2016-10-28

キンモクセイ (金木犀)

こんにちは、急に寒くなりましたね。


体調を悪くなってませんか、今日は月に一度の「薬の日」でした。


先週は、びっくりでした、血圧が・・上が、87 下が 42、何よこれ~。


ビックリしるでしょ、 もう~死んでるで~ そやけど なんでか、元気やん?


次の日から正常になり、ほっとしています。。


世間は、すっかり冬になりそう、道すがら、道にオレンジの塊。。


そうやった、キンモクセイの花が、散り初めし、秋深む、 そうやった。


キンモクセイが咲いてる頃やった、慌てて、カメラのシャッターを。。


DSC03560_20161028163736fb9.jpg


もう遅く、香りが無くなっていました。


キンモクセイ科の花です、常緑、小高木、中国産です。


秋の短い一時期にオレンジ色の花を、枝一杯に咲かせます。。


DSC03557_20161028163653885.jpg


キンモクセイの、最大の魅力は、「香り」です、花木期には、爽やかな。


香りを漂わせます。


やはり、中国産です、庭植え、街路樹、香りで秋を感じます。


DSC03564_201610281637404b8.jpg


日本には、江戸時代に渡来し、葉の付け根にオレンジ色の小花を。


密集して咲かせます。


花の大きさは、4枚の花弁で、5ミリほどの可憐な花です。。


DSC03565_20161028163813b8f.jpg


一本の木に、白い花を見つけました、鮮やかなオレンジ色であるが。


徐々に、色が薄くなりやがて、散っていきます。。


ギンモクセイ、と言って、白っい、花もあります。。(銀モクセイ)。。


昔はトイレの芳香剤の、香りにこの香りを使われていました。





スポンサーサイト

2016-10-26

ブタと大根の角煮

こんにちは、今日は少し暖かいですね、でも、明日から。。


少し寒くなるそうですよ、日も随分短くなってきています。。


淋しさを感じる季節ですね。


季節だけでなく、人間の人生って、空しく、淋しく、悲しいものですね。


何処でどう間違えたのか、何処で何を感じたのか。。


思い出さなくていいものもある、残り少ない人生だから。。


そ~と、1人で感じる、今のすべてが、自分の人生なんだね。。


何でこんな、事を考えてるんやろ、前向きに生きている、残り僅かでも。。


秋と言えば、「天高く、馬肥ゆる秋」  久しぶりにお料理を投かんします。


ブタ肉と大根の角煮です。。


ゆで卵の、煮卵を添えると、なお、美味しさが映えますね。。


DSC03492_2016102018543061f.jpg


白菜とワカメの、甘酢みそ和え。。


DSC03495_2016102018550617b.jpg


カボチャも今が美味しいんだから。。


DSC03494_20161020185432044.jpg


こんにゃくを、ゆでて、油でいためます。。


みりん、醤油で、炒り煮します。


汁が少なくなって、一味をかけて、出来上がり。。


チョット、お仕事でお店に出ます。。。。お食べやす。。。



2016-10-23

ペンタスの花 

鳥取県で地震が、怖かったでしょう、突然やってくるから。。


お見舞い申し上げます、雨が降らないことを、お祈りいたします。


寒さもやってきます、お体に気を付けてください。


遠い所からですが、心よりお見舞い申し上げます。


大阪も、暑かったり、寒かったり、温かいと地震が・・もしかして。


なんて、チョット心配ですね、枕もとの柱には、避難の準備のリュックサックが。


ぶら下がっています。。備えあれば憂いなし、というでしょう、頑張ってる私。。


夏に植えた、ペンタスの花が、可愛いんですよ。。


一度育てて見たかったんです、だってね、小さな星形の花が可愛いからね。。


DSC03519_20161020185859705.jpg


ペンタスの花は、アカネ科の花です、熱帯植物で、抵木。


原産地は、熱帯東アフリカです、5月頃から10月頃まで開花します。


DSC03191_20160915131724eb9.jpg


春から秋まで長期間、開花し、暑さに負けずに良く開花します。


本来は、抵木状に育ちますが、種から育て、改良された品種が。。


DSC03162_20160909100601f71.jpg


小型~中型の鉢や花壇で苗として良く普及しています。。


主な品種のシリーズとして、「ニュールック」「バタフライ」などが有り。。


DSC03075_201609041339168b3.jpg


他にも栄養系品種として、八重咲「ライカ」などは大きく育ち。。


ボリューム感のある 「パニックタワー」 などもあります。。


シリーズで、葉に班の入った品種も出ています。。


小夏ちゃんはね、小花が好きなんです。。かわいい~もんね。。。


ちっちゃいのに、よ~頑張ってるんねっ。。。てね。。


2016-10-18

浜菊 (野菊の一種)

あ~暑い~夏に逆戻りです。。


どっさりと、汗が流れました、この暑さは体に堪えますね。。


11月が目の前です、次は寒い、寒いと言ってるに違いないでしょうね。


人間て、贅沢な動物です、なんでも自分が正しいと思っているんですから。。


早く気付けば、楽なのにね、誰も人を恨まず、憎まずに済むのにね。


何処でどう、間違えたのか、間違ったんじゃ無いよ、一生懸命だったのよ。。


身近でもそんなことが、山ほどある事に、気が付くね。


我が家のお庭の可愛いお花です、 浜菊と言います。。


先日テレビで、天皇様の皇居で、美智子妃殿下様が。。


お庭で植えられているお花が「浜菊」でした、 「今年も咲きました」との事。。


DSC03190_201609151317233e0.jpg


あっ、、我が家の庭に、買ったばかりの、「ハマ菊」がありますよ。。


ハマ菊は、いわゆる野菊の一種で、青森から、栃木県にかけて。


太平洋側の海岸に自生します。


「花壇あゆめ」 日本最古の江戸時代の 「園芸書」の中に。


「浜菊」の名が、掲載されており、其の頃から栽培されています。。


DSC03165_20160909100605c2a.jpg


生地は高さ 10センチ~30センチ程で、引き締まった草姿ですが。


庭などで、栽培すると、一メートル近くにもなる事が有ります。


茎は良く、枝分かれして、株が広がり、こんまりと茂ります。。


秋になると、マーガレットによく似た白い花が咲きます。。


初冬までさき続け、冬は茎葉がほとんど枯れて、無くなります。。


春になると、茎基から、葉が噴出します。。


数年経過すると、茎や樹皮がザラザラした質感になります。。


葉っぱは、やや肉厚でへら型で、表面には、光沢があります。。


余り、手間のかからない、強健な植物で、育てやすく楽しめます。


清らかな、野菊らしい野菊と言えるでしょう。。。

2016-10-14

友禅菊

寒くなってきました、晩秋って感じですね。


笑わんといてね、もう~ホッとカーペット出したんです。


ホームこたつも、もちろんこたつ布団もね、やっぱり。。。


あったかいわ~こたつって、やっぱり日本人やね~、ええもんですわ~。


我が家の花壇では、今年の夏はお花も可哀そうなくらい、暑かった。。


初めて見た、「友禅菊」を買ってみました、色も可愛いし、可憐やし。。


DSC03247_201609262336461b8.jpg


友禅菊は、北アメリカ東部原産です、我が国へは。


明治の中頃に渡来しました、今では、北海道から四国に生育します。


道端や荒れ地などに生え、高さは30~70cmになります。


DSC03246_20160926233644146.jpg


葉は、長卵型で、互生し、ほとんど全緑色です。


8月頃から、枝先に花芽を出し、薄青紫色の花を咲かせます。


名前は、花色が友禅染のように鮮やかな事から、付けられました。


園芸品種も、数多く作られ、色もピンクもあります。


雨にぬれると、  ちょっと可哀そうですね、  ヨレヨレ。。。


多年草で、キク科、シオン、アスターシオンの仲間です。。


よく似た花では  孔雀草が有ります。。来年も咲くといいね。。


2016-10-12

ホトトギスの花

こんにちは、スカッと秋晴れですね。


気持ちいいですね、少し寒を感じるようになりました。


もう~すぐにでも、こたつ布団がいるようになるかも、もう出した人いるかも。。


2週間前の、お店の生け花です、ナンテンの枝は日持ちもよく。。


静かに咲くこの花が、主役です、 「 ホトトギス」の花です。。


DSC03293_20161001233417ff7.jpg


とても珍しい花ですが、最近ではよく見かけるようになりました。


ホトトギスの花は。。。ユリ科の花です。。


美しいとも。。毒々しいとも言える、紫色の斑点が特徴の花です。。


DSC03310_20161001233602e7e.jpg


名前の由来は、野鳥のホトトギスの胸に有る。


DSC03300_20161001233518bcf.jpg


斑点の模様が似ていることから、其の名が付いたといわれています。。


DSC03331_20161004162507fa5.jpg


晩秋に庭に咲く、数少ない草花の一つ、渋い花が茶葉に好まれ。。


DSC03322_201610041624077b1.jpg


寺院などでも、最近よく栽培されています。


静かな、ムラサキシキブの実なども、ホトトギスと並んで咲いていると。。


まさに、晩秋にふさわしい光景ですね。


2016-10-10

お祭り前夜祭、太鼓演奏。。

秋祭りのシーズンですね。。


わが町、藤井寺では、昨日まで、あちらこちらでお祭りムード一色でした。。


もっと早く、アップするつもりがね、なんせ、パソコンの調子がね。。。


途中で、ストップして動かず・・・あ~嘆かわしい~。。


特にメールの欄では、「起動していません」 ○が出たまま進まず、どうなん。。


先に、ブログを更新いたします。。 


7日のお祭り前夜祭の 「野中太鼓保存会」の太鼓がお見事でした。


DSC03397_201610102304521a6.jpg


太鼓は、「祝い太鼓」 ...。。


DSC03440_20161010230541871.jpg


一般飛び入り合戦と、最後は。。。


DSC03457_20161010230546923.jpg


野中太鼓保存会の、「御神上太鼓」。。


DSC03460_2016101023061250d.jpg


5人の鬼の面を付けて、舞台上をここ狭しと、動き回り。。


下へ降りては、小さい子供さんを見つけては、「うーぉ~」と泣かせ。。


会場が大賑わいでした、楽しい前夜祭をありがとう。。


ご苦労様でした。。

2016-10-07

ソーメン瓜 (金糸瓜 糸瓜) 

今晩は、又遅くなりましたんね、やかましくて、済みません。


きょうは、珍しいものを頂きました、聞いてはいましたが。。


お目に掛かるのは、初めてです、触るのも初めて、食するのもお初です。。


これは。。。あ~ご存知の方も、いらっしるのね、


ソーメン瓜、金糸瓜、糸瓜、ともいわれてます。。


DSC03367_20161006232454746.jpg


ソーメン瓜とは、カボチャの一種でありますが。。


栄養面では、とてもライトな野菜です。。


DSC03372_20161006232551e16.jpg


皮が硬く、包丁でも、力が要ります、カボチャと言えば。


でんぷん質も多くカロリーが、含まれ緑黄野菜の代表的な野菜です。。


DSC03376_20161006232555cda.jpg


カボチャよりも、キュウリに近い感じです。。


ソーメン瓜は、(金糸瓜)其の名の通り、金の糸状になり、癖はほとんどなく。。


DSC03381_201610062321095c5.jpg


シャキシャキとした、その食感は、食欲が落ちる夏でも。


冷たく冷やして、さらさらと食べれます。


DSC03385_2016100623214967c.jpg


特に夏場は、色々なお酢を用いた、和え物などがおススメです。。


すの効果によって、夏バテ、疲労回復にも役立つことでしょう。。


DSC03386_20161006232149df3.jpg



便秘や、ダイエット効果にぴったりの、食品です。。


DSC03390.jpg


食べ方は。。。輪切りにし、種とワタを取る、鍋で時間をかけて。。


中の糸が、ほぐれるまで、湯がいてください。


水にさらしたら。。。麺つゆ、ポン酢、ワサビドレッシング。。


マヨネーズと醤油、。。。どれでも良くマッチして、美味しいです。


おススメは。。。ワサビドレッシング、ポン酢等々。。ご馳走様でした。。




2016-10-04

藤井寺の祭り

ご無沙汰です。。。


台風が来る度に、こんな天気が続いています、秋晴れの空が見たいよ。。


二日前の、十月二日は、藤井寺市の、50周年記念を祝って駅前で。。


だんじりと、蒲団太鼓のパレードが有り、藤井寺市民は大喜びでした。


でもね・・・この小山地区は、悲しいことに、役員達のいざこざで・・・


この地区一番大きな蒲団太鼓が欠席・・小山の人達も、がっくり、おまけに。。。


楽しい 「納涼盆踊り大会」も・・残念・・そのために、町の灯は消えたんです。。


パレードが終わり、地元に帰る時に、小山の町の中を通ってくれました。


DSC03337_20161004162610b72.jpg


大井地区のだんじりが赤と白、何とにぎやかな事です。。


DSC03342_20161004162610c35.jpg


北條地区のだんじりは、白と紫、どっしりと賑やかな雰囲気。。


DSC03345.jpg


小山の、お祭りおばさんは、大喜びです。。


本祭りは、10月8日~9日です。。


この、お祭り若衆達は、 この、いで立ちで、楽しむ事でしょうね。。


頑張れ。。 町の灯を消さないでください。。



プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる