FC2ブログ

2019-05-30

パソコンがつぶれたよ~。。

今日は、大変長い間、お休みになっていました、大変、びっくりする事がありました。


突然、パソコンが、ストップ・・・何も出ず、画面は真っ黒のまま..


あら~大変であります。。。


すぐに息子を呼び、見てもらったのですが、全然起動せず・・いろいろと・・・


見ていたのですが、どうしようもなく、買い替える結果になるという・・ことに。。


素人が使うもの、高級なものは,いらない、ネットで買うとか、私はお金を出すだけ。


三日目に届き、データーが・・写真、二万枚ぐらいは・・ブログ、メール、洋裁。


筆まめ、住所録、、古いパソコンの裏を開けて、データー部分を取り出した。


何とか、取り出すことができましたが、わたくしにはできる技ではないでしょうね。 


当たり前のこと、とはいえ、年寄りにはこの作業は・・・無理・・・。。。


DSC03743_2019051723361234f.jpg



丸一週間、寂しくて、たまりませんでした、今日から一応、テスト中でが、


ブログを、書かせていただきましたが。。


DSC03187_20190413192128843.jpg


皆様のもとへと、届くことが出来るのでしようか、危ういことですすが。。


届きましたら、そちらのほうで、パチパチと、拍手などしてやってくださいね。


お願いします、  皆様のもとへ~とどけ~~お願い~。。。


写真は、近日の朝ごはんです、 焼きバナナ、ヨーグルト。。


次は、自家製のトマトシロップと、リンゴの煮たもの、簡単で美味しい。。


ジャム代わりにも、なるので、おやつにもなり、あっさりと美味しいですよ。。。



スポンサーサイト



2019-05-20

アマリリスの花


DSC03669_20190509133356f74.jpg
今晩は、大雨になっている所があります、今家にいる事が、幸せです。。


大きなアマリリスの花が咲きました、大きな花が咲きましたね。


アマリリスが、3鉢有りますが、一鉢だけが咲きました、大きくて。


三つも頭を持ち上げています、毎年咲く鉢が決まっているんです。

DSC03634_20190505141004429.jpg


アマリリスは、鮮やかな色を、すっと立ち上がる太い茎に咲かせます。


アマリリスは、南米が原産で、草丈は、40~80センチ位の彼岸花科です。


DSC03672_20190509133401d03.jpg


彼岸花科だけあって、有毒植物です。


毒の有るのは、球根、花、葉の部分で、中毒症状とは。。。


DSC03686_20190511232412b8f.jpg


嘔吐、下痢、血圧低下、肝障害、などが有るそうです。が。。


DSC03710_20190515225033798.jpg


人はあまり聞きませんが、庭に植えた球根を、犬が土を掘り起こした。


例もあるそうです。。大切な家族に、庭をホジ,、ホジさせないでくださいね。


大事なワンちゃんを、守ってあげてくださいね。。


2019-05-19

ミニトマトが。。

今日は、外は風が涼しい?く、少し強いですが日が照ったり曇ったり。


変なお天気です、お部屋の模様替えも始めました。


こたつを上げて、買いたての、夏用のラグを引きました。


涼しく感じる最近の素材が、素晴らしい、色も水色で、初夏?らしい。。


今回は、珍しく、ミニトマトを植えました、旦那が苗を買ってきたのです。


何も考えずに、「これ植えて」??私は野菜は育てたことがありません。


「え~っ」と言うと、それやったら、「ほって」 これ分かりませんね。


大阪弁、河内弁で、捨てる事を 「ほかす」「ほって」と言います。


捨てる、と言われても、「もったない」と、思い空いている鉢に。。(3月19日)


DSC03741_201905172336098ea.jpg


花が咲き、見ると小さな、5ミリぐらいの小さな緑の「トマト」がなってる。。


DSC03366_2019041922534761d.jpg


一度も水やりもしない旦那、初めて覗いて、「ホンマや~」~。


「ほんまや~」 それぐらいは、誰でも言うと思いますけどね。


DSC03740_20190517233608c95.jpg


ミニトマトには、 大玉、中玉。ミニトマト、など有ります。


初心者には ミニトマトがお進めだそうです、食べる物ですから。


DSC03711_20190515224843163.jpg


気が抜けません、お花のように気楽に育てたいものですよね。


買ってきた、本人は、気楽なもので、結構めんどうです、水のやりすぎ。


DSC03742_201905172336110ad.jpg


水の少なすぎ、肥料のやりすぎ、肥料の少なすぎ、葉が育ちすぎて。


身がならないそうです、面白い事に、一番目に咲いた花には。


必ず、トマトの実が、出来るんだそうですよ、今では10個の赤ちゃんトマトが。。


ベランダで育てているので、蜂や蝶が少なく、実が少ないのでは?。。と。。


花を、指で、軽くはじいて、花粉を飛ばせていますが、これ?いいのかな。。


教えてくださいね。。。お願いします。。。

2019-05-18

君子蘭

今日は、雲の多い費です、風邪も少し冷たく感じます。。


昨日とは、えらい違いを感じます、まだ、こたつが片付けられないのかな。


早きすっきりとしたいです、衣替えは早く終えたのにね。


又お花ですみません、今日は、君子蘭、の葉なんです、残念ながら。


もう早く、散っているんですがね、遅れちゃいました。


DSC03368_20190419225350fe6.jpg


君子蘭は、彼岸花科 南アフリカ原産、3月~5月にかけて。。


オレンジ色の花弁と、オモトに似た艶やかな葉が印象的です。


DSC03477_20190427223850985.jpg


最近はいろいろなバリエーションも増えて、高価な花もあり。。


蘭の中でも、国内では、見かける機会が無い、希少な原種もあるとか。。


DSC03479_2019042722385367c.jpg


君子蘭の花言葉は、  「情け深い」 「誠実」 「貴い」。。。


花の名の元となったのは、高貴。君子。(人格が、優れている、意味)。


DSC03509_20190501185939633.jpg


が、由来となったとされています。


3月~5月頃に開花が始まり、花色は。。オレンジ、黄色、緑等。。


2019-05-16

ゴテチャ

今日は、いいお天気でした、朝から花壇を綺麗にして御水やり。。


春はブログの投函は、花が多くなりがちですね、小さなお庭やのにね。


もう少し御辛抱願いますね。。


今日は珍しい花です、ご近所のおばさんが、可愛い、可愛い。。


ゴテチャの花を 「家で咲いたから」と言って届けに来て下しました。


DSC03700_201905112325214f5.jpg


どうですホンマに可愛い花ですね、アメリカを中心に20種類が分布する。


アカバナ科の、一年草です、花期は3月~8月頃、花を数多く。。


DSC03697_20190511232516633.jpg


固まって、数多く咲せます、四枚の花弁を持ち、花弁は、サテンのような。


光沢と、透明感が有ります、一輪の花は短命ですが、蕾が次から次へと開花。


DSC03707_201905112325328fe.jpg


二週間ほど咲き続けます。


切り花にしても、花持ちが良く、小さな蕾まで開花します。。


DSC03701_201905112325221f8.jpg


基本の花色は、ピンクですが、品種改良園芸品種では。。


赤、オレンジ、紫、白、とカラフルに揃います。


一重や、八重も大輪もあり、大変育てやすい花です。


一年草のため、秋蒔き、春巻きが有り、寒さに強く、厚さに弱い。。


花ドロボーおばさんに、取られないようにね。。   今は大丈夫、花瓶だからね。。


2019-05-14

箱根ウツギの花

今晩は、外は雨です、少し冷たい雨です、去年はどうだったんだろう。


もう少し、、暖かった様な気もするんやけどね、又長袖を出してきています。


五月の花も、もうすっかり色失せてきました、次はどの花が咲くんやろう。


私の庭では、「 箱根ウツギ 」の花が、今真っ盛り、とても可愛い花ですね。


あんまり見かけない花です、この花はご近所の花好きのおばさんが。


小さい植木鉢に、20センチ位の「 箱根ウツギ 」の挿し木で育った苗です。


DSC03433.jpg


我が家にやってきた、「 箱根ウツギ」 は、すくすく育ち、2年でこの状態。


空木と書きます、箱根ウツギは、スイカズラ科の樹木で、日本に分布する。


DSC03435_20190423131625721.jpg


開花は、5月~6月中旬~海岸ちかくに自生する。


箱根付近でも自生する、花の色は、蕾の時は白く、咲くと次第に。。


DSC03470.jpg


赤に変化していく、二色ウツギに似ているが、凄く似ているので。


看板などが無い限り、ほとんど区別がつかない。


DSC03491_2019050118580214e.jpg


ちなみに 「箱根ウツギ」は、海岸に多く自生する、二色ウツギは。


山地にも多く自生する。


DSC03608_20190501191039c9e.jpg


北海道から、九州にかけて、広がっており、主に、海岸や。


日当たりの良い場所に自生しています。


DSC03622_20190505140853138.jpg


「箱根」 と名前が付いていますが、箱根に自生は少ない様です。


よく似た花を、咲かせる、ニシキウツギがある。。


日本に自生するだけあって、耐寒性に優れた樹木です。


成長が早く、よく枝を伸ばすので、、毎年の選定が必要です。


丈夫で、育て良い花木です。。。

2019-05-12

母の日のプレゼント

今晩は、今日、息子のお嫁ちゃんから、「母の日」のプレゼントが、


届きました、何時もの事ながら、母の日である事を、忘れているんです。


だらか余計に、嬉しく感動しました、早速お店のカウンターに置きました。


しばらく楽しめる、可愛い 「胡蝶蘭」 色も鮮やかで綺麗です。


DSC03703_201905112325259ad.jpg


二年前に頂いた、紫のアジサイの花が、今年も七つの蕾が付き。


梅雨の頃に、咲こうと待っているようです。


DSC03709_2019051123253422c.jpg


去年は、紫陽花の花(紫) が十三本も蕾が付き、見事に咲きました。


でも、ある朝から、一本、又一本、と鋏で切られていきます。。


DSC03705_2019051123252814c.jpg


残り六本に・・・トホホ花泥棒さんに、「やられた~」残りを守ろう。


それ以来、ベランダへ持ち上がり、花が終わると。。。


夏の暑さに合い、葉っぱが、枯れだしました、、だってね。。。


私のベランダは、西名阪高速の、すぐ側です、道路フェンスが。。


アルミで出来ており、反射等の熱で ベランダが、℃、48℃、。。


ベランダに出る事が出来ず、夕方になってベランダへ出る事にしています。


窓は閉めっぱなし、カーテンも引居たまま、クーラーもっ付けっぱなし。


室内は、クーラーが掛かっていても、 30℃は有ります。。


ベランダに置くと、厚さで可哀そうな、アジサイさんなんです。。


紫陽花は、下の花壇に置くべきか、花ドロボーさん。。。


御願い、花は取らないでくださいね、。おたの申します。。。


2019-05-09

平成から 「令和」へ

今日は、平成から、「令和」 に、10連休の慌ただしい途中に。。


時代が変わる、「 平成 」 に、ありがとう、いい時代でしたね。


時代の流れが変わりゆくのが、感じる事が、歳を取った証拠ですね。


「令和」 の由来は、万葉集、奈良時代の日本最古の歌集です。


DSC03665_201905090033410a5.jpg


七~八世紀頃 (奈良)に現在の形に近い物に、まとめられたと言われている。。


万葉集は、天皇皇族、歌人、さらに農民など、幅広い階層の人々が読んだ歌。


『 初春の 令月にして、 気俶く (きよく)


       風和ぎ (かぜやわらぎ) 梅は鏡前 (きょうぜん)の


           粉を披き (ひらき) 蘭は はい後の香を薫らす 』  


DSC03629_201905051409027ad.jpg


阿部首相のお言葉。。。。


「 春の訪れを告げ、  見事に咲き誇る梅の花のように、


 一人一人が明日への希望と共に、 それぞれの花を大きく咲かせる事が出来る。


そうした日本で有りたいとの願いを込めて 「令和」 決定した。」


私達は後少しです、頑張っていきます。平成 ありがとう

  
 令和も宜しく お願いいたします。

2019-05-05

子供の日の散らし寿司、

今日は、五月晴れです、今日は 「子供の日」ですね。。


連休のお休みは、今頃どこで遊んでるん、楽しんで遊んでや~。


子供の日は何時も、「散らし寿司」、または「稲荷ずし」を作る事にしてます。


やっぱり、「散らし寿司」 が好きなんです~私はね、あっ、お寿司は。


みんな好きやけど、本間は、すし飯が大好きなんです、美味しいからね。


5月5日は「端午の節句」で、五節句の一つ、三月三日、五月五日、七月七日。。


男の子が生まれると、健やかな成長を祝い、願う日でもあります。


DSC03655_20190505141118781.jpg


現代では、男の子だけでは無く、子供全てを祝って子供の日と名付けた。


子供たちも成長して、賑やかな事も無くなってしまいました。


DSC03641_201905051410153e8.jpg


先日、タケノコをを沢山頂いて、タケノコの 「土佐煮」 鰹粉と煮て冷凍に。。


散らしの具に、細かく切り、冷蔵庫の整理に、ま~美味しかったらええよ。


DSC03643_20190505141017db0.jpg


裏隣りに一人暮らしの、おばさんに、散らしずしのお裾分けです。


大変喜んで頂けました、そして、お隣さんへも届けました。


DSC03646_20190505141105b4d.jpg


この中で一番得意なのが、卵の薄焼き、「 錦糸卵 」 何ですよ。。


DSC03651_2019050514111247d.jpg


いい色に焼き上がりました、、本当に、「錦糸卵」ってうまい事言うね。


DSC03648_201905051411083f4.jpg


これは、卵によって、黄身の色と白身で、艶も違ってきます。。


DSC03656_20190505141157a5a.jpg


卵は選んだ訳では無く、お安くなっていた物を買っただけです。。。


腕が悪いぶん、真心と寿司好きが、頑張って作ってみました。。


美味しけりゃ~いいんです。。。いい子供の日を。。。


祝ってあげてくださいね、未来の子供たちに。。

2019-05-03

元祖、ガーベラの花

今日は、夕暮れになりました、静かな連休やな、車の音だけが聞こえるわ。


(そりゃそうや、すぐ横には、西名阪やもんな)。。何処へ行くんやろなぁ~。


帰って来たんかな~まぁ~なんでもええけどな、未だこの方、ゴールデンウイーク。


何て、休んだことが無い、そやなぁ、商売人やもんなぁ、しょうがないなぁ~。


何時まで働くんやろ、一生は働くんやろなぁ~春は、庭に咲く花をめで。。


楽しむ事も、心が癒されるんやもんなぁ、珍しいお花を見せてあげるね。


ガーベラ、何にも、珍しないけど、初期のまんまの姿やてぇ、珍しいやろ。??


DSC03430_201904231316185a9.jpg


二十五年ぐらい前になるけど、近所のおばさんに、元祖のガーベラやで。


と言うて、頂いた物なんです、毎年咲いてくれます、去年株分け二鉢増えました。


DSC03329_20190419225006d67.jpg


ガーベラは、南アフリカ原産で、菊科の多年草です、日本には、明治から。


大正の初期頃に、入って来たとされています。


DSC03312_20190419224753e72.jpg


当時(昔)の呼び名は、ハナグルマ、オオセンボンヤリ、等の。


呼び名で、親しまれていたんやて、ハナグルマ< 聞いて事あるけどなぁ~。。。


DSC02586_20190216194341277.jpg


育てやすいと言われていますが、花に水を掛けると、痛んでしまって。。


根腐をすると、花が咲きにくくなります。


土が乾いた時を見て、水を与えるようにしましょう。


一重の花と、現在の八重咲の花の違いが、よ~わかります。


品質改良がなされ、現在の花は、色も良く、華やかさがあり。


贈り物や、生け花、アレンジなどによく使われていて人気のある花です。。


2019-05-01

葛井寺の藤の花

平成にありがとう。。いい30年間でした、チョット淋しいけど。。


今日から新しい、「令和」の時代の始まりです。


宜しくお願いいたします、この命、何時まで続くのか、令和と、競争ですね。。


先日、地元の葛井寺へ、カメラを提げて藤の花を見に行きました。。


綺麗に咲いていますが、まだ先の方まで、花が咲ききっていません。


もう少し先の方が、いいのかもしれませんね。


DSC03516_20190501190101fa8.jpg


春に、白や薄紫の小さな花を、数珠なりに咲かせる藤の花。


DSC03527_201905011901174f3.jpg



藤棚から垂れ下がる、藤の花は、さながら、ブドウの房のようです。。


DSC03560_2019050119061846a.jpg


大きく分けて、フジには二種類あり、ノダフジ、ヤマフジに分かれます。


DSC03558_2019050119061408c.jpg


ツルの巻き方が、反対で、ノダフジは右巻きに巻き付けて行きます。。


DSC03549_2019050119050441f.jpg


それに対し,ヤマフジは、左巻きにツタが巻きます。。


DSC03550_2019050119050534d.jpg


すぐに見分ける事が出来ます。


育てるのは難しそうに、見えますが、フジ棚作るのに苦労ですが。


ベランダを利用したり、網や柵を使って窓際などにも。。


鉢植えの藤の花なども利用するといいようです。


葛井寺の、藤の花をこの連休に、是非お越しください。。綺麗ですよ。。


プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる