FC2ブログ

2018-12-29

クワイのチップと天ぷら

今晩は、いよいよ後二日となりました。


仕事は、明日で最後となります、 この時期になりますと。。


お客様やご近所の方方から、ご自慢の家庭菜園で作られた。


ご自慢のお野菜が、どっさりと届きます、皆さまありがとうございます。


クワイもあります、が、クワイは、オモダカ科、水生多年草、根茎を食べる。


中国産のオモダカの野菜は各地、水田で栽培されます。


球茎は、やや青みを帯びて球形で、先端から葉と地下性の枝を伸ばし。


DSC02136_201812281845090ad.jpg


枝の先端に口ばし形の芽有る球根を付けます。


これを、煮たり、きんとんなどにして、食用とするが、苦味が有ります。


中国料理などに用いられ、旬は冬から春にかけて出来ます。


DSC02137_20181228184511083.jpg


芽が出る事から、目出度い野菜とされ、正月に縁起物として用いられる。


栄養面では、カリウムが豊富に含まれている、カリウムを多くとると。


塩分に含まれている、ナトリゥムを排泄され、高血圧を予防します。


DSC02141_20181228184517f33.jpg


味は、ゆり根に似ていて、茹でると、ホクホクとした、食感になります。


灰汁が強く、すぐに色が悪くなるので、酢をたらした湯や、米のとぎ汁で。


下ゆでしてから、調理すると良いでしょう。


DSC02143_2018122818452092d.jpg


「芽が出る」 ことから縁起物として、お正月に欠かせられません。


その時は芽の部分を壊さないように、丁寧に扱いましょう。


DSC02144.jpg


含め煮が一般的であるが、生のクワイを、すりおろし、小麦粉と。


混ぜ合わせ、揚げ物の衣に、使用する事もいいでしょう。


DSC02142_2018122818451800a.jpg


クワイを、薄く、スライスして、素揚げすると、チップの出来上がり。


少し塩を、パラパラと振りかけましょう。


DSC02133_20181228184505f90.jpg


ポテトチップと、何ら変わりはないくらい美味しく頂くことが出来ます。


艶が良く、芽がまっすぐなのを選びましょう。


お正月にしか、見る事が出来ません、一度お試しを、お勧めします。


今年もありがとうございました、良いお年をお迎えください。


来年も宜しくお願いいたします。。




スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

河内乃 小夏

Author:河内乃 小夏

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
ブログランキング
FC2 ブログランキング゙に参加!

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる