2016-04-30

ガーベラ

4月最終日。。だと言うのに、肌寒い一日でした。


明日から暖かくなるとか、だって、明日から5月だもんね。。


昔から家にいる、ガーベラの花です、今年も清楚でいて、目立っています。


日本のガーベラとも、 元祖、ガーベラとも言われています。。


DSC09782_20160421233013b90.jpg


ガーベラの花は、キク科の花です。


熱帯アジアや、アフリカに分布する、野生で、40種類が存在します。


DSC09788_20160421233039600.jpg


花の持ちが良く、フラワーアレンジに最適で使われる事が多い。。


ヨーロッパで、品種改良されてから、切花や、鉢植えに栽培されている。


DSC09909_20160430194324a38.jpg


こうしたものは、4~9月頃、暖地ならば4月から11月頃まで咲きます。


切り花で流通している品種は、2000種類以上あります。


DSC09877_20160430194137df0.jpg


其の90パーセントが、オランダ産と言われています。


花の直径は、7~8センチ。。。大輪、小輪に分類されています。


DSC09782_20160421233013b90.jpg


最近は、花弁の多い種類が増えています。


花弁が糸状になった、昔からの「スパイダー」タイプヤ。。


花びらが 「一重 」のタイプ、 「半八重、」 「八重 」に判別できます。。


我が家のガーベラは 昔の「スパイダー」 タイプになります。。


色は、白、赤 ピンク、黄色、オレンジ 等。。


花言葉は、、「崇高の美」  「神秘的」
スポンサーサイト

2016-04-28

カラ―の花

うっとしいお天気です、明日から毎年ながらの、ゴールデンウイーク。


皆様、何処へお出かけでしょうか、お天気も気になりますね。


でも何とか、雨が降らないようです、良かったですね。


九州の大地震が有って、陽気になれない休日になりそうですね。


復興のために、いいお天気で有る事を願います。。


さてさて、庭の花も、あ~っと云う間に咲き、すぐに散りゆきます。


楽しみにしていた、カラ―の花も気が付けば  御覧の通りに咲いていました。


DSC09696.jpg


花の名前は、カラーは、ギリシャ語で、美しいを意味する。。


大きな花のように見える部分は、モンステラなどの、サトイモ科の植物です。


DSC09693_20160428102239691.jpg


ぶつえん包の中にある、黄色い棒状の花を保護しています。


この、仏炎包が、修道女の襟 (カラ―)やワイシャツの襟に。。


似ていることから、そう、呼ばれるようになりました。


DSC09691_2016042810223862a.jpg


原産地は、南アフリカで、ビッグイヤ― 「豚の耳」を意味するそうです。


DSC05466_201604281022372a9.jpg


カラーは、本来水辺を好む植物ですが、品種改良により。


陸地性の物も、一般的になり、それ以来、花色も豊富です。


白、ピンク、薄紫、イエローオレンジなど。。


花言葉は。。。華麗なる美   乙女のしとやかさ  清浄  。。





2016-04-25

シャガ (射干)の花

朝は、凄く綺麗に晴れ~って感じだったのに昼過ぎから。。


薄雲が出てきました、夕焼けも、うっすらと雲を染めています。


明日は雨になるようです、雨に似合うシャガの花が、咲きだしています。


DSC09753.jpg


シャガは漢字で書くと 射干 と書くそうです、 あやめ科の花です。。


開花は、4月頃から 5月中頃のようです。


冬でも葉が枯れない、常緑性の多年草です。


DSC09699_20160417104541f97.jpg


光沢のある細長い葉で、花はうす紫色で、表面にオレンジ色の突起物が有る。


其の部分を囲むように、青紫の斑点が入っています。


花は短命で一日でしぼんでしまいますが、次々と新しい花を咲かせます。


DSC09692_20160417104346ef7.jpg


雰囲気として、アヤメの色を薄くしたように見えます。


ごく当たり前に日本に自生してますが、元々は、中国産の植物です。


古くから日本に渡来して、其の野生化したと言われています。


DSC09698_2016041710454031c.jpg


生育は旺盛で根軸を横に伸ばして、どんどん広がって行きますが。。


元々タネが出来ない性質で、どのようにして、日本全国を。。


カバーするまでに広がって行ったかわ、よく解らないようです。


人の入っていけない所では、見かけないとも言われていますが。。


人の手によって増えて、行ったのかも、知れません。


色はほとんど変わりませんが、濃い色、薄い色が有ります。


葉に斑入りの葉が、有る物も有ります。。


2016-04-24

日よけ帽、可愛い帽子

今晩は、何時も何時も、バタバタしてまして、も~う~すること一杯。


菜種梅雨とか、言うのでしょうか、雨がよく降りますね。


地震の後ですから、晴れるといいのにね、土砂崩れなど無い事を祈ります。


久しぶりに、縫物などしようか、と思い立つと、することが早い。


可愛いお帽子と、ミニ・リックサックを、作りました。


DSC09828_2016042323442827c.jpg


ミシンを出すことの方が、難儀なんです、出す手間よりも。。


DSC09729_20160420132105a76.jpg


手縫いの、準備の方が早く、つい針を持つことの方が、私には楽かも。


DSC09726_20160420132042416.jpg


小さい帽子など、チクチクと、一針、一針がとても楽しいんです。。


DSC09728_20160420132044db0.jpg


針の穴に、糸を通す事は、お蔭さまで、とても楽に通す事が出来ます。


DSC09831_201604232343079af.jpg


傍から え~メガネ、いらんの~見えてるんかぁ~とよく聞かれます。


お蔭さまで  まだ、老眼の気配なし、、目と歯が自慢ですからね。。


久しぶりに、キューピーさんを出してきました。


はい。。。モデルを、おたのもうします。。


孫ちゃんの、おちびちゃんにきっと、似合うと思いますよ。


わぁ~可愛いですよ~、夏の日焼けに予防に使ってね。。

2016-04-20

壺スミレ

今日は、少し肌寒いですが、いいお天気です。


九州の地震は何時になったら、収まるのでしょうね。


一日でも早く、復興を願うばかりです。。


私は今少し落ち込んでいて・・思い出したくない事を心を、よぎります。。


私の心の中にも プレートが有るのかもしれませんね、揺れるかも~。


今年は、季節の花が早く咲いたり、遅れて咲いたり。。


毎年咲く、スミレの花を楽しみにしていたのに、 忘れてたんですよ。。


アマリリスの植木鉢の片隅で、ひっそりとスミレの花が、静かにひっそりと。


咲いているではありませんか。。。やっぱり咲いてくれました。。



DSC09632_20160413111656c22.jpg


スミレは、小さくて可愛い花です、これ、ここだけの話ですがね、40年前に。


京都の二条城の石垣の隙間から、可愛く可愛く咲いていたのがスミレの花。


そーと、持って帰り、植木鉢に、40年たっても未だに咲くスミレの花。


DSC09633_201604131116570a0.jpg


壺スミレ、立坪スミレ、またがった角スミレとも。。


スミレ科の花で、3~10月頃まで 5月~10月頃に開花します。。


大工道具の墨入れに似ている事から 「すみ入れ」 「すみれ」になった。。


DSC09756_20160420132319a3d.jpg


色々な種類が有り 国産外国種とも合わせると数百種類と言われています。


DSC09717.jpg


花とは別に、目立たない閉鎖花をつけて、そこで、種を作る。


別名 相撲草とも言われています、後ろの、突起同士を。。


引っかけて、引っ張り合いをして、ちぎれた方が負ける、遊びの一つです。


DSC09669_20160414151002699.jpg


白い小さなスミレは、5年ほど前に、小道で見つけて、チョット、失敬して参りました。


翌年からちゃんと咲いてくれました、種が飛び散ったのか。


年々少しずつ増えて隣の植木鉢の片隅から、遠慮しながら。。


一生懸命咲いています、小さいのに、一生懸命っていいですね。


頑張れ~ガンバ~って~声を掛けたくなりますね。


2016-04-17

十二単 (アジュガ)

九州の被災地の皆様、元気を出して下さいね。


1日でも早い復興を心よりお祈りいたしております。


雨もひどくならずに済んだこと、此方でもホット胸を撫で下ろしております。。


今年の春は、知らぬ間に桜が咲き、気が付けば、色んな花が咲き乱れ。。


ビックリ。。慌てて写真に収めている次第です。。


知らない間に、十二単の花が、咲きだした事に、慌てる次第です。


DSC09650.jpg


十二単、アジュガ、と言います、 シソ科の花で多年草です。。


日本の本州の花で、4~5月頃に開花します。


DSC09658_20160414150935995.jpg


小さな紫の小花が幾重にも重なって咲く様子を。


平安時代の宮中の女官の正装の、十二単に見立てたと言われています。


DSC09704_20160417140058216.jpg


野山に生える、白っぽい花も有り、短い毛が一杯ある花もあり。。


只、一般に 十二単と呼ぶのは、上記のように。


DSC09706_20160417140120c62.jpg


紫色の花の事を指して言う。


DSC09707_20160417140121628.jpg


一般に、白っぽい色の花や、薄い紫色のものは。。


一般に アジュガの事を指して言われています。


チョット。。。ややこしい~こっちゃ・・でした。


2016-04-15

ユリの木

今日は、昨夜は熊本で大きな地震が有りました。


被害に遭われた皆様。。お見舞い申し上げます。。


頑張ってください、遠い大阪は河内の空より早い復興をお祈りいたします。


明日は「我が身」枕元に、避難用リッュックと靴を、備えあれば、憂いなし。。


チョットだけ、気持ちもやわらげて、生け花でも見て頂けたらと。


今週のお店の生け花は、 枝物は、あまり聞かない木ですが。。


百合の木、 ユリの木です、ユリによく似た形の花から来た名前の意味。。

DSC09677_201604141510565a9.jpg


他に、はんてんボク(軍配の木) チューリップの木、奴凧の木 (やっこだこの木)等。。


はんてんボク・・葉っぱが軍配にも似てる意味、 チューリップの花にも似てる意味。。


奴凧の木 凧にも似ている意味、 等と多くの名が付いている木です。


背丈は、15m以上にもなる大きな木です。。


5月中頃~初夏に掛けて、お椀のような大きな黄色い花を咲かせます。


DSC09682_201604141511181dc.jpg


其の花が、 ユリ、チューリップ、軍配、奴凧に似ているからだそうです。


花は高い枝の上の茂った葉の間に咲くので、 気づきにくいそうです。


花からは、大量の蜜が取れると言われています。。


北アメリカ原産で、昔インディアンは、この木を切り倒してカヌーを作り。


そのため、今では大きなユリの木は、無くなってしまったとも言われています。


DSC09680_20160414151100565.jpg


後の大正天皇が、皇太子の頃、小石川植物園を訪ね、そこにある。。


日本最古の、ユリの木の種を見た際に、植樹し、その木を 。



「百合の木」と、命名したとされました。。


DSC09679_20160414151059b28.jpg


まだ別名もあり、ビックリですね、「半てん木」 葉っぱが。。


大工さんが着る、半てんに似ていることからも、付けられたと言われています。。


DSC09681_20160414151116760.jpg


花がユリ、チューリップに 、葉っぱが 奴凧、軍パイ、半てん、等から


あ~ややこしい~こんな木が有る事も 知らなんだよね。


「 ユリの樹の、広葉ひらめき、散るを見つ、


      閉門時の庭を よぎいて 」


「 百合の木の、高きに咲ける、花仰ぐ 


        ユリの木の花、薄みどり 」

2016-04-13

金のなる木の花

4月も半ばになり、花壇や、野原では知らないうちに。。


沢山の花が咲き乱れています、え~もう~こんな花が咲いてるんやね。


と、驚く事、だってね、私の花壇では、もう~シャガの花が咲きだしているんです。


2~3日とても冷たい風が吹き、今日も冷たい雨が降り出してきました。


ご近所の庭で、 「金のなる木」の花を見つけたんです、可愛い花にビックリです。。


DSC09440_20160331145905f09.jpg


白と赤と、ピンク色した、凄く可愛い花にビックリです。


金のなる木は、ベンケイソウの仲間らしく、サボテンでもないようですが、似てるね。


ブックリとした葉っぱが印象的な、金のなる木は、見た目は樹木のようですが。


DSC09439.jpg


実は、多肉植物の仲間です、そのため葉っぱに水を溜める事が出来ます。。


丈夫で育てやすいと人気が有ります、また、株が生長すると、可愛らしい。


白い花を咲かせてくれます、日向の風通しの良い場所で。


DSC09433_20160331145833672.jpg


乾燥気味に育てるのが、ポイントです。。


日陰でも育ちますが、弱い枝が生えて、見た目が悪くなってしまいます。


日光を十分に浴びないと、花芽が少なく、咲かなくなる事が有ります。。


DSC09443_20160331145907de3.jpg


多肉植物なので、湿度の高い乾燥が苦手す。


水は、表面が乾いて、数日置いて与えるとよいでしょう。。


昔、金のなる木が、家にも有ったのですが、夏は暑さと、水のやり過ぎで。。


冬は寒さで、葉っぱが凍結して、とけると葉っぱが、、、丸で、茹でたように。。


失敗でした、それ以来、苦手な植物と、なってしまいました。。


だから、金持ちに、なられへんかったんや。。。

2016-04-09

姫ツルニチニチソウ

桜も終盤を迎えておりますが、北の地方では、今が見ごろ。。


まだこれからと云うところが、あるようですが、楽しみは。。


後回しの方が、いいですよね、なんと言っても、人は桜が好きなんです。。


我が家では、姫ツルニチニチソウの花が、咲きだしてきました。


DSC09494_201604042257497e0.jpg


ベランダのプランターから長~く伸びて、垂れ下っている蔦にも。。


姫ツルニチニチソウの、可愛い紫の花が咲いています。。


DSC09406_20160409182713282.jpg

カメラを向けていますが、風に揺れる蔦には、なかなかピントが合いません。。


姫ツルニチニチソウは、夾竹桃科の多年草です。


DSC09453_20160402190856a3e.jpg


株元から、多数の茎が伸びて、蔓状に歩這してゆきます。。


花壇や、プランターの縁取りに、グランドカバーに最適で、丈夫です。


DSC09452_20160402190855f1d.jpg

暖地では、冬も葉が枯れず、半日陰でもよく育ちます。


地植えなら、あまり水やりをしなくても、雨水でも十分に育ちます。


蔦の先に、青紫の可愛い花を楽しめます。。





2016-04-04

雨上がりの桜とカメラ

今晩は、朝の雨で、桜が心配でしたが、ちゃんと残ってくれました。


10時ごろに、小雨になったので、近くの処理場の広場へ、桜を見に行くことに。


雨にも負けず。。。桜はまだ元気で残っていました。


DSC09501.jpg


遊歩道が有り、普段の時も、子供たちのいい遊び場になっており。


朝の散歩、お昼のウオーキング、お年寄りの遊び場になっていて賑やかです。。


DSC09518.jpg


桜の時期は特に人でが多く、賑わっておりますが、雨降りのせいなのか。


今日は人が少なく、ウオーキングの人も、まばらです。。


DSC09512_20160404225935e9d.jpg


上にあがると、人口の川が流れていて、夏は子供の水遊び場です。


この広場は、夏の花火で有名な、 PLの花火大会の日は、超満員になります。


距離はありますが、広場が少し高台になっているのでよく見えます。


子供連れで、ゴザや、ブルーシート、お弁当、ビール持ち込みで、小宴会が始まります。。


DSC09527_201604042300094f3.jpg


桜は、今が見頃です、これでお天気が良かったら・・人が多かった事でしょう。


あ~また雨が降り出しましたが、小雨の中でも。。


私はもちろんカメラでの、撮影には余念が有りませんよ。


DSC09553_20160404230026658.jpg


遊歩道を抜けて、外環状線へ、近くに、百均のダイソー見えています。


チョット寄り道をして、帰路に撮影とお買物をして、2時間のお散歩でした。

2016-04-03

又兵衛桜、と入学式

4月2日です、桜が満開です。


今月のお店の写真は、「又兵衛桜」 (魅せられて大和路)写真家sadaosさんの写真です。


もうかれこれ、23年ほど前に撮影をされたお写真です。


又兵衛と人の名前が付いた桜です、この桜は樹齢300年とも云われています。


夏の陣で活躍した、戦国武将 「後藤又兵衛」が当地へ、落ち忍び。。


僧侶となって一生を終えたと、云う伝説が残っており。


この桜のある地が、屋敷跡に咲くしだれ桜が 「又兵衛桜」です。


DSC09455_201604021908594e8.jpg

後ろには、桃の木や、木蓮等が咲き乱れ、春の色のコントラストが。


とても美しく、華やかな風景です。。


昔は、この写真を撮影された頃は、静かで風情が有りましたが。


有名になって、この時期には何万人と、観光に来られるようになりました。


一本の、しだれ桜の木が、石垣の上から、流れ落ちるように。


見える様は、まるで滝のように見えることから、「本郷の滝桜」とも。


呼ばれています。


DSC09468_20160402233715941.jpg   DSC09471_2016040223371826d.jpgDSC09472_20160402233719044.jpg


ついでですが、今日は私の孫お嬢の、大学の入学式でした。


おめでとう、もう~大学生になったんですね。 


頑張って、素晴らしい学生生活を楽しんで下さい。


大きなってしまった、早~いなぁ~って、ほんと、早いわ~。。


歳行くのん、無理ないわ~ 頑張ってね。。

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる