2016-09-27

桔梗の花

今晩は~~え~もう日にちが変わってるって~ホンマや~。。。


なんか最近、色々あって、寝不足気味、今日は嬉しいお休みです。


何処へも行くあてもないけど、少しはお出かけせんと、気が晴れへんもんね。。


帰るとどっと、疲れが出て、少しお昼寝なんかして、今は目が覚めてるよ。。


気分の良い間に、パソコンとにらめっこ。。


先週の生け花は、柳の枝とキキョウの花、足らえに、ナデシコの花を。。


DSC03241_20160926233609913.jpg


桔梗の花は、キキョウ科、日本、中国、朝鮮などが原産地。


花の時期は、6~9月頃、梅雨のころから咲き始め、初秋まで咲きます。


秋の七草の一つですから、秋の花のイメージがありますが、開花時期は。


夏の花です、万葉集で読まれている、朝顔の花は、桔梗の花の事だそうです。


DSC03243_20160926233642975.jpg


蕾の状態では、花弁同士が風船のように、ピタリとつながっている。


蕾は徐々に、緑から青紫色に変わり,裂けて、星形の花を咲かせます。


花は、釣り鐘型で、4~5センチぐらいの花を咲かせます。


すっと伸びた姿が、清々しく感じるからでしょうか。。


DSC03239_20160926233606961.jpg


武士が好んだ花のようで、家紋にも用いられています。


桔梗の花を、神や仏に捧げて、吉凶を占っていたそうです。。


DSC03238.jpg


桔梗は、今の時代でも、風水では運気のアップする花として、知られています。


良い運気だけを取り込む、フィルターの役割をはたしてくれます。。


DSC03236.jpg


根っこが太く、根は昔から、「ききょう根」と言う、名の漢方薬として。


用いられていました。


お庭で育てても良し、鉢植えで植えても良し、良い運気を。。


花言葉は。。誠実の愛。。気品。。変わらぬ愛。。。。


スポンサーサイト

2016-09-16

ツルウメモドキと鶏頭の花

今晩は、少し蒸し暑く感じた日でしたね。。


昨夜は十五夜、お月見でした、大阪の空は、薄雲が掛かり。


おぼろ(朧)月夜やったのに、22時頃は綺麗な真ん丸な。


傘を被った、綺麗なお月さんが出ていました、スーパー銭湯の。


露天風呂から見たんやけど、銭湯もすいてたし、1人で入る釜風呂で。。


眺めていたんですよ、これでいよいよ、秋ですわぁ、お彼岸も、もうすぐやしね。


生け花に秋色の ” ツルウメモドキ”とケイトウの花を、入れてみました。。


DSC03084_20160904234515b05.jpg


実は、まだ青いですが、ツルウメモドキは、ニシキギ科の木です。


北海道から、沖縄にかけて、山地に分布するつる性の植物です。


DSC03063_20160831154031a9b.jpg


秋にはオレンジ色の実がはじけ、赤く熟してとても綺麗な植物です。


オス、メスの異株で、花をつける株と、雌花を付ける株が有ります。


DSC03088_20160904234612f90.jpg


葉のわきに、小さな黄緑の花を10個ほど集散花を付ける。


花後に、秋になると、緑の実が一杯、連なって。。。


DSC03134 - コピー


やがて、黄色くなった実は、はじけ、だんだんと赤い色を付けて。


野山を彩る、コントラストがとても綺麗です。。


DSC03124 - コピー


やがて冬が来て、雪が降り、枝に積もった雪の間から。。


赤い実がのぞく、光景がまた美しい事でしょう。。


ツルモドキは、生け花などに使用されています。。


ケイトウの花を添えてみましたが、オレンジ色の鶏頭の花と。


緑、黄色のツルモドキの実とが、マッチして、好きですね。。

2016-09-15

中秋の名月  お月見

今日は、きょうは、十五夜、(中秋の名月)お月見です。。


お月見といえば、今年は丁度、9月15日に当たります。。


旧暦では、8月15日が「十五夜」を指します。


秋の美しい月を、観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事。


中秋の名月、と呼ばれています。。


私のお店には、ススキ、栗、菊の花を活けて見ました。。


DSC03179_20160915131647133.jpg


旧暦では、7月~9月が秋のあたり、初秋は台風や、秋の長雨が。


続きますが、名月になる頃は、秋晴れも多く空が澄んで、月が美しく見えます。 


DSC03185_20160915131650af4.jpg


中国から伝わった、月見を取り入れ、平安貴族が。


月見の宴を催して、風靡を楽しむようになりました。


やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていきました。


DSC03187_20160915131718f6d.jpg


イモ類の収穫祝いを兼ねているため、「 芋名月 」という。。


別名で呼ばれるようになりました。


お月見を楽しみ、月に感謝、豊作祈願と感謝、月を眺め愛でる習慣が


DSC03189_20160915131721fbd.jpg


現在の形になったそうです、我々が子供の頃とは、少しづつ。。


形が変わってきました、昔は、縁側が有りましたがね。


まぁ~とにかく、月を楽しみ、秋の実りに感謝したいですね。。


”月夜に、釜を抜かれる。。こんな言葉聞きましたね。。


ひどく油断すること。。不注意極まりない事。。  油断大敵。。


明るい月夜だから、盗まれる心配は無い、 と思っていても。。


大事な釜を盗まれてしまうこと。   「江戸いろはかるた」より


2016-09-13

木立性ベゴニア

今朝は良く振りましたね、雨も勢いよく降られると。


チョット怖いものです、30年目も前は、私のお店も、20センチほど。。


床下浸水で、慌てふためいたことでしたが、今はポンプ場もできて。


少しは安心できます、大切な水も一つ間違えば、恐ろしい牙をむく。。


水も、なくてはならないもの、命の元、上手く付き合いましょう。


お花大好きな私達には、お水が大切です。。


私のベランダで、もう何年になるでしょうか、 木立ベコニアが綺麗に咲いています。。


DSC03177_20160913195643fc3.jpg


ベゴニアは、秋海棠科 (シュウカイドウ科)の花です。。


熱帯、亜熱帯地方の原種を交配し、多くの種類や、品種が作られたため。


それらの性質は多様で、共通する特徴は、葉の形が左右非対称で。。


DSC03171.jpg


やや歪んでだ形で、花は、オス、メス、別であり、オスの花ビラは4枚。。


メスの花は、5枚の花弁を持っています。


ベゴニアは、多年草の草花であるが、球根性の物もある。。


DSC03172_20160909100728a1f.jpg


木立性の物もある、観賞する人が多く、観葉植物となるものが多い。。


DSC03175_20160913195643141.jpg


木立性ベゴニアは、8種類に分けられます、花は、花弁が。


シングルなもの、八重咲の物もあります。。


葉の形も、もみじ型やハート形など、色々あります。


木立性ベゴニアは、まっすぐ伸びた竺に、可憐な花が。。


垂れ下がっている姿が、愛らしいベゴニアです。。


10センチから、3mまで、大きくなる品種まであり。。


丈夫で育てやすい種類のベゴニアです。。


2016-09-09

菊の節句 (重陽節句) 菊の日

台風一過・・・と言っていいのか・・まだ雨が残ってる所もあるのに。。


昨日の河内は、土砂降りの雨、一時間ぐらいで上がりましたが。


水害に会われた所もあり、お見舞い申し上げます。。


お店の生け花です、水盤から、花瓶に変えてから、生け花も。。


少し変化したように思います、たまには花瓶で、投げ入れで、ざっくりと。。


味を出したいと思っています、小菊 (スプレーマム)を入れてみました。


マムは菊の事、 開花時期は10月中旬~12月中旬ぐらいです。。


漢字で書く菊は、音読みをしたもの、漢字の菊は、散らばったお米を。。


DSC03157_20160909100519dfd.jpg


一か所に集める意味で、菊の花弁を米に見立てたもの。。 今日は。。


陰暦の九月九日は、(重陽節句) 菊の花の日であり、菊酒を飲み。。


長寿の祈願をする、これが、日本にも伝わり、菊の花を、酒に浮かべ飲む。


DSC03160_20160909100523801.jpg


菊の花を観賞する、(重陽節句)が九月九日ということです。。


後には、菊は、天皇の紋章となり、日本の国花になった。。


DSC03159_20160909100522a32.jpg


日本は、菊と桜の花、二つが国花となっています。


花の盛りは11月ですが、冬になって咲く菊は。。


「残菊」と「晩菊」と言われ。。サブネームで咲き続ける。。


DSC03158.jpg


これは大体、小菊のみで、野生に咲く菊は寒さに強く。。


これらは、冬になっても、咲いていて、「冬菊」とも、「寒菊」とも呼ぶ。。


菊は、御目出度い正月の生け花から、 仏花、家庭園芸まで。。


幅広く、使用されています、種類の多くなりました。。



2016-09-05

ごまたまごの中から。。。

今晩は、なんだか蒸し暑い一日でしたね、台風のせいでしょうか。


雨もさほど、降らずに済んで、一安心、大阪はええとこですわ~。。


ここだけのお話し、今日は私の誕生日なんです、そやけど。。


もうええ歳になったので、内緒にしときますね。。


下の孫娘ちゃんがね、もう大学生、驚きですわ、夏休み最後に、。。


お友達と 「東京へ」 遊びに行った、お土産は、「 ごまたまご 」です。。


DSC03146_2016090423554532e.jpg


上から、読んでも、” ごまたまご ” どんなたまごかな。。


割ってみると、  あ~黒いめ玉や~これがゴマのアンコ。。


DSC03147_20160904235547e93.jpg


ゴマの歴史は古く、今から6000年も前に、何と長い歴史です。


アフリカで栽培され、アジア、ヨーロッパに伝わり、食用油、灯火用油。


かの、クレオパトラがゴマ油を利用してお肌を磨いたといわれています。。


DSC03149_20160904235550d61.jpg


日本には、縄文時代に、中国から入り、平安時代には。。


お坊さんの精進料理には欠かせない貴重な食糧でした。


ゴマ特有の風味や香り、栄養などから、調味料として使われ。。


DSC03153_20160904235617083.jpg


料理やお菓子に使うと、一段と、味が良くなるところから。。


” ごまかす ”と言う、シャレた言葉が生まれたと言わたと説が有る。。


このゴマ、アンコ、美味しかったです、孫ちゃんありがとう。。。


2016-09-05

枝豆を食べて綺麗に。。

今晩は、またまた台風がやってきます、今度はゆっくりと。。


早く通り過ぎてください、被害が大きすぎます、お気の毒に。。


秋は台風のシーズンです、地震の後には、お気の毒です。


何といっても大阪は良いt頃です、感謝しないとね。


今日は枝豆をゆでました、枝豆の美味しい季節です。


お酒の肴には、持って来いの、いいおつまみですね。


良いといえば、小さな粒に栄養が凝縮されています。。


子供の頃は 「大人はいいなぁ~枝豆食べれてー」と思ったものでした。


DSC03142_20160904235509cf3.jpg


枝豆は、タンパク質の宝庫です、未成熟の大豆を収穫したもの。


それが枝豆です、未成熟と聞くと、栄養価も低いのでは。。


と思いがちですが、大豆の栄養は、しっかりと含んでいます。


ビタミンB、C、もあり優れたポイントです、  「 畑のお肉 」と言われ。


DSC03012_20160821111550258.jpg


枝豆には、良質のたんぱく質がたっぷり含まれています。。


筋肉を作る元になるたんぱく質は、とても大切です。。


また、メチオニンという、必須アミノ酸が肝機能をサポートします。


ビールとの相性は理に適っているというわけです。


他に、イソフラボン、要素、カリウム、など栄養満点の夏野菜です。。


女性の方にも、若さを作るイソフラボンが良いようですよ。。。。


疲労回復にも、いいですね、ビールのお相手は、 枝豆ですね。。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる