2017-02-14

オンシジウム

今晩は、あっ~もう日付が変わってしまいましたね。


寒さも、幾分か和らいだように思いますが、まだまだなんでしょうね。


梅の枝には、少し色付き初め、膨らんだ蕾も顔を見せています。。


花の蜜を求めて、メジロや鶯も、梅の花を、ついばむ頃も近いようですね。


先週の、お店の生け花は、 オンシジウム、ラン科の花です。。


DSC04552_201702132343567e3.jpg


足元には、大きな緑の葉を入れてみました。


ギリシャ語で、「こぶ」 が語源です。


花の基部に、こぶ状の隆起が有ることからついた名前だそうです。。


DSC04553_201702132343571df.jpg


華やかな、黄色い花として知られています、蝶の羽が引っ付いたような。。


変わった形の花です、 オンシジウムの種類は多く、小型で、香りのよい。


物から、大型で、ボリュームたっぷり開花する品種まで。


様々なタイプがあります、多くの種類は、育てやすく、咲かせやすい、


洋ランです。。


DSC04554_20170213234358a2f.jpg


ボリュームの有る花は、切り花としても、よく利用されます。


花は、比較的長くたのしめ、条件が良ければ、一ヶ月ほど咲きます。


色彩は、やや地味ながらも、小型から中型の花で、香りのよい。。


小輪の交配種が増えています。


これらは、栽培しやすいので、初心者のも取り組めることでしょう。。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる