2014-11-28

旅 淡路島 「夢舞台」 8

今日は、暖かすぎません、後2日で師走なんですよ。。


暖かい年末なんて。。。って言ってると。。。来週は、寒くなるんやて。


寒いのも嫌ですね、人間はわがままな動物ですわ。


もっと素直になったっら、どうや~。


所でもう~・・飽きたぁ~あきるわなぁ~。


高知の旅も、土産は買ったし、後は、淡路島の、熱帯植物園。


「夢舞台」へ行くことに、中々見る事が出来ない。


変わった花達に、会いに行きます。


サボテンの、大きな塊が、お出迎えです。


DSC04087_201411262333142a0.jpg


「奇跡の星の植物園」?何のこっちゃ?


まぁとにかく、花の種類は  何と3000種類tもあると言われています。


この袋になった植物は、虫を取って、食べると言われています。


地面で走り回っている、ネズミが、匂いに誘われて、袋に中に。


入って、死んでいることもあるそうです。


DSC04090_20141128160208018.jpg


花の名前も、聞いては忘れ、聞いては忘れ、なものですから。


DSC04092_201411281602122fa.jpg


世界に、ラン花の種類は、なんと何千種類もあると言われています。


DSC04095_201411281602145f0.jpg


それも、毎日、何個と新種が、誕生しているそうです。


ランの女王と言えば、見事な 「カトレア」 が有ります。


DSC04097_20141128160252b43.jpg


この会場へは、一度はごゆっくりと、ご来場を、見応えが有りますよ。


DSC04098_201411281602543c3.jpg


小夏ちゃんは、何も言いません、言えません、忘れたんです。花の名前。。


DSC04099_20141128160256169.jpg


ごゆっくり、ご鑑賞ください、花は心の目で見て、ニッコリとほほ笑んで。。


DSC04101_20141128160258c34.jpg


DSC04100_20141128160323fcf.jpg


DSC04102_20141128160325bb6.jpg


DSC04103_201411281603268f8.jpg


DSC04106_20141128160328997.jpg


どうでしたか? 素晴らしいですね、癒されます。


日本庭園もあります、 「和」 もいい庭園でした。


スポンサーサイト

2014-11-27

高知の旅 7 カヅラ橋

昨日、今日と朝目が覚めると、雨の音、あれ~雨やん。。


孫ちゃんの結婚式が終わると、気が抜けた~ってそんな気持ち。


孫の可愛さは、ひとしおですね、生まれた時からの思いがでが。


走馬灯のように、巡っていました、忘れられない凄い、サプライズにビックリ。


嬉し涙が、やっぱり 可愛い~嬉しい~ありがとう。。


あっ~そうでした、一泊二日の旅なのに、長~く引っ張ってるね、このブログ。


大杉を後にして、「祖家のカヅラ橋」へと進むことに。


あれが、カヅラ橋です、この橋は、野生のシラクチカヅラの蔦で。


編んだつり橋で、 「日本三奇橋」 の一つです。


DSC04073_2014112623314183b.jpg


三年前に、一度掛け替えている、 約800年前に。


源平の戦いでに、敗れた、平家の一族が, 剣山平家の。


DSC04074_20141126233143232.jpg


馬場の訓練に通うために、掛けられたと言われています。


長さ、45m 幅 2m 川面からの高さは 14mにもなる。


DSC04079_2014112623323505f.jpg


敷き綱でつながれた、横板と 横板の間は、10㎝ほどである。。


板と板との間が、離れているので、足元に覗く、川面がスリル満点。。


DSC04083_20141126233307105.jpg


揺れなければ、怖くないので、「お願やから、揺らさんといて」と願う。


そうや~こんな怖いものは、ゆっくり渡ると、怖さは倍増。


大きいカメラを持って、両手で写真は無理、 小さいデジカメで。


DSC04084_20141126233309470.jpg


大きなカメラは首にかけ、 片手で、デジカメ、片手は横の柵を握りしめ。。


足元を見ながら、板と板をしっかり見ながら、早足で渡るのがええかも。


一番乗りで、渡りきり、後に次ぐ仲間を、カメラに収める、頑張って~。


DSC04086_20141126233313530.jpg


気持ちのいい、瀧からの涼しい風が、怖かった冷や汗が引きました。


怖かったけど、渡ってよかったね、気持ちがいいもん。


怖いと、小夏ちゃんって。。大笑いしてしまんやろか。。


これは、皆のへっぴり腰を見て、笑っていたんかもね、自分の。


へっぴり腰は。。。自分で見られへんもんね。。


2014-11-25

高知の旅  6

高知の旅も、二日目の朝は、日の出を見ることが出来ました。


大歩危、小歩危へ行く、途中に 「杉の大杉」を見ることに。


日本で一番高いと言われています。


DSC04067_2014111600541660b.jpg


意地悪なカーナビのお蔭で、細く狭い道を案内されて。


旧街道だったんでしょうね、今では車も通らない、けもの道、だった?。。


抜けると広い道へ、すぐそばにその「杉の大杉」がありました。


でっかい杉の木、この杉の木は 「美空ひばり」さんゆかりの杉でした。


DSC04059_201411160053449ad.jpg


10歳ぐらいの時に、バスの事故に遭い、足の怪我が治るように。


祈願をしたそうで、良くなったお礼にと、杉のすぐ横に。


DSC04068_20141116005418628.jpg


ヒット曲の 「歌碑」を立てたそうです、「かなしき口笛」「川の流れのように」。


3曲の歌声が流れてきます、 懐かしい歌声でした。


DSC04069_2014112500231250f.jpg



あれ~ひばりちゃんが写ってる・・写真、それとも、?。。。


あ~コレ、小夏ちゃんがしゃがんで、歌碑の写真を撮る姿や~ん。


ひばりちゃんかと、ひばりちゃんやったら。。こわ~い。。

2014-11-21

高知の旅 朝の海 5

今日は、小春日和の暖かい、一日でしたね。


晩秋、後10日で、師走に入ります、早~。。。


明日は、孫息子ちゃんの結婚式です、9月に孫娘の結婚。。


今年は2人の孫が結婚です、大きくなって淋しいような、嬉しいような。


今度は、何時、ひ孫が抱けるのでしょうね、これが楽しみですね。


さて、高知の旅も、2日目の朝を迎えます、ホテルの窓から。


土佐湾の海が見えます、6時前に起きて、身支度をし、いざ~。


海岸へ、朝の海を、カメラに収めて見ましょう。


海には漁船が出ています。


IMG_1287.jpg


上の雲が明るくなってきました、日の出です。


少し雲が多いようですが、朝日よ登れ~。。


IMG_1319.jpg


土佐湾は、室戸岬と足摺岬を結ぶ線の、北側の海域です。


黒潮が流れ、温暖なきこうに属する。


IMG_1341.jpg


夏は、梅雨や台風の影響でを受けるため、、降水量がとても多い。


冬は乾燥した気候が多くつづく、黒潮を生かした、遠洋漁業が盛ん。


IMG_1382.jpg


特にカツオが良く取れる、温暖な気候を利用している。


野菜の促成栽培が盛んである。


IMG_1347.jpg


湾で有名なのが、「よさこい節」の、歌に歌われている 。


♪ 潮吹く、魚がいると~言~う♪ よさこ~い よさ~こい ♪。


潮吹く魚とは クジラの事ですね、よく見るクジラは、ヒゲクジラの仲間で。


IMG_1398.jpg


ニタリクジラが多くいると言われています。


ホエール ウオッチングの対象となるものも、ニタリクジラだと言われてる。


温暖化のために、迷子になった、アザラシ、イルカ、クジラ、ダイオウイカ等が。


近海の海で、よく保護されたり、浅瀬に上がって、命を落とす魚も多くいます。


最後に、朝の太陽の下に、釣り船がやってきました。


絵になる光景ですね、良い一日になりそうな朝でした。


2014-11-20

高知の旅 4 竜馬の懐手

もう11月半ば、肌寒くい一日となっています。


朝から忙しく、 「バタバタ貧乏」と言えますね。


高知の旅は、いよいよ桂浜へ、桂浜と言えば 「坂本竜馬」像です。


カメラを車の中へ、置き忘れ、お友達のカメラを、お借りすることになりました。


台風中継が、盛んにおこなわれる、 「桂浜」がここです。


IMG_1265_2014112010354273e.jpg


波のない穏やかな浜辺です、気温も上がり、汗ばむ陽気。


IMG_1260.jpg


いよいよ「坂本竜馬」の像を見ることにします。


竜馬像は、お立ち台を含めて  13,3メートルあるそうです。


高知に、有志ある青年達の提唱で、昭和3年に完成された。


昭和58年には、街頭募金や、寄付金で修復され。


太平洋の室戸岬の 「中岡 慎太郎」の像の方角を見るように立て直した。


IMG_1245.jpg


竜馬と 大接近、と春は5月、秋は11月と、(11月は竜馬生誕の月)


竜馬と同じ目線で、海を眺める事が出来る櫓を組まれていました。ラッキー。


手を、懐に入れて立っている  「竜馬の懐手」 は何をしているか?


1) 多いのは・・拳銃を持っている。  2) は・・お金を数えている。


3) 次・・腹が痒くて、かいている。   4) は・・寺田屋で、負った傷を隠している。


5) は・・万国。。。と云う、本を持っている。


IMG_1248.jpg


この時の、正解は、懐に 「懐中時計」との結論が付いた。


竜馬は常に、24時間時計をもっちゅー(土佐弁)。


と言う、色々な説が、あるそうですが、誰も知らないことや。


へ~って、面白い話を、つまんでみました。


2014-11-18

高知の旅 3

高知の旅は、昼食を終えて、 高知の中央に位置する。


高知城へと移動です。


慶長 8年に、初代土佐藩主、山内一豊公が、築いた。


南海の 「名城」 重要文化財 別名 「鷹城」(たかじょう)。


日本名城 100選に認定されている。


DSC04007_20141116004837e77.jpg


山内一豊の妻 (千代)が内助の功で 有名です。


馬と、千代の像が建てられています、なぜ馬と。。


一豊を支えた、千代は、嫁ぐ折に、親からもらった金で。(今で言う持参金)


一豊に渡して、馬を買い与えた、その見事な馬は。


DSC04014.jpg


信長の目を引き、偉く関心を得たと言われている。


馬を引く、千代の像が建てられたのも、納得するところです。


千代の生まれの説は、定かではなく、近年の裏付けや。


千代の干支は、ちなみに  「丙午」 (ひのえうま)だと言われている。


資料の発見等により、郡上八幡説が注目されている。


郡上踊りが上手い、らし~い  ゴーヤ茶を作ったのが いとこらし~い、とか。


DSC04015.jpg


今時の、女には、まねは、出来ないでしょうね。


DSC04021.jpg


静かに、たたずむ、釣鐘が高知城下を見下ろしていました。


(手を触れないでください)と張り紙が有りました。


DSC04019_20141116004944fff.jpg


紅葉はまだ、紅葉には至らずで、石垣の傍には。


ビラカンサの実が、赤く熟れていました。


次はいよいよ、坂本竜馬の像に会いに行きますが。


カメラは、車の中へ。。。おいてけぼり。。やった~わ~。。

2014-11-18

高知の旅 2

今夜は、昨日に続き、高知の旅です。


初日のお昼ご飯は、高知と言えば、「カツオ」ですね。


カツオ と言えば 「カツオのたたき」、いいお店を見つけてくれました。


お昼のランチ、「お刺身定食」 です。


DSC03989_20141116004650b65.jpg


カンパチ、タイ、イカ、ハマチのお刺身です。


DSC03990_20141116004651615.jpg


特別注文をした、 「カツオのたたき」 です。


DSC03988_2014111600464762d.jpg


冷凍ではなく、活き、活きのカツオです。


美味しかった―臭みもなく、「こんなカツオは、初めて~」でした。


食後に出た 「栗入り、芋ようかん」 も自家製でした。


DSC03991_201411160046537fb.jpg


高知の町に来ると、一度は見るものと言えば、2つありますね。


「はりまやばし」 と 「坂本竜馬像 」ですね。


DSC03993_20141116004715d0a.jpg


昼食を済ませ、ぶらぶらと、歩いて 「はりまや橋」へ。


DSC03995_201411160047186d1.jpg


腹減らしに、丁度いい具合です。


DSC03998_201411160047482b3.jpg


大きな道路の、ほんに、ほんに、はしの方に あるある。


赤い欄干が、 これが 「 はりまやばし」です。。


昔は、川が有ったのでしょうね、その名残がありました。


下には、池のように水があり、町のはしの一角に、静かな。


公園が、観光客を、ホットする場所が有るんですね。


さて、竜馬さんがお待ちかねですね、会いに行きますね。



2014-11-16

四国高知の旅 1

今晩は、だいぶんとさみーいーですね。


いよいよ初冬、冬到来の季節がやってきました。


先日 10-11日と四国は高知へ、旅行に行って参りました。


お天気も良く、暑いぐらいで、上着は脱ぎ捨て、 捨てていないけどね。


まぁ~とにかく、いいお天気で暖かかった、という事ですわ。


言わずと知れた 「神戸淡路鳴門自動車道」です。


明石海峡大橋を渡り、淡路で、朝食を頂きました。


DSC03968_20141116004529a6d.jpg


素晴らしくいいお天気に恵まれた、初日です。


DSC03979_2014111600455605c.jpg


ここからの景色は、最高でした。


DSC03983_2014111600462034b.jpg


2時間近く高速を走り、高知県へ。。。ゴ―。。


始めに行ったところは、「芋屋 金次郎」 イモケンピ、専門店。


お土産、もう~買ってしもたわ~。


さていよいよ、観光を、この地名は 「地球33番地」なんです。


緯度ー33度ー33分ー33秒  なんです。


DSC03984_20141116004622b3c.jpg


川の上に、丸く浮いている塔は、川の中が、 地球33番地。


緯度ー33度ー33分ー33秒、なんですって、凄いでしょう。


ちなみに、我が家は、 緯度ー34度ー34分ー51秒の。


上に家が建っているんです、凄~い、初めて知りました。


DSC03986_20141116004625807.jpg


いよいよ、昼食です 「カツオのたたき」 を食べに行きます。


そして、あの有名な、「はりまや橋」を見に行きますよ。


美味しい、戻りカツオが食べれるかな、ではまた、次の機会に、ねえ。



2014-11-13

ユッカ

今晩は、久しぶりの更新です。


10日 11日と四国へ 旅に出かけていました。


「坂本竜馬」 にお会いできて、いい旅でしたよ。


旅のお話は、またの機会にすることにして、と。


お買い物に行く道で、とても気になる木が有ったので。


次はカメラを提げての、お買い物に、だって、もう~そろそろ散りそう。。


自動車道などで、見かけた事が有ると思いますが、この気になる木の。


名前は  「ユッカ」 街路樹などに良く、見かけると思います。


DSC03966_20141107235133e4a.jpg


ユッカ とは、細く長く、鋭利な刀のような葉が多数。


集合して、放射状に広がっていて、中部から長い花軸が。


DSC03967_201411072351356ff.jpg


まっすぐに伸びて、分枝して、その各枝に、多数の大きな。


下向きの、純白の花を付けます。


花が多く、重すぎるため、花軸が傾く事もあります。


春、秋と、2度咲きます、気を付けて、観察して見ましょう。


2014-11-05

柿、つるし柿作り

今日は、11月らしくいよいよ、冬の始まりです。


この季節、困ったことに、何を食べても美味しい事なんですね。


ブドウから始まり、柿、梨、ミカン、リンゴ、中でも一番良く食べるのは。


何と言っても、柿かな、だってね、頂きもの、お届け物は。


柿が一番多く、小夏ちゃんは、嬉しい悲鳴~やったね~。。


柿の中でも、少し柔らかく、半熟が最高ですね (茹で卵かぁ)。


干し柿なんぞは、たまりませんね、今年も沢山の頂きものが。。


艶のある柿、「富有柿」と、平柿、渋柿(干し柿用)を頂きました。


柿は、中国などの、東アジアが原産地で、日本は本州~九州の。


温暖地で栽培されています。  (北海道には柿の木が無い)


DSC03916_201411011259196e5.jpg


落葉樹とその果実の事で日本各地で栽培され、1,000種類以上の。


地方種が有ります、5月に薄黄色の花を咲かせ。


果実は未熟時は、小さく緑色をしていますが、秋には熟し橙色になります。


DSC03922.jpg


柿の木は、雄、メスが同株です、形は平らで四角っぽい物や。


丸い物、円すい状の物もあります。


柿の用途は。。。甘柿と渋柿が有りますが。


DSC03913.jpg


甘柿には、完全甘柿と、黒柿のような不完全柿が有ります。(深~い)。


甘柿は、そのまま生食して食べますが、渋柿は渋を抜くか。


干し柿にして食べます、 柿にはミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。


DSC03918.jpg


果実を食べると、お酒の酔いを覚まし、身体を冷やす性質が有ります。


葉には、殺菌効果が有るので、寿司を柿の葉で包む。


 「柿の葉寿司」が、奈良は吉野の名物となっています。


葉を、煎じて、柿茶として用いられています(血圧に良い)。


DSC03925_20141104090854ae0.jpg


柿の渋は、タンニンです、渋は染料、木材は、和家具や床柱に。


建築用、装色材、茶道具などに使われています。


DSC03929.jpg


柿は、梨、やブドウ、とともに秋の味覚の代表的な、果物です。


DSC03928.jpg


つるし柿、干し柿のある、風景は、秋から冬の。


田舎の、軒先で見れる懐かしい、「風物詩 」 とされています。


のどかでいいですね。


小夏ちゃんのベランダでは、その風物詩???が


たったの、六つの淋し~い、つるし柿がみられますぞ~~~ビックリやなぁ~

2014-11-01

サツマイモ かりん糖作り

11月に突入しました。


後2ヵ月で、お正月を迎えるってことですね。。。早~~い。


今年も、色々あった。。。反省はまだ早い、2ヵ月をいい日々で暮らそう。


先日、高校の孫ちゃんが、学校の行事で 「いも掘り」に行ったとさ。


幼稚園児が と言えば解るが、高校の女子が、と思うと。


きゃ~きゃ~と黄色い声援が上がった事でしょうね、可愛い~。


お土産にと頂いた 「さつまいも」です、泥まみれ。。


DSC03874_20141031181621687.jpg


泥を落とし、綺麗に磨かれ、美味しそうな 「さつまいも」です。


DSC03877_20141031181626ec0.jpg


はてさて、何を作ろうか、ネズミの尻尾のような細いいも、も。。


DSC03879_20141031181641ad1.jpg


そうだ、 「かりん糖」 を作って見ることに。


ひょうしき切りに、水につけて、あく抜きをします。


DSC03882_20141031181646ab8.jpg


タレを作って置きます、 砂糖大2 醤油大1 みりん大半 。


フライパンに、油を少し多いめ、イモが串が刺さるくらいに。


柔らかくなると、タレを入れ、からめあわせる、と出来上がる。


黒くなったのは醤油のせいですが、この塩っぽい味が、いい感じです。


孫ちゃんにも、味見をしてもらわないとね。


DSC03884_20141031181708d7e.jpg


サツマイモって、皆昔からしてますね、サツマイモと聞けば 「太る」。


イメージが有りますが、本当はそうでない事が解っています。


DSC03894_20141031181739812.jpg


まず、栄養と、効果を。。ダイエットの効果が高い事が解っています。


植物繊維、血糖値、血中コレステロールの改善のお手伝い。


便秘の改善、腸内環境の改善、等の効果が有ります。


DSC03892_20141031181713bd6.jpg


カロテン 体内に入り、ビタミンA B となり、目や皮膚、粘膜の。


健康を維持してくれます。


B1は 脳神経、皮膚、等の代謝に。


B2 BC はコラーゲン、皮質、たんぱく等は、老化防止。


カリウム、鉄分は、高血圧、脳卒中、骨粗鬆症、体温維持。


疲労回復を、お手伝いしてくれます。


現在、長生きされる御老人が多いです、昔は食べるものは少なく。


空いた土地や畑で、作った 「いも」 を一杯食べたからかも知れませんね。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる