FC2ブログ

2019-02-27

餃子、美味しい~

今晩は、日差しが春のようです。。


朝も少し早く、明るくなリました、目が覚めると、「あっ」と飛び起きます。


まだ 6時前、「ホット」としますね。


先週、久しぶりに餃子が食べたくなり、作りました。


DSC02593_2019021619442848f.jpg


食べたい時に食べるのが、美味しいんですよね。


昔は、400個も作っていたんです、娘の家に、息子の家に。。


DSC02595_2019021619443192e.jpg


お友達に家に、30~40個位、配達です。。


沢山作ると、旦那が怒る、何でかと言うと、「配達人」です。


DSC02594_201902161944297f5.jpg


嫌な顔をしていきます「いやな顔をしたらアカン」。。


皆に喜んで頂けるのに、損なお人ですわ、ブツブツ言って出かけます。。


息子は、「あっ。。旨そう~」と言うと、やっぱり、一皿もって帰りました。


お持ち帰り、配達無しです、お孫ちゃんや、お嫁ちゃん達が喜んでくれます。。


私達は、歳ですね、沢山食べられなくなりましたね、でも。。


久しぶりに食べる、「餃子」は美味しかったなぁ~。。。


又作ろ、餃子の中の具は、大量に作り、冷凍にしてあります。


食べたい時に、すぐに、作って食べる事が出来ます。。皮、買いに行く。。


私の餃子は、ニンニクは入れません。。苦手。。。


ニンニクが無くても、皆が美味しと言ってくれますよ。。


お世辞、かも知れませんけどね。。。


餃子は、よく売れるんですね(よく食べるんです)。。


スポンサーサイト



2019-02-23

手編みの ポンチョ

今晩は、可愛いポンチョを、編みました、あの寒い真っ只中でルンルンでした。


早くしないとね、寒さが、何処かへ行ってしまいそうですからね。


孫ちゃん達にと、大人物と一緒にセッセ、セッセと編み上げました。


間に合うと、いいなぁ~と思うのですが、なんせ、最近少し暖かい感じ。。


DSC02518_20190213232240ebd.jpg


早く届けないと、スーパー銭湯へ行く途中に、娘の家に無事届たけど。


大人用は老人ホームの知り合いの、おばあさんへ届けるつもりです。。


DSC02515_20190213232236e82.jpg


先週ホームへ行く予定でしたが、電話でお留守だとか、おまけに館長さんが・・


「今インフルエンザが流行っていますので、家のホームでは今の所。


誰も掛かっていませんが、みんな元気です、暖かくなってからに」と電話で。。


DSC02528_20190213232400839.jpg


このポンチョも、暖かくなったら、使えないのよね。


ホームへのお土産「全員に」とおばさん用に、買ったのに、残念なり。


あ~どないしょう、こんなに沢山も、少しずつ食べる事に、・・・。。


太るよね。。


2019-02-21

ガーベラ

今日は、寒さも少し和らいでいるようですが、まだまだですよ。


まだ風が冷たいようです、三寒四温の繰り返し、春はまだですね。


生け花の世界は、一足早く、春を先取りです。


雪柳とストック、ガーベラで春満開、見ているとホッとしますね。


ガーベラは、キク科の多年草です、和名がガーベラ、そのまんま。


主に、南アジア温暖な場所に、分布します 。


DSC02520_20190213232243a35.jpg


ガーベラは、まっすぐに伸びた花茎から、5~10センチの可愛い花を。


沢山咲かせてくれます、比較的、育てやすい花とされています。


DSC02521_20190213232244a63.jpg


冬は一度、地上の部分が、枯れてしまいますが、寒冷地以外なら。


そのままにして置けば、翌年の春には、再び出します。


DSC02524_20190213232249d18.jpg


種類は、大輪の物から 「ミニ、ガーベラ」 花の改良種まで多彩な。


品種があります、花色は 赤、オレンジ、黄色、ピンク、紫等。。


DSC02582_20190216194336690.jpg


豊富な、明るい色があり、春咲、秋咲の二度の開花を楽しめる種類もある。


ガーベラは、鉢植えから、切り花で、アレンジフラワーなど。。


色別のブーケなどにして、花言葉を添えて贈り物にも、楽しめます。


透明のガラスの花器に、長い花茎を、投げ入れで、大胆に。。


生けても。。。素敵ですよ。。。



2019-02-19

菜の花の贈り物

今日は、久しぶりの雨です、お店も休みなんですが、雨のため。


外には、一歩も出ていません、終活のお片付けを、しなくっちゃ~アカン。。


小さい引き出しは、片付いたが、上の棚、押し入れの天袋は、ハシゴがいる。


特に雨の日は気が進まない、晴れに限るんですよね。


DSC02559_20190215233053165.jpg


日曜日の、夕食の一品に、菜種の花を、お浸しにしました。


菜の花にどんな栄養?、有るんですよ、健康パワーがたっぷりと。。


DSC02561_20190215233056ddd.jpg


まず、癌のリスクが下がるんです、最高ですね。


アブラナ科の野菜、ビタミンA、「B」「C」をはじめ、カルシウム。


鉄分など、バランス良く含まれています。


DSC02564_2019021523310057e.jpg


抗ガン作用で大注目、イソチオシアネートもたっぷりです。


どろどろの血をサラサラに、 肝臓の解毒作用を高める。


ビタミンBがニキビ予防、ビタミン類が、肌荒れ、老化での骨粗しょう症。


DSC02565_20190215233245ba4.jpg


イライラする、ストレスが多い、貧血を予防する。。


これから出てくる老化の悩みなど、たかが、菜の花が。。。


こんなに、驚きの、秘められたパワーが有るんですね。


今の時期だけですね、柔らかくて、栄養満点、美味しい。。


菜の花を、食べないとね、 是非お浸しで健康を頂きましょう。。


白みそ、ゴマ油、お酢、いりごま、マヨネーズ、胡麻ドレッシング。


カツオの粉など、色々な工夫で頂きましょう。。。


2019-02-16

バレンタインのチョコレート。。

今日は、16日ですが、バレンタインのチョコ届きましたか。


あ~ごめんなさい、届いてない~まぁ~いいじゃないですか。


私にも届きましたよ、私から私へね、ここ5年ほど前から、自分チョコ。。


少し、お高い物で、美味しい物を、よく働く自分に、あげちゃう。。


DSC02508_20190213232147d4d.jpg



美味しい物は自分にあげる、これが私のバレンタインと決めている。


でもね、私にチョコが届いたんです、お孫ちゃんからね。


DSC02549_2019021523295074f.jpg


スヌーピーの箱に入った、ハート形のチョコがね、とても嬉しいですね。


DSC02550_20190215232951ad6.jpg


チョコを食べながら、編み物をするのよ。


DSC02506_20190213232144024.jpg


レモンジュースを飲みながら、小さなケーキも一緒にね。


DSC02511_20190213232152fbe.jpg


楽しいんです、こんな、バレンタインも素敵だと思いません。


このレモンは、お友達のお庭にある、大きなレモンの木から頂きました。


DSC02578_20190215233302630.jpg


旦那は息子の、お嫁ちゃんから頂いたチョコです。


凄い数ですね、もちろん、私も横から手を出して、美味しいチョコを。


頂いたのはもちろんです、だってバレンタインですものね。


来年も、? 食べれるかなぁ~。。


2019-02-11

レンギョの花&スターチスの花

今晩は、遅くから申し訳ありません。。


寒い日が続きます、お風邪など引いておられませんか。


春の花が続iいて投函す、れんぎょの花と、スターチスの花です。。


レンギョの花は、(もくれん科)で、開花時期は、3~4月頃です。


古名は、イタ千草、中国原産で、沢山の花が咲き、真っ黄色の花です。


DSC02424_20190204184357aaa.jpg


真っ黄色に染まるので、とっても美しいく素敵です。


普通、レンギョは、シナレンギョ、朝鮮レンギョ、の3種類があります。


見分けが難しく、ほとんど同で、特徴は、花弁が4枚です。


DSC02427_2019020418440218c.jpg


スターチスは、ギリシャ語で(リモニュウム)磯松科(いそまつ)。


波打つと言う意味です、お花屋さんの店先でよく見かける花です。


DSC02425_20190204184359d63.jpg


紫、青、ピンク、白、薄黄色、などいろんな色の花が有ります。


ドライフラワーとして、良く使われています。


DSC02429_20190204184405181.jpg


千日紅も、ドライフラワーとして有名です。


地中海沿岸原産で、花言葉は。。。「知識、変わらぬ心」


寒いです、皆さん風邪など引かれませんように。。





2019-02-06

チューリップと菜の花

今日は、寒さも今日は和らいだ感じに思いますが。。


まだまだ、油断は禁物ですよね、まだ寒い日が来ることを覚悟しないとね。


キイチゴの木、そしてチューリップ、菜の花の生け花ですが。。


皆が知っている、チューリップは、ユリ科の花です。


春の花壇を彩る代表的な花です、日本には江戸時代に入ってきました。


DSC02362_20190125234128f76.jpg


当時はとても、高価でした、日本で球根の栽培が始まって、復旧は。


大正時代以降でした、昭和初期に、童謡にも歌われた事から。


子供から大人まで、誰でも知っている馴染みの深い花となりました。


DSC02381_2019012523431995c.jpg


菜の花、この花も春を代表する花、 アブラナ科の花です。


2月~5月頃、一面黄色に群生している様が、素晴らしいです。


菜の花は、春に普通に見かけるのは、ほとんど西洋アブラナの花です。


DSC02364_2019012523422210d.jpg


菜の花は、蜜を作る(ミツバチ)原料として、養蜂場業者の人達が。


九州からの暖地から、花期に従って、北上して菜の花のその蜜を集めます。


DSC02369_2019012523422931f.jpg


3月の桃の節句の(お雛様)の桃の花と共に、菜の花も飾られます。


菜種油を採る花は、油菜の事で、40%が油分です。。


DSC02368_201901252342288d8.jpg


油は、灯油、食用油、潤滑油となり、搾りかすは畑の肥料として。


使われていましたが、今は、ほとんど化学薬品等が使われる時代となり。。


DSC02384_20190125234323f1c.jpg


時代の移り変わりに、染められている事に驚きですが。。


花の美しさ、何時までも変わらず、愛おしく思う日々であることでしょう。。


2019-02-04

節分、巻きずし

「鬼は~外、福は家」 そんな声が聞こえてきた昔が懐かしいです。


最近は、「鬼は~。。」「福は~。。」、そんな声が聞けなくなりました。


お父さんが豆をまく、子供は歳の数だけ豆をひらって、食べる。。


「大人はええなぁ~ぎょうさんお豆さんが食べれて」って言った事が。


世の中も変わったものですね、最近は、「巻きずしを丸かじり」。。


DSC02432_20190204184409132.jpg


恵方を向いて、喋ることなく食べると言う、無理です、私はね。


喋ってしまいます、だからええことが無いのか~。。


DSC02433_201902041844117df.jpg


節分って? 季節の別れる日の意味です、明日から「春」ですよ。。って。


立春、立夏、立秋、立冬、などが季節の分かれ目の前日を指します。


DSC02435_20190204184413dac.jpg


季節の変わり目には、邪気が生じると考えから、様々な。


DSC02436_20190204184415e14.jpg


鬼や邪気を払いの儀式が行われています。


イワシの頭、ヒイラギの葉、煎り豆、などは節分の必需品でしたね。。


巻きずしは何処から、出演したのでしょうね、手間が省けていいけどね。


世の移り変わりを見たような気がしますね。


この巻きずし、アナゴが丸ごと一本入ってます、美味しいですね。


2019-02-02

冬桜、

今晩は、インフルエンザが大流行だそうですね。


私も今は風邪気味ですが、インフル・・ではなさそうで、やれやれです。


鼻水が流れてきます、喉が痛いです、良くなってきました。


今は、声がれ、私の美声は、何処へやら、ハスキーな声だ事。。


DSC02321_20190116153855b7a.jpg


風邪気味の時は、ブログも少しお休みさせて頂きました。


先週の生け花は、冬桜です、 冬の寒く澄み切った空に。


DSC02358_2019012523412261d.jpg


凛とした姿で咲く事から、冬桜と言われ、山桜とマメザクラが。


交配して、生まれた桜の雑種の事を指します。


DSC02361_20190125234127895.jpg


花は中輪サイズで、白~淡いピンク色の小さな花弁を咲かせます。


DSC02343_20190121230857f2b.jpg


10月から12月と、4月の2回、咲く事から、四季桜とも呼ばれています。


少しずつ暖かくなり、梅の蕾も、そろそろ膨らんで春を待つことでしょうね。


やっぱり暖かい光が恋しいですね、。。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる