FC2ブログ

2014-11-27

高知の旅 7 カヅラ橋

昨日、今日と朝目が覚めると、雨の音、あれ~雨やん。。


孫ちゃんの結婚式が終わると、気が抜けた~ってそんな気持ち。


孫の可愛さは、ひとしおですね、生まれた時からの思いがでが。


走馬灯のように、巡っていました、忘れられない凄い、サプライズにビックリ。


嬉し涙が、やっぱり 可愛い~嬉しい~ありがとう。。


あっ~そうでした、一泊二日の旅なのに、長~く引っ張ってるね、このブログ。


大杉を後にして、「祖家のカヅラ橋」へと進むことに。


あれが、カヅラ橋です、この橋は、野生のシラクチカヅラの蔦で。


編んだつり橋で、 「日本三奇橋」 の一つです。


DSC04073_2014112623314183b.jpg


三年前に、一度掛け替えている、 約800年前に。


源平の戦いでに、敗れた、平家の一族が, 剣山平家の。


DSC04074_20141126233143232.jpg


馬場の訓練に通うために、掛けられたと言われています。


長さ、45m 幅 2m 川面からの高さは 14mにもなる。


DSC04079_2014112623323505f.jpg


敷き綱でつながれた、横板と 横板の間は、10㎝ほどである。。


板と板との間が、離れているので、足元に覗く、川面がスリル満点。。


DSC04083_20141126233307105.jpg


揺れなければ、怖くないので、「お願やから、揺らさんといて」と願う。


そうや~こんな怖いものは、ゆっくり渡ると、怖さは倍増。


大きいカメラを持って、両手で写真は無理、 小さいデジカメで。


DSC04084_20141126233309470.jpg


大きなカメラは首にかけ、 片手で、デジカメ、片手は横の柵を握りしめ。。


足元を見ながら、板と板をしっかり見ながら、早足で渡るのがええかも。


一番乗りで、渡りきり、後に次ぐ仲間を、カメラに収める、頑張って~。


DSC04086_20141126233313530.jpg


気持ちのいい、瀧からの涼しい風が、怖かった冷や汗が引きました。


怖かったけど、渡ってよかったね、気持ちがいいもん。


怖いと、小夏ちゃんって。。大笑いしてしまんやろか。。


これは、皆のへっぴり腰を見て、笑っていたんかもね、自分の。


へっぴり腰は。。。自分で見られへんもんね。。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる