愛いですね。


DSC03587_201409250918551fb.jpg


「ぬちまーす」 沖縄で ぬち=命、まーす=塩という意味です。


塩は命の次に大事な物なんです、塩が無ければ生きていけないんですからね。


DSC03588_201409250918572c8.jpg


塩味の「バームクーヘン」 頂きましたが、美味しかったんです。


沖縄へ注文しようかなぁ~、   これは余談ですが(大事な事かも)。


私は河内生まれですが、 私は小さい時から、母を知りません。


21歳で嫁ぐ時に、父から 「家庭を持ったら、塩を切らすな 」。


塩は人間に、無くてはならない物だ、 「 塩を切らすと命を無くす 」とう事や。


蕗(ふき)は足が速いため、 一日たった蕗は食べるな、 お腹を壊し食中毒になる 。


「 宵越しのお茶は飲むな」 茶葉から、灰汁が出るから 。


と言われて、嫁入り、したものでした。  ふ~る~~~い、時代やなぁ~。


でもこの引き出物、 流石、孫ちゃんが選んだだけ有るわぁ。。


孫ちゃん   らし~いなぁ~。


スポンサーサイト

2014-09-20

月下美人



随分と涼しく・・・いえ、いえ寒く感じるほどです。


外から店に入ってくる、息子が「寒~」といってたんです。


寒い?  「単車で走ってると、寒いわぁ~」 なるほどね。。


昨日、月下美人の蕾を見つけました。


随分と下の方に垂れ下っていて、気が付きませんでした。


植木鉢と植木鉢の間に、大きな蕾を見つけて、明日咲きそうや~。


咲き終わっていたら、ショックの所でした、良かった~。


16時30分撮影。。


DSC03319_20140920163029054.jpg


眼を放さないようにと、17時31分撮影、1時間後です。


随分と膨らみ方が違っているのが分ります。


DSC03322.jpg


18時です。。驚きですね。


DSC03334_20140920163154ec3.jpg


夕食を済ませて、19時ごろには、もう~お見事です。。


DSC03337_20140920163218e5f.jpg


今年は5つ目の「月下美人」の花を付けてくれました。


DSC03339_2014092016322110f.jpg


ここだけの話ですがね、そのうちの2つは、ベランダの。


DSC03342.jpg


手すりを乗り越えて、外で咲き終えた、大きなしぼんだ花が。


DSC03344.jpg


2つだらりと、ぶら下がっているのを見た時は、チョット、がっかり。


DSC03347_201409201632492fd.jpg


今朝はしっかりと 6時に起きて見届けました。


、すっかり元気が無くなり「しょんぼりと」。


DSC03352_20140920163309052.jpg


今年の見おさめの「月下美人」の花でした。


今年もも綺麗な花を「ありがとう」 来年も素晴らしい花をね。

2014-09-19

手巻きずし

随分、涼しくなりました。


あの暑さは・・・何処へ行ったんでしょうね。


寒くなったら、またあの暑さが、恋しくて、探しに行きたくなるんですね。


今が一番、気持ちの良い気候、これも少しの間だけかもね。


ついこの間ですが、孫ちゃん達が集まってくれました。


楽しみは、やっぱり、「食べること」若い人はそれが一番です。


手巻きずしの用意を、可愛い孫ちゃんのためなら、お金も?。


暇も、手間も、小夏ちゃん(ちゃーちゃん)には、いとわない。。


DSC03263_20140911225343e5c.jpg


あ~生ものの撮影が・・トホ・・ホ・・また忘れてる。。。


と、言うことで、まぁ~こんな所。。


DSC03282_20140911225620e95.jpg


ごぼう、ニンジン、のきんぴら、サラダ菜に巻いて。


DSC03275_201409112256149f3.jpg


卵焼き、ハムと胡瓜がよく合うんです。


DSC03270_20140911225454573.jpg


ポテトサラダもレタスとサラダ巻きに、ハムと胡瓜と。


DSC03279_20140911225617614.jpg


みんな大好き、牛肉の甘辛煮、酢飯にも、サラダ菜と卵、胡瓜にも。


お魚、生ものは、イカ、サーモン、マグロ、イクラ、カンパチ。


ハマチ、 甘エビ、ねぎとろ、もちろん、海苔もね。


こんなに用意したのに、写真が無い~本間に、オッチョコチョイです。


沢庵の漬物がまた旨いんですね。


歳を取ると、あっさりと食べれる物がいいんですよ。


食後はもちろん、果物、サイフォンでいれた、引きたてコーヒー。


ワイワイ、ガヤガヤ、賑やかなのが好きな小夏ちゃんです。


また来てね。。。


2014-09-16

孔雀草 クジャクアスター

お早うございます。


久しぶりに、朝からブログを更新しています。


本当にバタバタしていますだって・・来週は孫ちゃんの結婚披露宴なんです。


(沖縄で式を挙げた孫)昨夜はドレスを取りに来ました。


クジャクのような、真っ白のドレス、素敵です、若いっていいなぁ~。。


小夏ちゃんももう一度 ,無理~無理~でした、ドレスも着て見たかったなぁ~。


今週の生け花は、「柳、菊、孔雀草」です。


少しずつ、秋の花が出てきました。


DSC03290_20140913100829237.jpg


下の薄紫の小花が、孔雀草です、クジャクアスターとも言います。


北アメリカが原産地、8月の中頃から11月ごろまで咲いています。


DSC03291_20140913100831df9.jpg


しろ、ピンク、薄紫が有り、軸が長く沢山の枝分かれに、多数の。


花を咲かせることから、クジャクの尻尾の羽根に見立てたことから。


9月5日の誕生花で、花言葉は・・何時も愉快、一目ぼれ。


DSC03292_20140913100832847.jpg


フレンチマリーゴールドの花も、孔雀草と呼ばれているようです。


DSC03294_2014091310085944f.jpg


枝物は、柳の枝です、今は枝だけですが、春になると。


DSC03295.jpg


細く弾力性のある、強い枝を糸のように垂れて、小さな葉っぱを。


付けると春ですね、カエルが跳びつく・・・う~ん。。


川辺の柳の緑が、綺麗で情緒が有る風景ですね。


雨とカエルが目に浮かびますね。


2014-09-14

蓮の種

秋らしくなって参りました、お彼岸も眼の前に。。


何故か忙しく。。バタバタと。。


3ヶ月も痛んでいた、膝も少しは楽になったように思っていますが。


無理も出来ず、やりたい事が山ほど積み上がっているのに。


つくづくと、歳は取りたくない、と思う今日この頃です。


先日ご近所のお宅で、何やら少し大きな種を水に入れて居られるんです。


「これ。。何。。?」 「ア~これは蓮の種やねん、芽が出るんやで」。


少し貰って、水につけて、毎日覗いていました、「出た~」。


蓮の種から、一週間で、芽が出てきたんです。


DSC03297_20140913100902717.jpg


蓮の花は、インドが原産地です。 花言葉は  雄弁です。


古い呼び名では、  「はちす」と呼ばれていました。


花の終わりの形が、「ハチの巣」に見立てたとする、通説が有ります。


DSC03298_20140913100903181.jpg


蓮の花は、「泥中の蓮華」 (でいちゅうのれんげ)といい。


蓮の花は、泥の中に根を張り、綺麗な花を咲かせます。


花の意味は仏教に有り、現世では。。。


苦しみ 悲しみ 不安 恐怖 欲望 嫉妬 等の。。


諸々のつらく苦しい人生修行において 「泥」という煩悩の世界で。


修行をしろ、という意味だそうです。


DSC03299_20140913100920b01.jpg


ご存知のように根は、レンコンとして食用や、薬用に使われています。


インドでは、レンコンをすりつぶして、デンプンとして。


「葛や、片栗粉」として使用されています。


これは  2週間目の写真です、凄いでしょう、やって見るもんですね。


寒くなるので、育たないかも知れませんが。


もう少し様子を見ることにします。

2014-09-11

太めのソーメン

今晩は、あ~なんだかんだと、世話しない今週です。


結婚式が、9月、11月2つも、まじかに迫っているこ事。


娘の着物の点検、自分の色無地の着物の点検。


あ~ん着物ね、なんて簡単に言わないでね、女のイベント。


めったに着ることのない着物ですから、準備から大変なんです。


でもこの女ごころ、着物って、嬉しいものなんですね。


花嫁さんのドレスのビーズ付け、お直し、これもまた、楽しいものです。


そして、食べることもね、作ることも、これもまた、楽しからずや。


先日、頂き物ですが、少し太めのソーメンを、茹でて頂きました。


DSC03250.jpg


米田、に見えますが、半田素麺です。


DSC03249_2014090612275199a.jpg


茹であがると、一口にまとめて巻きます。


DSC03246_20140906122746277.jpg


食べやすく、水で出し汁が薄まることもなく。


最後まで美味しく頂けるんです。


DSC03247_20140906122748bb2.jpg


まだ、良い事は、残ってもふやけることなく。


暖かいお出汁で、にゅう麺にも。


モズクの天ぷらです、暖かい蕎麦やうどん、などに。


DSC03285_20140911225639392.jpg


天ぷらは,良く合うんですね。


これから秋になると、暖かい麺類が恋しくなりますね。


6時に夕ご飯を食べると、今頃、お腹が空いて来ました。


あ~太るし~お茶でも飲んで・・・寝ることにしましょうか。

2014-09-04

赤シソ、ジュース

雨の日は湿気が多く、じとじとと。。


やっと晴れそうですね、明るくなって、薄日が差しています。


昨日は、お友達から、家庭菜園で採れた「赤シソ」を大量に。


頂きました、茄、胡瓜付きで、早速、しば漬けを作りましたが。


赤シソジュースを作ることに。。。


上手く作れるのでしょうか>


お水でジャブジャブ、シソの葉のお掃除をします。


DSC03239_20140904104717714.jpg


用意をするもの、砂糖、クエン酸、またはリンゴ酢。。


DSC03212.jpg


シソ科の植物で、一年草で品種は多く有ります。


ヒマラヤ、ビルマ、中国などが原産地、日本には中国から。


DSC03225_20140904104605065.jpg


伝わってきたと言われています、1m位の高さになります。


葉は、広卵型で先端はとがっています、緑色、または。


赤味を帯びたり 品種によって、葉は縮れる場合もある。


DSC03226_2014090410460608f.jpg


花は、白から紫色を多数つける 独特の香りのため。


本来は虫が付きにくいのですが、好んで食べにくる虫もいます。


品種も多く、ちりめんシソ まだら紫蘇 赤シソ、青シソ、片面シソ。


ちりめん青シソ、現状、食用にするのは、赤シソ、青シソだけとされています。


DSC03234.jpg


赤シソは、日本では梅干などの色付けなどに、または葉を。


乾燥させたものは、香辛料、七味唐辛子煮配合し、振りかけなどに。


多く使われています、花を付けた、花シソは、刺身のつまや。


テンプラなどに使われ、青シソの葉は 大葉と呼ばれ人気が有ります。
プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる