FC2ブログ

2015-01-07

万年青 (オモト)

今晩は、おめでとう~と言ってからもう~6日を過ぎようとしています。


早~い~明日は、 ”七草がゆ ”すっかり忘れていました。


暦を見て、思いだしたんですがね、冷蔵庫を開けると、ちゃ~んと。


七草がゆの、七草が、買いそろえていたんですよね、ボケてんのか~。


今年の初生け花は、オモトを生けて見ました、3年連続ですがね。


何故か品が有って、力強くて、あっさり感が有り、好きなんですね。


オモトは難しいと聞いています、パソコンで生け方を調べたんですが。


本間に、難しいです、見よう見まねで、頑張りました。


オモト、万年青、と書きます、 葉は一年中青青としています。


DSC04582_20150106233707b46.jpg


中国から、日本の暖かい山地に自生する、スズラン亜科の常緑多年草。


日本では、関東から沖縄に掛けて、山地で、特に西日本に多く生育する。


DSC04587_20150106233733013.jpg


観葉植物として、鉢植えで栽培されている。


オモトは目出度い植物で、不老長寿の縁起の良い植物とされています。


DSC04580_201501062336473db.jpg


慶長 11年徳川家康が江戸城に入る時、オモトを床の間に飾り。


入城したと云う古事は広く知られています。


DSC04567_20150106233527342.jpg


オモトは、葉の芸術で (葉芸)は、茶道の、わび、さびの境地に。


通じるもので、オモトの色彩と、葉姿の中に自然の織りなす芸は。


千変万化で気品が有ります、 オモトの葉芸 。。


DSC04536_2015010510091568f.jpg


今から500年位長い、年月にわたり、改良を重ねたと有ります。


オモトの魅力は、葉の姿や、色彩、葉芸の変化を観賞します。


DSC04588.jpg


葉芸は、毎年変化して美しくなります。


天福の霊草、引越しのオモト、と言われています。


オモトは順応性が有る植物で、暑さや、寒さに強く。


全国、何処でも立派に育てることが出来ます。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

七草粥食べましたよ~(#^^#)
草の味がしますけど(笑)
美味しかったです♪

面白い植物ですね!
赤いトウモロコシみたい(≧▽≦)

No title

ねねてんさん。。。

今晩は、七草がゆ、久しぶりのお粥にホットしました。
美味しかったですよ、七草の茹でたの、焼き豚、ポテトサラダ。
大根おろし、ホウレンソウ、煮豆、簡単なおかずでラッキーでした。

ハハハハァ~赤いトウモロコシ かぁ~。。
みたいですね 面白~い。

寒いので気を付けてくださいね。
プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる