2014-10-30

ギンナンの実

今晩は、めっきりと秋らしくなってまいりました。


なのに、近所のイチョウの木がまだ、緑色の葉っぱが一杯付けています。


毎年は、「秋祭り」の時期には、黄色い葉がちらちらと落ち。


下には 銀杏の実が落ちて、独特の匂いが・・銀杏にかぶれる。


小夏ちゃんには、踏まないように、大変な思いをしています。


近所の方が、何処かで、「ギンナン狩り」をされて、果肉を取って。


届けてくださいました、これなら、美味しくいただけますね。


イチョウの原産地は、中国です、日本、朝鮮で栽培されています。


今までで、最高に高く伸びた、イチョウの木は45メートルにも。


木の直径は5メートルにもなったそうです。


DSC03866_20141030065200447.jpg


イチョウは、雄の木とメスの木が有り、銀杏のなる木はメスの木にしかなりません。


雄の木は太い下枝から、乳頭のようなものが垂れ下り、地面につくと。


根を出して、繁殖します、そのため 「チチ(乳の木)」と言う、別名もある。


DSC03867_201410300652022a2.jpg


ギンナンの実は、地面に落ちて、ブヨブヨとして、潰れると悪臭がする。


地面に落ちた種から、芽が出る 発芽率は100%と言われ。


挿し木も根が付きやすく、非常に生命力の強い植物です。


DSC03870_201410300652052e1.jpg


ギンナンは、栄養価が高い食材です、デンプン、カロチン、ビタミンC 。


ミネラル、カリウム、マグネシュウム、リン、鉄分、等沢山含まれています。


DSC03873_20141030065225cf6.jpg


古くから、中国や、日本でも、民間療法で活躍しており。


咳や痰、夜尿症、にも良く効きます。


ギンナンには、中毒物質が含まれて居り、食べすぎると。


けいれんなどの中毒に掛かるため、特に幼児には解毒能力が。


弱いために、注意が必要です。


アレルギー反応も引き起こす事も有り、副作用として。


胃腸障害、頭痛、下痢、吐き気、発疹、口内炎、等が報告されています。


小夏ちゃんは、「発疹」が体中に出て、手、足、顔が2倍腫れあがりました。


果実のブヨブヨが、原因のようで 肌の弱い人は、手で触れないように。


これも、食べすぎに注意、   アカンもんは 旨いねんな~。


スポンサーサイト

2014-10-26

枝豆、旨いけど、食べすぎに注意

今晩は、ほんまに「怖かったぁ~」。。


雷が鳴ってます、急に大きな音で、「おへそ」隠しとこ。。


先日、お友達が家庭菜園で育てた 「枝豆」を一杯詰め込んだ袋を。


お店まで届けてくださいました。


貴重なお野菜、栄養満点、美味しく頂きます。


DSC03804.jpg


枝豆は「大豆」なので、非常に栄養価の高い野菜です。


ビタミンB1、メチオ二ン、鉄分が非常に多く含まれています。


ビタミンB1。。。消火液の分泌を促し、糖質をエネルギーに変える。


スタミナ不足に効果が有ります。


DSC03806_20141022201832edd.jpg


メチオ二ン。。。アルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける。


酒の、おつまみには、最適ということです、二日酔いにもね。


ただちゃ豆は、シジミの数倍の オル二チン、アミノ酸が含まれています。


DSC03803_20141022201817c92.jpg


美肌効果、若返り、成長ホルモン、植物繊維が含まれていて。


便秘の解消には効果が有ります。


鉄分。。。ホウレンソウ、小松菜よりも鉄分が多く含まれていて。


妊婦さんにも食べてほしい食品です。


貧血の予防、ナトリウムが(塩分)を排泄する役目が有り。


高血圧に効果が有り、利尿作用が体内の水分を。


調節して、むくみを解消します。


ただし。。。食べすぎには注意してください。


プリン体が多く含まれており、尿酸値の高い人は。


「ビールとセット」 食べる時は、飲み過ぎ、食べすぎにご注意が必要です。


昔から 「豆の食べ過ぎ」 は、お腹を壊すと言われていますが。


本当です・・・・ゆるく・・・なりますよ。   なんでも。。


過ぎたるは。。。なんとかですね。


2014-10-22

ハナナスビ

今晩は、ご無沙汰しております。


色々と忙しくさせて頂いておりますが、かといってなにがやねん。


何と言われても、世の中のみなさんも お忙しいのでしょうね。


久しぶりの雨でしたね、一雨、一雨寒さがやってきます。


雨が上がると、うすら寒く、足の痛いのには応えるんですね。


ブログの更新も、ままならず、何時見ても同じ絵柄には、飽き飽きしますね。


今週の生け花です、花茄(実) 菊、秋の趣が出ています。


DSC03775_20141016154944b15.jpg


花茄、(ハナナスビ) ナス科、(ソラヌム)。


ブラジル原産 秋に名前の通りの赤い実がなり。


凄くかたく、カチカチです、実の色は最初は、白っぽく。


DSC03776_20141016155005a08.jpg


白ー黄色ーオレンジ色ー赤と変化して行きます。


背丈は1m以上になり、葉や花はふつうのナスと同じ花を付けます。


実は熟すと一本の木に、白や黄色、赤と見事に美しいものです。


DSC03777_20141016155007517.jpg


一見、ミニトマトのように見えますが、食用ではなく。


多くは観賞用として、栽培されています。


DSC03772_20141016154939b8b.jpg


水を必要としない花材として、好まれます、生け花や。


造花、リースなどによく使われています。


2014-10-16

可愛いぬいぐるみ

今日は、秋祭りも終わり、台風もお蔭さまで。


何事もなく通り過ぎて行きました。


11月に、孫ちゃん(男子)の結婚式を控えています。


結婚式に使う可愛い2匹の、わんこちゃんぬいぐるみが出来上がりました。


DSC03639_20141003091426969.jpg


さてさて、上手く出来るかな?


DSC03640_20141003091445f00.jpg


まずはお顔が出来上がりました。


DSC03642_201410030914476b5.jpg


なんと~生まれたての、子犬のように可愛いです。


DSC03644_20141003091450ecb.jpg


作っていると、なぜか?ちゃんと小さい子と、大きい子が生まれました。


DSC03663_20141008093102529.jpg


まずは女の子の、ウエディングドレスを着せます。


DSC03683_201410092325447ec.jpg


男の子の、タキシードを作り、大きめの蝶ネクタイを結びます。


DSC03726_2014101120174148f.jpg


女の子に、ビーズで作った、ティアラを頭に冠ります。


DSC03731_20141011201806453.jpg


随分と可愛くなりました、素敵なハウス、お家ですよ。


DSC03769_20141016154917344.jpg


「馬子にも衣装」 いえいえ、犬にも衣装とでも言っておきます。


DSC03785_20141016155047daf.jpg


花嫁さんのお母さんが、九州で長い間、癌と戦っておられます。


娘さんの「花嫁姿」 を見る事を楽しみに 頑張って来られました。


後少しですよ。。。 ほら可愛い花嫁さんでしょう。


次は 可愛いお孫さんを抱っこしてあげてくださいね。




2014-10-12

小山の祭り、布団太鼓

凄い台風が、接近中。。。


速度が遅く、被害も大きくなるのに、少し早く進めがいいのに。


昨日、今日と、藤井寺地区は「秋祭りです。


今年は、「布団太鼓、だんじり、お神輿」の「お練り」パレードが有りません。


今年から2~3年は無理でしょうね、チョット淋しいことです。


スーパー「ジャスコ イオン」の建て替え工事のため駅前の車道の工事中です。


小夏ちゃんのお店のの前を、宵祭りのお練りです。


DSC03753_2014101120194237b.jpg


台風が早く来ていれば、雨の中は無理でしょうね。


少し遅れてくれて、良かったですね。


DSC03749_20141011201938638.jpg


昔の風習がいまだに受け継がれていることは、いいことです。


DSC03745_201410112019370e6.jpg


青年団に入る若者も少なくなり、布団太鼓を担ぐ若者も少なく。


DSC03754_20141011201943149.jpg


今頑張ってる、若い衆、怪我をしないで頑張って。


「昔の祭りは良かったよ」 と祭りを、語れる人になってください。


2014-10-10

ストリチア ヒべリカム

こんにちは、またまた、大変大きな台風が日本列島を。


大きな目で、狙っています。


最近の台風は、狙った獲物は逃しません。


秋の日本は綺麗で美味しそうに見えるらしい。


その台風を一段上から見張る事が出来る、ものが有るんです。


凄い、人工衛星という物が有るんですからね。


見張るだけで、ぶっ飛ばす事も出来ず、只予防対策に余念が有りません。


追いかけっこの人生、それで良いんですよね。人生は。。


今週の生け花は、ゴクラクチョウカ、(極楽鳥花) ヒべリカム、の花です。


ストリチア・レギナエ 日本名(ゴクラクチョウカ)と呼ばれています。


DSC03633_20141003091357404.jpg


ばしょう科、非耐寒性、多年草で、熱帯植物です。


ゴクラクチョウカの花が、ゴクラクチョウの鶏冠に似た。


カラフルな色の花を咲かせることから、そう呼ばれています。


DSC03635_20141003091420e4d.jpg


橙色をした鶏冠のように見える花、葉も美しく。


観葉植物として、観賞されています。


DSC03636_20141003091422f3f.jpg


葉の先に、赤い実を付けているのが、ヒべリカムの実です。


ヒべリカムは、梅雨時~初夏にかけて黄色い小花を咲かせます。


秋には可愛らしい果実を付ける、キントラノオ、オトギリソウ科です。


DSC03637_20141003091423337.jpg


花の後に、枝の咲きに赤い実を付けます。


DSC03634_20141003091359961.jpg


まとまって付ける実は、袴を付けてまま、赤から黒に変色します。


用途は、果実が主体で切り花として使われています。。

2014-10-08

鱈のあんかけ

お早うございます。


随分と、寒くなり??って、言っていいのかなぁ~。。


昨夜は、ここだけの話やけど、ホットカーペットを入れて、その上で。


手芸、テレビ観戦、疲れたら、横になり、暖かいって気持ちがええなぁ~。


まだ早~いって 笑わんといてや  足を痛めてから、冷えると、辛いねん。


昨夜のおかずです、「鱈の野菜あんかけ」です。


DSC03681_20141008093457dfa.jpg



塩 コショーして、片栗粉をまぶして、バターで焼き。



DSC03670_201410080933423c1.jpg


キャベツ、ニンジン、ピーマン、玉ねぎ、炒めだし汁を入れ。


カタクリでとろみを付けて、魚に掛けて、出来上がり。


早い話が、野菜のあまりもの、冷蔵庫の整理も兼ねてます。


DSC03672_20141008093413137.jpg


ホウレンソウのナムル、茹でたホウレンソウ、ニンジン。


DSC03664_20141008093245202.jpg


ハムを細く切って、ごま油、醤油、砂糖少々。 旨い


DSC03678_2014100809344177e.jpg


みそ汁はジャガイモ、玉ねぎ、豆腐、定番のねぎをぎょうさん入れる。


DSC03675.jpg


そうなんです、たった二人の食事って、大変なんですよ。


2年、前までは、5人分の食事を作っていたんですがね。


若い者から年寄りまで、多い方が、栄養も、メニューも考えましたがね。


二人は、手は抜くし、かと思えばご馳走もあるし。。有ったかな~。。


外食が嫌いな旦那がいるから、「何処かへ食べに行こかぁ?」


「そやったら、卵焼きでええ、、ラーメンでもええ」 「シュン~・・・」


ご馳走が食べられへんのですわ 苦労しますわ。


アラが出ない内にね。。。ご馳走様って、自分に言っておこう。

2014-10-03

エニシダ

お早うございます。


またもや、更新が遅れてしもて、厄介な小夏ちゃんですわ。


11月に、また孫息子ちゃんの、結婚が控えているので、


てんやわんや、なんて、口実を付けて、実は、さぼって?。。


と。。。言うことにして、今週の生け花は。。


エニシダの枝物、秋の香りがする、菊の花です。


DSC03303_20140920162904706.jpg


エニシダは、マメ科で、アジア西部からヨーロッパ、


アフリカの温暖な地方に、30種あまり分布しています。


DSC03306_20140920162926672.jpg


細かい枝から、太い枝までよく分枝して、どの枝にも。


DSC03307_2014092016292724d.jpg


花をよく咲かせます、一つの花は小さいが。


常に多数の花をつぎからつぎへと咲かせています。


DSC03309_20140920162930d3a.jpg


原則として、黄色い花が主流でしたが、改良されて。


白花もあり、交配種には、赤、ボタン色、オレンジ、ピンク。


黄色の複色花になるものもある。


マメ科の花で、果実は、さやえんどうにそっくりだが。


熟すと、真っ黒になってしまいます。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる