FC2ブログ

2018-11-06

大和の茶がゆ

今日は、夜中に降った雨も朝はすっかり上がっていました。


秋の空気の心地よい冷たさが、心を引き締めてくれます。


そして待ち遠しいのが、朝ごはんですね、今朝は、「茶粥」です。


茶がゆとは、 ほうじ茶を沸かし、茶の色が出たら、洗った米を入れて。


炊き、米が柔らかくなると、火を止めて、サラッと頂きます。


「大和の茶がゆ」として知られています、奈良が発祥地とされるが。


西日本各地で、茶がゆはみられ、特に、和歌山、奈良、大阪、京都でも。



DSC01553_201810292312183ee.jpg


郷土料理として食べられています、元は奈良の僧房でたべられていたもの。


庶民にも広がり、定着していった。


「大和の茶がゆ、京都に白がゆ、河内のどろがゆ」と言われて。


DSC01555_2018102923122108a.jpg


所に寄ったり、人により、炊き方が違ってきます。


ドロっと炊くには、火で長く炊くとコメが膨れ、トロミが付くのが、どろ粥。


火を早めに止めると、米が割れずにあっさり、さらっと炊きあがる。


DSC01554_20181029231220a1e.jpg


お茶を出し、冷たい飯を入れて炊いたり、サツマイモを入れて、芋お粥。


夏は冷やして、食べるのも、美味しいものです、浅漬けのお漬物や。


塩昆布、キュウリの古漬けで、焼き鮭、と頂くと美味しく頂けます。


DSC01556_201810292312237c3.jpg


ダイエットにもいいと言われています、お米の量が少なく済むため。


熱々の為、ゆっくりと食べる為で、満腹感を味わえる事が出来る。


身体も温たまる, 女の人には有難い茶がゆですね。


私の家では お茶がゆが食べたい時の合言葉は。。


 「田舎のご馳走」 ( ごっっぉ) が食べたいと、言うようにしています。


ええなぁ~なんか昔が、懐かしい~美味しいもんな~たまにええもんや。。


ごっっぉあんでした。。。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる