FC2ブログ

2018-03-03

ひな祭り

灯りを付けましょ♪ぼんぼりにー♪お花を上げましょ、桃の花♪。


そうですね、今日は、桃の節句、お雛様です。。


お店もバタバタと、忙しく、有難い事です~お店と台所を行ったり来たり。


お雛様も、娘や孫と一緒にお嫁入して行きました。


チョット淋しく物足りないので、小さなお雛様を自分で買い毎年飾っています。


やっぱり、散らし寿司が食べたくて、作りましたが。。。


DSC08794_201803021832236a7.jpg


忙しいため、手抜きの散らし寿司です、賑やかにするはずが。。


まぁ~いいかぁ~って感じ、味さえよければ、いいじゃないの。。。


DSC08800_201803031534056a7.jpg


パッチワークのお雛様は、15年ほど前にチクチクと作ったものです。。


孫ちゃんの成人式の写真も、飾ってみました。。


DSC08789_20180302183135196.jpg


お店の生け花は、桃の花と菜の花、足元には、なでしこの花です。。


お雛様と言えば、やっぱり桃の花ですね、桃は桜と同じで、バラ科です。


普通の桃の花は、3月末~4月の中旬で、菊桃、花桃は4月中~中旬。


DSC08788_20180302183133ed6.jpg


「桃の節句ひな祭り」に 添える桃は、温室内で「お雛様用」として育てます。


野外の桃の花は、もう少し後になります。


枝に沿って、びっしりと花をつける幹には、桜の木のような横線があります。


DSC08803_20180303153409470.jpg


普通町で見る桃の花は、花桃で、桃の字は、中国から伝った字です。


桃の字の「兆」は(きざし)(妊娠の兆し)を意味しており「女性」の意味です。


「ひな祭り」に関係のあるのは、この字からの来たものです。


DSC08768_20180302182920580.jpg


昔話の「桃太郎」も、有名です、桃から生まれた(女から)。


生まれた 「強い男の子」と言う、昔話で相当昔からあるのです。


DSC08763_20180302182913817.jpg


昔から、万葉の頃から、霊力の有る木とされています。


桃色の色も、この桃の花から、「桃色」と、付けられた「色名」です。。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる