2014-12-28

良いお年をお迎えください。

今晩は。。今年も色々ありがとうございました。


今年も残すところ、4日となりました。


小夏ちゃんの仕事は後、3日で終わります。


昔ほど、お店が、ごった返す事もなくなりました。


今年は二組の、孫ちゃんの結婚式が有り、忙しい年でした。


年賀状の作成が遅れてしまったので、今年はプリンターで印刷をしました。


16日に、郵便局へ 楽ちんや~  。。来年もそうなるかな。。


今年の作る予定が、この作品だったんですが。


DSC04430_20141219230708fbd.jpg


200枚ものちぎり絵は。とても無理。。。と言うことで。。


DSC04431_20141219230711ce1.jpg


一枚だけを、小さな色紙に、作って見ました。


「笑う門に 福来る 」 


皆様のご健康と ご多幸を心より お祈りいたします。


良き歳を お迎えください。


来年も 「小夏のつれづれ日記」 を よろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト

2014-12-24

クリスマス・イブ

今晩は、先日から寒さが厳しく、こんな日は暖かいお風呂に。


何て思っていたんですが、22日は冬至、ゆず湯の事も。


すっかり、頭から消えていたんです。


先月、11月22日(いい夫婦)の日に結婚した孫ちゃんのお嫁ちゃんの。


お母さんが、長い癌と戦って、一ヶ月後の12月22日の朝。


49歳の若さで、長い旅立ちをされました。


母一人、子一人のお嫁ちゃんでしたから、姑に当たる、我が娘が。


息子と(孫)お嫁ちゃんでは心細いかと、九州まで、看病に。


朝早くに、最逝を看取ることが出来たそうです。


お嫁ちゃんが可愛い、息子が可愛いからこそ、いえいえ、優しい。


孫の母親になっていた娘に、さすが。。小夏ちゃんの娘やで~。


と、褒めてやりたい、グ~と抱きしめてやりたいと、涙しました。


気が付けば、今日はクリスマスです、遠い空では。


ホワイトクリスマス、我が家は。。。老夫婦???イヤイヤ。。ちゃうで。


DSC04476_20141224191555200.jpg


夕食ぐらいは、クリスマスらしくね。


息子が、可愛いクリスマスのケーキを、買ってきてくれました。


写真撮るの忘れてたけどね、(またですわ)嬉しくて、ガブリ付いたからやわ。


涙が、ジンワリ~と  美味しいケーキを、頂きました。


DSC04477_20141224191627cd6.jpg


コロコロポテトサラダ、ジャガイモ、ニンジン、コーン、ブロッコリー 


グリンピース、茹で卵  トマト、サラダ菜。


DSC04480_20141224191628827.jpg


星型のニンジン、見えました、包丁では難しいなぁ。


DSC04484_20141224191727354.jpg


賑やかな、盛り付けですが、クリスマスらしく、見えたでしょうか。


サンタさん、サンタさんと言っている、子供の小さい頃が。


懐かしく、楽しかったわね、  サンタさん小夏ちゃんの家も。


忘れんといてね、煙突無いけど。


2014-12-20

ラ・フランス~西洋ナシ

今年も後わずか10日で、新年を迎えようとしています。


そして今日は、東京駅が出来て、 100年になったそうですね。


小夏ちゃんは、まだ一度も東京駅を見たことが有りません。。かな。。?


そういえば、修学旅行で、東京まで行ったんですがね、きっと。


東京駅で降りて、観光バスに乗ったように、記憶をしておりますが?。


東京駅の記憶が、まったく、ぜんぜん無いんです。


テレビで見ている東京駅の姿は、素晴らしいく感動しますね。


1914年 12月20日、そんな時代に素晴らしい建設物出来上がったことに。


日本人として、誇りに思い、東京駅で、色んなドラマや、人生の。


明暗を分けた人が、一杯いるん事でしょう。


何時まで残っているのでしょうね、次の100年後も、残っているといいのにね。


そして、我が家にやって来た、初物が有りました。


ラ・フランス  西洋ナシの事です、店先で見た事はあるんですが。


息子のお嫁ちゃんからの 「お歳暮、年始」のお届け物なんです。


DSC04434_2014121923073680e.jpg


ラ・フランスは、フランスが原産地の西洋ナシで有る。


不正円の果実で、果肉部には、斑点があり、外観は良くないが。


大変香りが良く、濃厚な甘さと、なめらかな舌触りで、上品な味である。


DSC04437_20141219230802ea3.jpg


食感は、りんごや桃に似ている、日本へは、1903年明治36年。


静岡の園芸試験地へ食用としてではなく、授粉用として導入された。


本国のフランスでは、気候が合わないため、ほとんど生産されていなかった。


DSC04440_20141219230807c6a.jpg


現在では、山形県が一番の生産高で、80%を占める。


昔は 「みだぐなす」 「見たくない」と言う、あだ名が付けられていた、。


方言で 「見栄えが悪く、カッコ悪い」 と言われていた。


DSC04444_201412192308432fa.jpg


その、驚くほど、上品で、とろけるような美味しさが知れ渡ると。


一躍、フルーツ界の 「女王」となった。


果肉を、ほうばる口の中に、爽やかな甘さと程よい酸味が広がり。


DSC04443_20141219230841054.jpg


それはもう夢心地~の美味しさ、そのとろけるような味と。


香りは、食べた人を、必ず女王様の雰囲気にしてくれます。


あ~~早く、食べたいなぁ~ ( まだ食べてないんかい~)。。


食べごろは、23日ごろと書いてある。  我慢だ~。。


そして、美味しい食べ方の レシピを見つけることにしよう~。


早く、報告出来ますように。。


2014-12-17

百合の花

今晩は、寒くなりました。


明日はかなり寒い、日本列島になりそうですね。


雪景色は、風情が有っていいと思っていましたが、過ぎると。


大変な事になるんですね、 「雪かき」 という大変な重労働が。


危険と、隣り合わせなんですね、停電になると、暖を取る電気もなく。


雪国の方々、くれぐれも気を付けて、下さいね。


クリスマスもすぐですね、、サンタさんも、道を迷わないで。


今週のお店の生け花は、百合です。


百合の原種は、まだ新しいと言われています。


DSC04389_201412141812382c3.jpg


山百合、かの子百合、などの原種が、改良されてから。


日本には、江戸時代の初期から、 透かし百合が栽培されてきた。


DSC04387_2014121418123535f.jpg


現代では、さまざまな色や、形の品種が作りだされ。


世界中で、愛されている花です。


DSC04390_20141214181259119.jpg


原種は100品種以上あり、 品種は130品種、。


アジアで71種、 北アメリカで37種  ヨーロッパで12種。


ユーラシア10種を数えています。


DSC04412_20141214181607fd4.jpg


日本では15種類が有り、7種類は 「日本特産品種」 で有ります。


DSC04406_20141214181423690.jpg


5月から8月頃に開花します。


DSC04409_201412141814283a4.jpg


日本では山百合、コオニ百合、オニ百合の3種類の。


百合根を食用とするため、栽培されています。


苦みを除くために、あらかじめ、軽く煮てから、茶碗蒸しや。


雑煮、、がんもどき、味噌汁、などに用います。


中国では、ハカタ百合、オニゆりの根っこを、乾燥させ「百合干し」と呼び。


水で戻して、炒めたり、すりおろして、スープに入れて、とろみを付ける。


カタクリのデンプンの代わりに、使われています。


生薬では、滋養強壮、利尿、咳止め、の薬として用いられている。


2014-12-14

松葉蟹

昨日から、猛烈寒波がやってきました。


おまけに、総選挙と来ている、お店の開店前に寒い中を。


自転車で、どうか、景気が良くなりますようにと、願いを込めて。


清き一票を。。。入れてきました。


気のせいなのか、今年の年末は、なんとなく忙しく感じるのですが。


今が、一番暇で、年末に近いほど忙しくなるのが、常なんですがね。


もっと近づいて、暇になったらどないしょうと、またいらん心配があるねんなぁ~。


年末になると、毎年浜坂より 「お歳暮」にと、松葉蟹を 届けて頂きます。              


DSC04405_201412141814045ee.jpg



こんなところで 「よろしい~カニ」と 背中だけのカニさんが御挨拶です。


実は、カニをさばいていると、あっ~カメラ~(またかいなぁー)。


DSC04404_20141214181403b04.jpg


二階に忘れてる~  お手手が濡れてるので、取りに行けず。


誰ももってきてくれへんねん、 当たり前ですね、もう半分食べてるやん。


DSC04403_2014121418140260f.jpg


残念なり~・・ あれ~そこにカメラあるやん、今からでも。


カニさんの顔を、後ろから、前から、後足が二本のこってる~で~。


DSC04400_20141214181359e29.jpg


甘エビも沢山いただいたんです、カメラで美味しそうな甘エビを。。


DSC04399_20141214181334d4d.jpg


まぁ~何とも賑やかな、事ったら。。


DSC04396_201412141813306f8.jpg


身をはずしたカニの足は、」お味噌汁に。。


DSC04395_20141214181329d04.jpg


これは最高ですね、いいカニの味が出ています。


温まりますね、冬の味を味合えた事が、幸せ~嬉しいですね。


寒い時は、カニの味噌汁に、限りますね。

2014-12-11

シーサ―

今晩は、最近ブログの更新が、ままならぬ。。


だってね、後20日で、来年になるんですよ、あ~早い~。


今年は孫ちゃんの結婚が、二組もあり~ので、 てんや・わんや。。


200枚の年賀状が、やっと出来上がりました。


毎年なら、手作りなんですが、時間が無く、パソコンとプリンターのお世話に。


やっぱり、一言ぐらいは、手書きの近況報告も書きたいものですね。


高校生の孫ちゃんが、修学旅行で沖縄へ、最近の学生は、いいなぁ~。


「ちゃあちゃんに、お土産買ったよ。。」 と言って、持ってきてくれました。


可愛いシーサーの置物と、沖縄名物 「ちんすこう」です。


シーサ―は沖縄で、獅子(ライオン)の事です。


シーサ―のルーツは、エジプトのスフィンクスが起源ではないかと言われ。


エジプト、中近東、シルクロードを経由し 中国から沖縄に伝わったとされる。


DSC04377_201412112247166f1.jpg


沖縄で見られる伝統の獣の像で、門や屋根、村落の高台などに。


備え付けられる、 家や人、村に災難をもたらす、悪霊を追い払う。


魔よけの意味を持ち、屋根の上に設置されるケースが多い。


DSC04381_201412112250499d1.jpg


一般的に、口を開けたシーサ―が雄で、向かって右側に置き。


福を招きいれ、 口を閉じたシーサ―はメスで、左側に置き。


DSC04378_201412112250443ac.jpg


あらゆる災難を、家に入れないとされている。


日本のお寺の、狛犬のような、意味を持っている。


そして、「 ちんすこう 」 沖縄の雪塩を使ったお菓子です。


まぁ~ビスケットのような。。。


さっぱりとしたお味で、塩の味加減は。。。いい塩梅でございました。


2014-12-06

「 柿の種 」

今晩は、ご無沙汰しております。


四国は高知の旅を終え、長いブログでした、みなさん。。


もう~飽きられたですよね、でもいい旅でした、も~うえ~って。。


年賀状の準備を、旅や、孫の結婚式で、すっかり忘れていたようで。。


手作りでは、もうとても間に合わず、パソコンと言う。


いい道具が有ります、 プリンターと云ういい印刷機も有るんですからね。


上手く利用して、楽をして、と。。。


最近は、お客様から色んなものを頂く事が、非常に多くあります。


頂いちゃった、 誰でもご存知の 「柿の種」 ピーナツ入り。


今ではピーナツが入っているのは、当たり前のようですが。。


昔は柿の種の、 「おかき」 だけだったそうです。


最初に作られたのは、大正12年で、京都の 「なにわ屋製菓」の社長。


DSC04337_2014120423362838d.jpg


「故 今井興三郎」 当時はすべて手作業で、薄く伸ばした餅を。


小判型の金具で、形を抜き、手で焼いていました。


ある日、その金具を社長の奥さんが、誤って踏みつぶして。


片方のふくらみが、へっ込み、小さい物なので、元には戻らず。


DSC04338.jpg


そのまま、作り、商売に出かけ、商をしていたら。


「こんな、いがんだ小判はないで~柿の種みたいやなぁ~」。


そのヒントから 大正13年に 「柿の種」と、商品になったそうです。


ピーナツが入ったのは、帝国ホテルの酒場で、サービスとして出した。


DSC04341_20141204233657e04.jpg


ピーナツの皿の横に 「柿の種」を一緒に出したところ。


オカキとピーナツの、コラボが非常に喜ばれたのが商品化されたそうです。


見ると ス―と手が出るおやつ、特に、ビールのつまみに最高です。


現在では、外国へのお土産に、外国人が 「柿の種」を食べるなんてね。


油で揚げていない事が、外国人に大変喜ばれダイエットにいいようです。


チョコレートを掛けた 「柿の種」 も人気が有るようです。


毎日、少しずつ、頂いています、酒の肴に?。


いいえ。。お茶のお供に、ア~やめられない、 止まらない。


何処かで聞いたね。。  えびせん  ちやうで~。

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる