2017-03-29

反物が、帯に、服に変身

3月も後2日で、終わろうとしています、春ですね。。


朝、夕は、まだまだ冷たく、うすら寒い毎日です、春が恋しいです。


先日、知人から、お家のお引越しのため、要らなくなった着物を頂きました。


反物で頂いたので、ほどく手間も無く、すぐに活用出来ました。


むすび帯を作って見る事に、「文化帯」  です。。


DSC05127_20170326182648406.jpg


綿ですが、紬のような織り物のようなので、帯にと思い。。


DSC05097 - コピー


チョット、いじって、今流行の 「角出し結び」 も結べます。。


着物も、気軽に着れるのがいいですね、むすび帯なんて、最高です。


DSC05126_201703261826464ad.jpg


又、何処かで、着物を着て出かけるかも、な~て、思ったりして。。


楽しみが、また増えるかもね。。


DSC05130_2017032618324121c.jpg


この色、この柄なら、割かし、なんの着物にでも、会うかもしれないしね~。。


DSC05175_2017032915400933d.jpg


残りの布で、涼しそうなスモック調の服も、縫ってしまった~。。。


みんな手縫いです、チクチクと、一針づつ、1週間かかって。。


ミシンなら、二~三日で出来たのにね、まぁ~いいって。。


手作りの良さが感じられる、作品?? 自分が、良かったら、いいねん。。


あ~服の裏は、めくったらアカン、 あら捜し、せんとってなぁ ~


スポンサーサイト

2017-03-26

小手毬の花

今晩は、まだまだ冷たい春です、雨になりましたね。


一雨、一雨ごとの暖かさ。。そうですね、もう少し辛抱しないとね。


この寒さ、応えますね、先週のお店の生け花は。。


こで毬と、カーネーションピンクです、柔らかい色で春らしく。。


DSC05049_20170318190130ecb.jpg


こで毬は、バラ科の植物で、下柘植の仲間です。。


DSC05086_20170321100758b4d.jpg


中国は広東地方の花です、開花は、4~5月の中頃です。。


小さな花が、丸く集まり、手毬ののように咲く事から、「小手毬」になった。


DSC05055_2017031819013959d.jpg


枝葉、弓状に垂れ下がる、 生け花や、庭木として利用されています。


DSC05056_20170318190141134.jpg


誕生花は、4月。。。花言葉は、友情、です。。


DSC05092_20170321101339a34.jpg


これによく似た花は。。。雪柳が有ります。。


私の庭で、雪柳が、ちらほらと咲きだしてきました。。


その下で、ハナニラの蕾も、シャガの花芽が付きだしています。。


グミの木にも蕾が。。もうすぐ春です、えっもう春でしたね。。


暖かくな~れ。。


2017-03-23

指をくわえて

今日は、少し寒いですね、春はすぐそこまで来てるのに。。


今月の、我が店の写真は 「白川郷」 「魅せられて大和路」さんの写真です。


来月は、何になるか、楽しみですね、きっと春になっているでしょうね。


昨日は、体調を崩して、気分が悪く、医者へ。。


去年の胃カメラでは、異常なし、綺麗なものですよ。


少し様子を見て、カメラはそれからにしましょうと。。


薬だけ頂いてきました、昼も食べれず、夕食も食べれず、。。


DSC05108_20170323164636677.jpg


その、日の食事は,鮭のバター香味焼、カボチャ、ピーマン添え。


DSC05116.jpg


しめじの、カレースープ、おいしそうやなぁ~。。


食べない私が、せっせ、せっせ、と作るけど、指をくわえて作る、小夏です。。


DSC05115_20170323164827de8.jpg


もし食べて、辛くなったらどないしょう、美味しそうなんやけどなぁ~。


寝る前に少しだけ、お粥をすすり、ちょこっと、元気が出たかも。。


食べないと言うことは、しんどいものですね。


今日は少し食べました、湯豆腐、柔らかく炊いた大根、ヨーグルト。。


やっぱ。。元気がええわぁ~明日はもっと元気で頑張ろう~と。。


2017-03-21

マーガレット

おはよう~さんです。。。


朝からのブログって初めてかもね、雨ですが、この雨は。。


桜の咲には、嬉しい雨なんですね、きっと蕾が喜んでいるでしょうね。


我が家の花壇にも春がやってきました、マーガレットです。。


マーガレットは、キク科の花です、3月~7月頃に開花します。。


DSC05084_2017032110422902a.jpg


アフリカ、モロッコ沖の、カナリア諸島原産です。


DSC05083_201703211042298d4.jpg


明治時代に日本に渡来したと言われています。


DSC04995_20170321104312625.jpg


ギリシャ語で 「真珠」という意味だそうです。。


真珠のように可愛くて、清潔感があり、誰もが好きだと言う花だと思います。。


DSC04996_20170321104313156.jpg


花色は、白、ピンクが主ですが、赤、黄色、紫と、色々改良されています。


DSC05082_201703211042272f0.jpg


若葉が春菊に、似ていることから、「木春菊」と言われています「和名」


デンマークの国花です。。


花言葉は、。。「真実の友情」 「愛の誠実」。。


2017-03-15

麒麟草の花

今日は、 冬に逆戻り、雪が降っている所も、有るようです。


我が屋の庭には、春の気配が、満載ですね、馬酔木も咲き。。


麒麟草も明るい色に輝いています。。


DSC05027_201703151446317ff.jpg


毎年咲くのを心待ちにしている花の一つです。


麒麟草。。ベンケイソウ科、多肉草の植物のです。。多年草、


DSC05028_20170315144633231.jpg


「和名」は、黄輪草と表記されることもある。


DSC05033_201703151446364f3.jpg


麒麟草は、春になると多数の茎が、まっすぐ伸び高さ20~30センチぐらい。。


星形で、1センチ弱の、黄色い花を多数咲かせます。


DSC05025_20170315144629c33.jpg


冬は上部が枯れ、根元に新芽をのぞかせた、状態で冬を越します。


DSC05034_201703151446377e7.jpg


海岸や、高山、岩の上にでも自生するほど丈夫な植物です。。


普通の、宿根草のように育てられる植物でもあり。。


日当たりのある乾いた所でも、十分育ちます。。


庭での、観賞用にも、利用されています。。 可愛い花です。


毎年、春を感じさせてくれるのが、嬉しい花です。。


2017-03-13

馬酔木 (あせび)

今晩は、雨が止むと、寒さが戻りました、早く暖かくなってほしいね。


三か月に一度、歯の検診が有りました、この年になって褒められるのが。


歯と目だけです、老眼も無し、針に糸がすーと通、うそ~とよく言われます。


入れ歯も無し、うそ~ホンマなんです、それだけが自慢?かな。。


二年目の、馬酔木の花が咲くのを楽しみにしていたのです、


薄紅色した馬酔木の蕾が、二月の中頃から、ふっくらと、可愛い~。。


DSC04832_201703132322418db.jpg


馬酔木、(あせび) ツツジ科、開花は、三月~四月頃まで咲きます。


あしび、とも呼ぶ、壺の形の花を一杯咲かせる、色は薄紅色、白色。


DSC05006_20170313232442841.jpg


かすかに、香りが有ります。。


DSC05016_201703132324471c6.jpg


枝葉は、「アセボチン」という、有毒成分を含んでいて。。


馬が食べると、酔って足が萎える事から 「あしじび」と呼ばれ。


このことから、馬と言う漢字が使われたとされる。。


DSC05018_20170313232447995.jpg


次第に変化して、「あしび」~馬酔木(あせび)と呼ばれるようになる。


DSC05021_2017031323245098c.jpg


葉を煎じたものは、「殺虫剤」として使われるようになった。  


スズランの花に似た、小さな房状に。。


たわわに咲かせる馬酔木は、日本の山地に、良く自生している。


庭木としても、良く利用されています。。


2017-03-11

佐藤家の御雛祭  お気に入り

今日は、東北の震災から、早もう~6年もたっていたんですね。。


みんな幸せに、ならんと。。


佐藤家の雛人形を、見せて頂いて、幸せですね、みんなの目が。。


可愛い、ひな人形に、注がれているんです、顔もほころんでいます。。


幸せそうな、お雛様。。私のお気に入りは。。


お琴の音色が、聞こえたような気がするほど、眺めていたのが。。


DSC04951_20170307144632b5d.jpg


このお人形でした。。静かな雰囲気が感じます。。良く出来た人形ですね。。


DSC04961_20170307144758c90.jpg


知ってますか??、昔の電話です、今では信じられませんがね。。


ハンドルを手で回し、マイクに口を付けて、受話器を耳に当て。。


知っている人は、相当のお歳では。。。あなたよ。。


DSC04952_201703071446338de.jpg


このお雛様の顔が、とても綺麗でした、美女と、イケメン。。


DSC04945_201703071446272ff.jpg


見るからに、なんとも古めかしく感じる、着物、金屏風など。。


そして、お顔が、セトモノのようです、焼きものですね。


お肌の艶が、いいですね。。


佐藤家の御雛祭も、見納めとなり、寂しいです。。。


またどこかで、お目にかかれると、いいですね。 


ご苦労様、ありがとうございました。。

2017-03-10

佐藤家のお雛祭り 3

今日は、寒いですね、春なのに~今、ヨガから帰ってきました。。


行くときは、寒かったのに、帰りは体がほこほことしてるね。。


佐藤家のお雛様です、裏に回って行きます、楽しみですね。。


DSC04932_20170307144356d3f.jpg


丸で、お蕎麦屋さんの,暖簾のようです、中はカウンターになっています。


DSC04919_2017030714434272e.jpg


後ろの棚には、おもちゃのお道具が、飾られています。。


DSC04922_20170307144345ad9.jpg


小道具がやおままごと道具が、一杯揃えられていました。、


DSC04920_20170307144344ab4.jpg


す~と、お抹茶と、お饅頭が出されました、無料なんですって。。ラッキー


結構なお手前で、美味しゅうございました、ご馳走様です。。


DSC04929_20170307144351635.jpg


カウンターの上には、可愛く手素敵な、苔玉の盆栽が。。

DSC04927_201703071443481c5.jpg


7っ、8っと、とてもセンスのいい苔玉が並んでいました。。


DSC04928_20170307144349c46.jpg


おもてなし。。ありがとうございました。。


DSC04931_201703071443558fc.jpg


裏の暖簾を知らない人が、沢山いらっしゃることでしょうね。。


明日は、佐藤家の私のお気に入り。。


最終回を投かんします。  


2017-03-09

佐藤家の御雛祭  2

今日は、朝は思い切り寒いです。。


春だというのにね、三寒四温、言葉通りですね、辛抱しなさいよ、とね。。


お人形が大好きな私は、小さい時から、何時もお人形を抱えていたようです。。


佐藤家のお雛様を見る事に、玄関へ、下駄箱の上には。。


下駄、草履、高下駄、雪駄、こっぽり、草鞋、絵日傘、などが一杯。。


DSC04910_20170307144159b01.jpg


正面にドンと陣取った、素晴らしい五段飾りのひな壇が。。。


DSC04911_20170307144200fc6.jpg


いい御顔の内裏雛ですね。。


DSC04914_201703071442024bf.jpg


後ろには、着物をパッチワークのした物ですね。


前には五人囃子が、賑やかな事です。。??


DSC04915_20170307144203876.jpg


丸顔で、可愛いひな人形ですね。。


私の父が、初孫にと買った、ひな人形が、丁度こんな感じでした。。


DSC04916_20170307144205cbf.jpg


そのお雛様は、今頃、暗い押し入れの片隅で、眠っているのでしょうね。。


佐藤家裏通りに、裏口が有ります、行って見る事にします。。


お抹茶と、お菓子のセットが、ご用意されています、何と、無料なんです。


いったん、表へ出て一筋裏です、ここには。。?


お雛様のおままごとの、お道具が沢山展示されています。。


行って見ましょう。。。 明日へ。。続く。。。


2017-03-07

佐藤家のお雛祭り 

今日は、御雛祭も過ぎてしまいましたが、出遅れたしまいました。


我が住む町で、「佐藤家の御雛祭」 ちょっと有名なんですよ。。


何百体という見事な数には、恐れ入りました、ですね。


100年以上も前の、昔のお雛様まであると言われています。。


300坪の御屋敷の二階までお雛様で、豆粒から、大きい物までぎっしりです。。 


DSC04934_2017030714435892f.jpg


ご案内いたします。 門を入った所に、土筆ん坊 の植木鉢。。


土に刺した、筆のように見える事から、土筆の漢字を当てられました。


DSC04933_20170307144357ba6.jpg


土筆はスギナの子、「土筆誰の子、スギナの子」 シダの仲間、トクサ科。。


DSC04935_201703071444017be.jpg


杉の木によく似ている形の植物、最も小さいと言われています。


DSC04938_20170307144626888.jpg


置き石の上には、大きな鉢にツバキの花が、おもむろに優しい姿。。


DSC04903_20170307144054deb.jpg


少し奥へ進むと、桃の花の蕾の中に可愛いお雛様が、すまし顔。。。


DSC04904_201703071440557ac.jpg


玄関横の木戸を入ると、大きな石の灯篭の足元で、素焼きで、すまし顔。。


DSC04906_20170307144155e97.jpg


何時もは池に浮かんでいる船、今日は雨を想定して、軒下で船出を待つ。。


DSC04907_20170307144158328.jpg


どうです、玄関に入るまでに、まだまだ楽しめるお庭です。。


船の上で、ひな祭り、楽しそうですね、さて、そろそろ、玄関へ入りましょう。。


続く。。



2017-03-02

私の ひな祭り (自分ひな祭り)

灯りを付けましょ~♪ ぼんぼりに~♪。。


お花を上げましょ。。♪ 桃の花~♪~。。


今日は楽しい♪~ ひな祭り~♪。。


子供と歌った、「ひな祭り」の歌も、今は小さく口ずさむだけ。。


大きくなった孫達も、それぞれ家庭で楽しんでいる事でしょうね。。


DSC04818_20170302220328f20.jpg


その分、寂しくなった、親がいる事を、ひな人形が知っているね、きっと。。


ひな人形も娘から孫へと、受け継がれて行きました、やがて現在風に。。


DSC04820_20170302220331eaa.jpg


私も、女の子?女の端くれ、女の節句を、密かに、「自分節句」を。。


DSC04815.jpg


25年ほど前に、小さな、可愛いお雛様を買っています。。


DSC04821_20170302220415d22.jpg


パッチワークの、お雛様を作り、和紙で女の子の押絵を作り。


桃の花を生けて、お雛様を楽しむ、今流行りの。。。


「自分ひな祭り」を 甘酒を飲んで 密かに祝うことに。。


2017-03-01

青と白の花器。。

もう~3月ですね、早いものですね、御正月だぁ~と騒いで。。


2か月が過ぎてしまった、何をしたんやろね、何の成果も無し。。


よ~し、3月から頑張るぞ、こればっかりやね、これで、うん十年過ぎたよ。。


ひなまつりも、目の前やし、 そうやなぁ~寒かったしね、寒いせいにしとこ。。


先日、お友達が、家を建て直しのため、荷物整理、こんな素敵な。。


DSC04788_20170301170403d13.jpg


花瓶が出てきたので、私が頂くことに、相なりました。。


DSC04781_201702282310000c1.jpg


早速、春らしい生け花を、家にある花で、活けて見ました。。


DSC04777_201702282309553b9.jpg


青と白で、真上から見たボタン花が、いち輪、丸丸描かれています。


壺の口元には、雌蕊まで描いてあります。


DSC04808.jpg


青と白の、花器には、どのお花を生けても、お似合いですね。。


ピンクのスイトピー、優しい色合い。。


麦の穂と、フリージアの黄色が映えますね。。


大事に使わせていただきます。。ありがとう。。。

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる